武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

心の闇を容赦なくあぶり出す~日本映画『怒り』(17日公開)

投稿日:

信じることの難しさ、増長する不信感、信じられなくなった時のやるせなさ(罪悪感?)。

 

対人関係の根底を揺るがすテーマにミステリー仕立てで斬り込んだ。

 

心の闇に容赦なく迫る映像に終始、気圧される。

(C)2016映画「怒り」製作委員会

(C)2016映画「怒り」製作委員会

原作者が吉田修一、監督・脚本が李相日(リ・サンイル)。

 

善と悪の境目に迫った『悪人』(2010年)の強力コンビが6年ぶりに再びタッグを組んだ。

 

東京の住宅街で起きた夫婦惨殺事件。

 

家の壁に残された「怒」の血文字が狂気を孕ませ、ただならぬ気配を放つ。

 

この鮮烈な冒頭が映画の通奏低音となり、1年後、東京、沖縄、千葉に3人の青年が現れる。

 

東京---。大手通信会社に勤務するゲイの優馬(妻夫木聡)がクラブで引っかけた直人(綾野剛)。

(C)2016映画「怒り」製作委員会

(C)2016映画「怒り」製作委員会

 

沖縄--。東京から引っ越してきた女子高生の泉(広瀬すず)が無人島で出会ったバックパッカーの信吾(森山未來)。

(C)2016映画「怒り」製作委員会

(C)2016映画「怒り」製作委員会

千葉--。漁港で働く父親(渡辺謙)に育てられた1人娘、愛子(宮﨑あおい)と心を通わせる哲也(松山ケンイチ)。

(C)2016映画「怒り」製作委員会

(C)2016映画「怒り」製作委員会

群像ドラマのようだが、3つの話に関連性がなく、それぞれ独立し、並列的に描かれる。

 

しかし「殺人犯」という共通認識が3話をイメージとして関連づける。

 

そこが本作の特異なところ。

 

3人はみな身元不詳で、どことなく怪しい。

 

顔立ちが異なっているのに、警察の手配写真公開後、3者3様、犯人像に似てくる。

 

この心理マジックが不協和音を伴い、物語の要となる。

 

誰が犯人なのか。緊張感を一気に高め、結末へとなだれ込む展開は見事としか言いようがない。

 

ワンカットごとに伝わる凄まじいエネルギー。

 

李監督の演出の熱量は半端ではない。

(C)2016映画「怒り」製作委員会

(C)2016映画「怒り」製作委員会

何に対しての怒りなのか。

 

簡単に答えが出ない。社会性をも内包した、そんな深奥な人間ドラマだった。

 

2時間22分

 

★★★★★(今年有数の傑作)

 

☆17日~全国東宝系にてロードショー

 

(日本経済新聞夕刊に2016年9月16日に掲載。許可のない転載は禁じます)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

悲劇の家族 際立つ母性愛~デンマーク映画『真夜中のゆりかご』

悲劇の家族 際立つ母性愛~デンマーク映画『真夜中のゆりかご』

やはり見ごたえのある映画だった。   家族と社会を見据えるこの監督の眼差しは鋭い。   秀作です~(^_-)-☆   ☆     ☆     ☆     ☆     ☆  …

映画の地を訪ねて~長崎県島原・雲仙『君の名は』

映画の地を訪ねて~長崎県島原・雲仙『君の名は』

春本番ですね。 花粉の飛散はイヤだけれど、この陽気、何とも心地よい。 旅と映画のエッセーです。      ☆     ☆     ☆     ☆    ☆ 「忘却とは忘れ去ることなり。忘れ得ずして忘却 …

オランダ映画『人生はマラソンだ!』

オランダ映画『人生はマラソンだ!』

『人生はマラソンだ!』。こんな題名のオランダ映画が21日から公開されます~(^_-)-☆    文字通り、フルマラソンにチャレンジする中年男たちを描いたヒューマンドラマ。   市民 …

やっかいなおっさんが甦った!~ドイツ映画『帰ってきたヒトラー』

やっかいなおっさんが甦った!~ドイツ映画『帰ってきたヒトラー』

ドイツという国はつくづく大人だと思う。 あの独裁者アドルフ・ヒトラーを現在に甦らせ、ブラックコメディーに仕上げているのだから。 17日から公開の『帰ってきたヒトラー』。 映画ファンのための感動サイト、 …

こんな夫婦ドラマが上映されます~『SAYAMA』

こんな夫婦ドラマが上映されます~『SAYAMA』

久しぶりのブログです。 先週の土曜日(10月5日)、日本ペンクラブの京都例会の懇親会を中座し、京都市内のバーで気付けがわりに美味なモヒートを味わってから、ええ塩梅で甲子園へ駆けつけました。 甲子園の阪 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。