武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

お知らせ ケルト 映画 講演

フランスの「ケルト」の講演~9日(土)PM5:00~6:00

投稿日:2013年3月6日 更新日:

最近、神戸でお話をする機会がめっきり増えてきました。

 

9日(土)、PM5:00~6:30、神戸映画サークル協議会の例会学習会で、『フランスの「ケルト」の地ブルターニュ+ノルマンディ』と題して講演します。

 

フィンランドの奇才アキ・カウリスマキ監督の『ル・アーヴルの靴みがき』の上映会(15、16日)に先立ち、映画の舞台となった北フランスのノルマンディ地方とお隣のブルターニュについての解説です。

 

ぼくは「ケルト」を執筆テーマにしていますので、フランスでも特異な地方ブルターニュのお話がメーンになりますが……。

 

この映画に関心のある方、広く映画全般に興味のある方、フランスに関心のある方、「ケルト」のことを知りたいと思っている方……、どなたでも参加できます!!

 

一般の方が500円。

 

この日は、PM1:00~2:30、NHK文化センター神戸教室の映画講座『ときめきシネマ・ワールド』で『映画を観るための20の心得』についてお話します。

 

ということで、神戸にどっぷり浸ります(^o^)v

-お知らせ, ケルト, 映画, 講演

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニコール・キッドマン主演~『アラビアの女王 愛と宿命の日々』 21日公開

ニコール・キッドマン主演~『アラビアの女王 愛と宿命の日々』 21日公開

ニコール・キッドマン……、ぼくの好きな女優さんです。   べっぴんさんですねぇ~(^_-)-☆     彼女がドイツの鬼才ヴェルナー・ヘルツォーク監督の新作『アラビアの女 …

極私的映画ベストテン2008(洋画編)

極私的映画ベストテン2008(洋画編)

今日は外国映画のベストテンを発表します。どういうわけか、中国、韓国などアジア映画が1本も入らなかったです。 1位:『シャイン・ア・ライト』(アメリカ)*ドキュメンタリー (ミック・ジャガー、キース・リ …

ナチスに抗った名ギタリストの足跡~『永遠のジャンゴ』

ナチスに抗った名ギタリストの足跡~『永遠のジャンゴ』

人さし指と中指だけで驚異的な演奏を披露したジャンゴ・ラインハルト(1910~53年)。 この天才ジャズギタリストの知られざる姿を、第2次大戦中のナチス・ドイツによるロマ(ジプシー)への迫害を絡めて描き …

自信を持って名作と言えます~『瞳の奥の秘密』

自信を持って名作と言えます~『瞳の奥の秘密』

© 2009 TORNASOL FILMS – HADDOCK FILMS – 100 BARES PRODUCCIONES – EL SECRETO D …

朝日新聞夕刊で紹介されました~(^o^)v

朝日新聞夕刊で紹介されました~(^o^)v

「浪花のケルト人」が今日の朝日新聞夕刊に登場しました~(^o^)v 何も悪いことしてませんよ~(笑)。 文化面の「テーブルトーク」というコーナーで、「ケルト」を追い求めるぼくの取り組みを簡単に紹介して …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。