武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

ケン・ローチ監督の最新作『わたしは、ダニエル・ブレイク』

投稿日:

© Sixteen Tyne Limited, Why Not Produc@ons, Wild Bunch, Les Films du Fleuve,Bri@sh Broadcas@ng Corpora@on, France 2 Cinéma and The Bri@sh Film Ins@tute 2016

社会派の名匠ケン・ローチ監督の〈怒り〉が伝わる入魂の一作。

 

社会的弱者に寄り添う姿勢は揺るがない。

 

本作ではセーフティーネットが機能していない現状を如実にあぶり出す。

 

昨年のカンヌ国際映画祭パルムドール(最高賞)受賞作。

© Sixteen Tyne Limited, Why Not Produc@ons, Wild Bunch, Les Films du Fleuve,Bri@sh Broadcas@ng Corpora@on, France 2 Cinéma and The Bri@sh Film Ins@tute 2016

英国の地方都市で暮らすブレイク(デイヴ・ジョーンズ)は腕の立つ59歳の大工。

 

妻を亡くし、独居生活をしている。

 

頑固そうだが、非常に実直な男だ。

 

心臓発作で仕事ができなくなり、国から雇用手当をもらっている。

 

しかし就労可能と審査された途端、手当てが打ち切られ、求職活動を強いられる。

 

といっても働き口がない。

 

精一杯、行動に移すも、複雑な手続きと役所の官僚的な対応に全て阻まれる。

 

職業安定所ではパソコンで登録できず、右往左往。

 

デジタルに不慣れな者ははじき出される。

 

まさに人間疎外。

 

もはやブラック・コメディーの域だ。

 

そんな彼が2人の子を抱え、日々の生活に困窮するシングルマザーのケイティ(ヘイリー・スクワイアーズ)に手を差し伸べる。

© Sixteen Tyne Limited, Why Not Produc@ons, Wild Bunch, Les Films du Fleuve,Bri@sh Broadcas@ng Corpora@on, France 2 Cinéma and The Bri@sh Film Ins@tute 2016

 © Sixteen Tyne Limited, Why Not Produc@ons, Wild Bunch, Les Films du Fleuve,Bri@sh Broadcas@ng Corpora@on, France 2 Cinéma and The Bri@sh Film Ins@tute 2016


自身、厳しい状況にあるのに……。

 

慈愛の精神と優しさに胸が締めつけられる。

 

彼らは必死になって生き抜いている。

 

しかも能力があるのに生かされず、空回りばかり。

 

それを自己責任で済ませていいのか。

 

そこをローチ監督はぐいぐい突いてくる。

 

80歳の監督は前作『ジミー、野を駆ける伝説』(2014)で引退表明したが、この問題は全世界共通のものと受け止め、使命感を持って臨んだ。

 

確かに熱い意気込みが感じられる。

 

ブレイクが放った言葉が脳裏から離れない。

 © Sixteen Tyne Limited, Why Not Produc@ons, Wild Bunch, Les Films du Fleuve,Bri@sh Broadcas@ng Corpora@on, France 2 Cinéma and The Bri@sh Film Ins@tute 2016

 

「当たり前の権利がほしいだけ。私はそれ以上でも、それ以下でもない。人間だ」

 

これぞ魂の叫び声。

 

市井の人を描かせたら、この監督の右に出る人はいない。

 

改めてそう実感した。

 

1時間40分

 

★★★★(見逃せない)

 

☆18日からシネ・リーブル梅田ほか全国ロードショー

 

(日本経済新聞夕刊に2017年3月17日に掲載。許可のない転載は禁じます)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フランスの「ケルト」の講演~9日(土)PM5:00~6:00

フランスの「ケルト」の講演~9日(土)PM5:00~6:00

最近、神戸でお話をする機会がめっきり増えてきました。   9日(土)、PM5:00~6:30、神戸映画サークル協議会の例会学習会で、『フランスの「ケルト」の地ブルターニュ+ノルマンディ』と題 …

韓国の骨太な社会派ドキュメンタリー映画『共犯者たち』&『スパイネーション 自白』

韓国の骨太な社会派ドキュメンタリー映画『共犯者たち』&『スパイネーション 自白』

こんな骨太なジャーナリストがお隣の韓国にいるとは知らなかった。 政権批判の報道をしたことで不当解雇された公営放送局MBCのプロデューサー、チェ・スンホさんが独立メディア「ニュース打破」を立ち上げ、政権 …

サンティアゴ巡礼の道を歩く~映画『星の旅人たち』

サンティアゴ巡礼の道を歩く~映画『星の旅人たち』

サンティアゴ巡礼--。 なんとなくロマンをかき立てられますね。 この巡礼の道を舞台にした映画『星の旅人たち』がきょうから公開されています。      ☆    ☆    ☆    ☆    ☆     …

今年最後の映画カルチャー

今年最後の映画カルチャー

ホワイトボードに何が書かれていると思いますか? 今年、封切られた映画の題名です。 ぼくが担当しているサンケイリビングカルチャー倶楽部『映画鑑賞力養成講座』の年末恒例イベントで、受講生の方々に今年観たお …

メディアの陰の部分に迫る社会派映画~『ニュースの真相』

メディアの陰の部分に迫る社会派映画~『ニュースの真相』

4月に公開された米映画「スポットライト 世紀のスクープ」と同様、ジャーナリストの素顔に迫った実話の映画化。 本作も調査報道を題材にしているが、特ダネをモノにした成功譚ではなく、それが誤報といわれた顛末 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。