武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

「昭和」の残照……犯罪ミステリー『64-ロクヨン-前編/後編』

投稿日:

作家、横山秀夫の推理小説を原作にしたテレビドラマの映画版。

「昭和」を引きずる男たちの苦悩を濃密にあぶり出し、一級の犯罪ミステリーに仕上げた。

銀幕を覆う重々しい空気感が映画としての風格を与えていた。

©2016 映画「64」製作委員会

©2016 映画「64」製作委員会

わずか7日間だけの昭和64年に発生した少女誘拐殺人事件。

身代金の受け渡し場所が次々と変えられ、被害者の父親、雨宮(永瀬正敏)と三上(佐藤浩市)ら捜査陣が翻弄される。

緊迫感溢れる映像とスピーディーな展開で冒頭からぐいぐい引きずり込む。

プロローグとしては申し分ない。

悲惨な結末を迎え、迷宮入りが必至となったこの事件は「64(ロクヨン)」と呼ばれた。

13年後、刑事から警務課の広報官に転身した三上の動きを軸に本筋が始まる。

ドラマではピエール瀧が扮したこの中年男を佐藤が好演。

メリハリを効かせ、そこはかとなく人生の悲哀をかもし出していた。

県警記者クラブと広報室、刑事部と警務部、三上と上司の警務部長。

こうした〈対立の構図〉の中で板挟みになる主人公の奮闘ぶりに焦点が当てられる。

©2016 映画「64」製作委員会

©2016 映画「64」製作委員会

真っすぐな性格ゆえにジレンマを抱え込むところが大きな見どころだ。

次々と難題が降り注ぎ、ドラマチックに物語が進展する。

そんな状況下、三上と雨宮が寄り添う姿が非常に印象深い。

互いに娘を失った心情を分かち合う2人。

横並びに座り、胸中を吐露する場面は白眉だった。

違和感を覚えたのが記者の描き方。

©2016 映画「64」製作委員会

©2016 映画「64」製作委員会

大声を張り上げ、警察官を恫喝する。

瀬々敬久監督は記者との対峙が重要と考えたのだろうが、あそこまで過剰演出しなくてもよかったと思う。

終盤、「64」を模倣した誘拐事件が起きる。

それをスリリングに見せ切り、ツボを押さえて映画は終わる。

「昭和」の残照が心に突き去った。

前篇2時間1分

後編1時間59分

★★★★(見逃せない)

☆前篇は全国東宝系にて公開中

☆後編は6月11日からロードショー

(日本経済新聞夕刊に2016年5月6日に掲載。許可のない転載は禁じます)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

心ほんのりと~珠玉のノルウェー映画『クリスマスのその夜に』

心ほんのりと~珠玉のノルウェー映画『クリスマスのその夜に』

あと2週間でⅩmasですね。 『クリスマスのその夜に』 ズバリ、素敵なクリスマス映画が公開されます。     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆ BulBul Film as &cop …

娘の脳死、両親の決断……『人魚の眠る家』

娘の脳死、両親の決断……『人魚の眠る家』

Ⓒ2018「人魚の眠る家」製作委員会 臓器移植が絡み、揺れ動く親の心情。 そこに科学技術が介在してくる。 生命倫理と愛情の狭間で生じる極めてシリアスな問題をミステリー・タッチで描き上げた。 原作は作家 …

サンティアゴ巡礼の道を歩く~映画『星の旅人たち』

サンティアゴ巡礼の道を歩く~映画『星の旅人たち』

サンティアゴ巡礼--。 なんとなくロマンをかき立てられますね。 この巡礼の道を舞台にした映画『星の旅人たち』がきょうから公開されています。      ☆    ☆    ☆    ☆    ☆     …

大阪、映画はじめて物語~!! ムック『大人の大阪本』に掲載

大阪、映画はじめて物語~!! ムック『大人の大阪本』に掲載

  『大人の大阪本』(京阪神エルマガジン社)   こんなムックが5日、書店に並びます。   落語&お酒、美術、映画、建築、古地図、絵葉書、寿司、昆布だし、割烹。 &nbs …

大阪舞台のアクション大作~『マンハント』が今日から公開~(^_-)-☆

大阪舞台のアクション大作~『マンハント』が今日から公開~(^_-)-☆

39年前、中国でメガヒットした犯罪映画『君よ憤怒の河を渉れ』(1974年)。 主演の亡き高倉健へのオマージュとしてジョン・ウー監督がオール日本ロケで再映画化した。 © 2017 Media Asia …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。