武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

現代の戦争をあぶり出す~英国映画『アイ・インザ・スカイ 世界一安全な戦場』

投稿日:

多数の人を救うため、目の前にいる1人を犠牲にできるのか--。

 

IT戦争の闇を浮かび上がらせ、究極の選択を迫る。

 

緊迫した映像と登場人物の会話が一体化したリアルな世界。

 

こんな戦争映画、観たことがない。

(C)eOne Films (EITS) Limited

(C)eOne Films (EITS) Limited

ケニア・ナイロビの隠れ家に潜む凶悪なテロリスト集団。

 

その殲滅を目指す英米合同軍事作戦の全容が詳細に描かれる。

 

指揮官の英国軍大佐パウエル(ヘレン・ミレン)がベンソン国防相(アラン・リックマン)と協力し、米国ネバダ州にある米軍基地と連絡を取り合う。

 

そこでドローン偵察機や無人航空機が操作されている。

 

上空6000㍍から「標的」の動きを鮮明に捉える。

 

さらに小鳥や虫に似せた超小型ドローンで室内の様子を撮影する。

 

ここまで技術が進歩しているとは驚きだ。

 

薄暗い作戦室、ロンドンの内閣会議室、米軍基地、ハワイの画像解析室……。

(C)eOne Films (EITS) Limited

(C)eOne Films (EITS) Limited

 

世界をまたぎ、全てスクリーン上でやり取りされる。

 

その場面転換が小気味よい。

 

現地の工作員以外はみな安全な場所に身を置いている。

 

どこかゲーム感覚に浸っているようで、その様が非常に不気味。

 

これが現代の戦争の一面なのだろう。

 

やがて1人の少女が隠れ家の傍でパンを売り始める。

(C)eOne Films (EITS) Limited

(C)eOne Films (EITS) Limited

 

ここからが見せ場だ。

 

ピンポイント攻撃とはいえ、彼女が死傷する可能性が十分ある。

 

さぁ、どうする。

 

善と悪、倫理観、罪悪感、忠誠心……。

 

各人の胸中に湧き立つ想念がぶつかり合う。

 

任務に忠実な大佐とミサイル発射を命じられるドローン操縦士ワッツ中尉(アーロン・ポール)の対比が白眉だった。

 

スリル&サスペンスのドラマとしても見応えがある。

 

ギャヴィン・フッド監督の緻密、かつ濃密な演出が物語の空気を引き締めた。

 

女性を主役に配したのは、戦争は男だけのものではないからだ。

 

ヘレン・ミレンの冷徹ながら、ときに人情味をのぞかせる軍人役はまさに適役。

(C)eOne Films (EITS) Limited

(C)eOne Films (EITS) Limited

 

英国の亡き名優アラン・リックマンの最後の出演作(遺作は、昨年7月公開の『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(2016)、声のみ)

 

1時間42分

 

★★★★★(今年有数の傑作)

 

☆14日から大阪ステーションシティシネマほかで公開

 

(日本経済新聞夕刊に2016年1月13日に掲載。許可のない転載は禁じます)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

第8回京都映画祭 10月2日~8日

第8回京都映画祭 10月2日~8日

日中はまだまだ暑いですが、秋の空気に覆われてきましたね。   10月になると、もっと爽やかになるでしょう。   秋といえば、古都、京都がいいですね。   今や恒例行事とな …

アカデミー最有力候補作『英国王のスピーチ』~コンプレックスの克服

アカデミー最有力候補作『英国王のスピーチ』~コンプレックスの克服

© 2010 See-Saw Films. All rights reserved. 今年のアカデミー賞の発表が来週の月曜日(28日=日本時間)に迫ってきました。 作品、監督、主演男優賞など …

やっかいなおっさんが甦った!~ドイツ映画『帰ってきたヒトラー』

やっかいなおっさんが甦った!~ドイツ映画『帰ってきたヒトラー』

ドイツという国はつくづく大人だと思う。 あの独裁者アドルフ・ヒトラーを現在に甦らせ、ブラックコメディーに仕上げているのだから。 17日から公開の『帰ってきたヒトラー』。 映画ファンのための感動サイト、 …

ほろ酔いシネマBAR~関大梅田キャンパスで~(^_-)-☆

ほろ酔いシネマBAR~関大梅田キャンパスで~(^_-)-☆

Sorry、リポートが遅れました。 一昨日、関西大学梅田キャンパスでTSUTAYA梅田MeRISEとの共催による社会人向けの楽しいイベントが開催されました。 題して、『ほろ酔いシネマBAR~映画を彩る …

『日本の映画発祥地はどこ?』の動画がYoutubeにアップ!

『日本の映画発祥地はどこ?』の動画がYoutubeにアップ!

『日本の映画発祥地はどこ?』 懇意にしている映像ディレクターの黒瀬政男さんが上記のタイトルで動画を作成し、本日、Youtubeにアップされました! 映画がいかにして日本に持ち込まれたのか--。 そのこ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。