武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

芯のある青春映画~『君の膵臓をたべたい』

投稿日:2017年7月28日 更新日:

意表を突くタイトルで話題になったベストセラー小説(著者・住野よる)の実写映画化。

単なるお涙頂戴モノに終わらせず、生きることを真正面から見据えた、芯のある青春映画に仕上がっている。

©2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 ©住野よる/双葉社

明朗快活な高校2年生の桜良(浜辺美波)はクラスの人気者だが、実は重い膵臓病を患っている。

読書好きの同級生の僕(北村匠海)がそのことを知るや、彼女が急接近する。

2人が図書委員というのがミソ。

©2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 ©住野よる/双葉社

原作とは異なり、12年後に母校の高校教師になった僕(小栗旬)が、取り壊される図書館で蔵書の整理中に高校時代を回想する。

©2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 ©住野よる/双葉社

過去と現在との交錯。

映画的にはこの方が向いている。

舞台となる図書館の佇まいが素晴らしい。

ヒロインを想起させる窓の外の桜花、その窓から降り注ぐ穏やかな陽光。

これが映画の淡いトーンを決めていた。

2人の距離感が非常に曖昧だ。

©2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 ©住野よる/双葉社

一緒に福岡まで旅に出かけるのに、恋人ではない。

かといって友達でもない。

そんな既成の感情では推し量れない〈絆〉が彼らを結びつけている。

日々、ひたむきに生きようとする桜良と、何とか彼女に寄り添おうとする僕。

物語の核心ともいうべきこの関係性を月川翔監督はあえてスケッチ風に軽やかに描いた。

それが功を奏したといえる。

©2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 ©住野よる/双葉社

2人は純粋で初々しい。

そこに切なさと儚さを加味させ、嫌味のないヒューマンドラマへと昇華させた。

ただ綺麗ごとが多い。

少し毒気を添えてほしかった。 

成人になった桜良の親友、恭子(北川景子)がウエディングドレス姿で号泣するシーンは胸に染み入る。

©2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 ©住野よる/双葉社

この長回しはクライマックスとして見ごたえ十分。

大人からすれば、こんな青春譚は青臭く感じられ、観るのを躊躇しがち。

でも偏見を捨て、本作と向き合ってほしい。

何かビビッとくるはず。

©2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 ©住野よる/双葉社

1時間55分

★★★★(見逃せない)

☆TOHOシネマズ梅田ほかで公開中

(日本経済新聞夕刊に2017年7月28日に掲載。許可のない転載は禁じます)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2016年、映画ベストテンの発表~!

2016年、映画ベストテンの発表~!

今年は新刊『大阪「映画」事始め』(彩流社)を上梓すべく全精力を注いできたので、昼間、試写室に行く時間があまりありませんでした。 それでも1年間に227本の映画を観ることができました(12月23日現在) …

話題の大阪映画~『プリンセス トヨトミ』

話題の大阪映画~『プリンセス トヨトミ』

大阪を舞台にしたベストセラー小説の映画化です。  (C)2011 フジテレビジョン 関西テレビ放送 東宝 7月8日金曜日、午後4時、大阪が全停止――。 冒頭から意表を突かれる。 荒唐無稽と言おうか、何 …

日本スコットランド交流協会(JSA)関西支部の講演会、大盛況でした~(^_-)-☆

日本スコットランド交流協会(JSA)関西支部の講演会、大盛況でした~(^_-)-☆

『映画・ウイスキー……エトセトラ in SCOTLAND』 昨日、こんな演題で日本スコットランド交流協会(JSA)関西支部の講演会を務めさせていただきました。 おかげさまで、会場のとよなか国際交流セン …

若者の〈魂の叫び〉を見事、映像化~日本映画『あゝ、荒野』

若者の〈魂の叫び〉を見事、映像化~日本映画『あゝ、荒野』

孤独と不毛の精神風土が宿る大都会の片隅。 そこでもがきながら生き抜く若者の〈魂の叫び〉を映像化した。 青春映画としても、ボクシング映画としても一級の作品に仕上がった。 ©2017『あゝ、荒野』フィルム …

池井戸潤の原作、初の映画化作品~『空飛ぶタイヤ』(14日公開)

池井戸潤の原作、初の映画化作品~『空飛ぶタイヤ』(14日公開)

「半沢直樹」「下町ロケット」「陸王」などテレビドラマ化が相次ぐ作家、池井戸潤の原作で初の映画化作品。 企業の不正にメスを入れた娯楽作に仕上がった。 逆転劇が実に爽快だ。 ©2018「空飛ぶタイヤ」製作 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。