武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

人間として当たり前のことを訴える~米映画『ハンズ・オブ・ラブ 手のひらの勇気』

投稿日:

性的少数者(LGBT)の人たちが少しずつ社会に受け入れられつつある。

 

米国で昨年6月、最高裁で同性婚を認める判決が出された。

 

本作はその裁判に影響を与えたといわれる実話を映画化したものだ。

 

© 2015 Freeheld Movie, LLC. All Rights Reserved.

© 2015 Freeheld Movie, LLC. All Rights Reserved.

 

冒頭はベテラン女性警察官ローレル(ジュリアン・ムーア)の張り込み現場のシーン。

 

一瞬、犯罪アクションかと思わせる。

 

ここでやり手の刑事であることを印象づけ、一転、恋愛ドラマへと変わる。

 

彼女の恋人は自動車整備工をしている年下の女性ステイシー(エレン・ペイン)。

 

2人は郊外の一軒家でひっそりと暮らす。

 

ここに至るまでの過程がやや冗漫に思えたが、本筋への布石と考えれば納得できる。

 

ローレルは長年の相棒、デーン刑事(マイケル・シャノン)にすら自分がレズビアンであることを明かしていない。

 

保守的な警察の空気が重くのしかかる。

 

後半、一気に社会性を帯びてくる。

 

夫婦ではないカップル。

 

それゆえ社会保障を受給できない現実に直面する。

 

ゲイの活動家がデモを敢行したりして、いつしか政治的な事態へと発展していく。

 

予期せぬ荒波に呑まれながらも、愛の絆を確かめ合う彼女たちのピュアな気持ちが何ともいじらしい。

© 2015 Freeheld Movie, LLC. All Rights Reserved.

© 2015 Freeheld Movie, LLC. All Rights Reserved.

「結婚という制度ではなく、平等な権利が欲しいだけ」

 

ローレルの悲痛な叫びが胸を突く。

© 2015 Freeheld Movie, LLC. All Rights Reserved.

© 2015 Freeheld Movie, LLC. All Rights Reserved.

この言葉が映画のテーマともいえる。

 

ややこしい物に蓋をしがちな世情に風穴を開けようとする姿勢が通底しており、それがラストで見事に昇華する。

 

『アリスのままで』(2014年)で認知症の女性に扮し、アカデミー賞主演女優賞を受賞したムーアの演技は堂々たるもの。

 

常に高い倫理性を持ち続ける主人公になり切っていた。

 

2人に寄り添うデーン刑事の存在が大きい。

 

この人物こそ希望の光だった。

 

監督はピーター・ソレット。

 

1時間43分

 

★★★★(見逃せない)

 

☆26日~なんばパークスシネマほか全国で公開

 

(日本経済新聞夕刊に2016年11月25日に掲載。許可のない転載は禁じます)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

極上! 大人のメルヘン~『グランド・ブダペスト・ホテル』

極上! 大人のメルヘン~『グランド・ブダペスト・ホテル』

©2013 Twentieth Century Fox.   ハリウッドのメジャーと一線を画し、独特な映像世界を築く奇才ウェス・アンダーソン監督の新作。   目を見張らんばかりの造 …

超パワフルな時代劇アクション~『十三人の刺客』

超パワフルな時代劇アクション~『十三人の刺客』

大阪地検特捜部の主任検事によるデータ改ざん、尖閣諸島沖の中国漁船との衝突事件……、何やらきな臭い出来事が相次いでいますね。 ふたつの事案ともまずは真相究明が先決だと思います。 じっくり腰を据えて、取り …

渾身のドキュメンタリー大作『東京裁判』、36年ぶりにリフレッシュして甦ります!!

渾身のドキュメンタリー大作『東京裁判』、36年ぶりにリフレッシュして甦ります!!

8月になると、「戦争」関連のイベントや映画、ドラマが目立ってきますね。 あの戦争を風化させないためには、せめてこの時期だけでもリフレインするのはいいことだと思います。 そんな中、巨匠・小林正樹監督の渾 …

ケン・ローチ監督の最新作『わたしは、ダニエル・ブレイク』

ケン・ローチ監督の最新作『わたしは、ダニエル・ブレイク』

© Sixteen Tyne Limited, Why Not Produc@ons, Wild Bunch, Les Films du Fleuve,Bri@sh Broadcas@ng Corpo …

映画『万引き家族』のお母さん役、安藤サクラさんはどこまでも自然体でした~(^_-)-☆

映画『万引き家族』のお母さん役、安藤サクラさんはどこまでも自然体でした~(^_-)-☆

非常に気になる日本の女優……、安藤サクラさん。 カンヌ映画祭の最高賞パルムドール受賞作『万引き家族』でたくましくも、けったいなお母ちゃんを演じてはりました~😁 秋からスタートのNHK朝 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。