武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

魅力的な四姉妹の物語、『海街diary』

投稿日:

(c)2015吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ

(c)2015吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ

 

四姉妹の物語。

 

親への複雑な気持ちや心のすれ違いを描き、家族であることの意味を問いかける。

 

スケッチ風で、涼風がそよぐような心地良さを感じさせる。

 

是枝裕和監督の演出は円熟味を増してきた。

 

気丈な長女、幸(綾瀬はるか)、自由奔放な次女、佳乃(長澤まさみ)、マイペースな三女、千佳(夏帆)、異母妹の四女、すず(広瀬すず)。

 

4人は鎌倉にある古い木造家屋で暮らしている。

 

長女と次女の配役が逆ではないかと思った。

 

綾瀬がしかし、家長らしい威厳を醸し出し、重い役柄を無理なくこなした。

 

広瀬の翳りのある演技も嫌味がない。

 

一度も登場しない父親が大きな存在感を示す。

 

家族を捨て、3度も結婚した。

 

「優しいけれど、ダメ男」

 

長女の言葉で、どんな人物なのか想像できる。

 

その父親の訃報から物語が始まる。

 

さらに母親(大竹しのぶ)も再婚して家を去ったというから尋常ではない。

 

両親に見捨てられた娘たち。

 

この設定だけで十分、ドラマになっている。

 

父親の再婚時に生まれた中学生のすずを引き取り、4人の生きる姿を1年間にわたって綴る。

 

桜のトンネル、梅雨に濡れる紫陽花、煌めく夏の海……。

 

四季折々の自然を捉えた美しいシーンに安堵を覚える。

 

ありのままの空気感を漂わせ、揺れ動く姉妹の心の機微を丁寧にすくい取った映像。

 

どこか小津安二郎の世界観を彷彿とさせる。

 

身勝手な両親を許せない幸と、父の不倫によって生まれてきたことに胸を痛めるすず。

 

映画の軸となる2人の距離感が絶妙だ。

 

音信不通の母親が突然、法事に現れる場面には息を呑んだ。

 

困惑しながらも、姉妹は反発、意地、諦観などそれぞれ個性を際立たせる。

 

独特な緊張感をはらませた見せ場だった。

 

「細雪」に「若草物語」……。

 

そんな名作に比肩できうる魅力的な四姉妹が誕生した。

 

2時間7分

 

★★★★(見逃せない)
☆13日から大阪ステーションシティシネマほかで公開
(日本経済新聞2015年6月12日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2012年映画ベストテンの発表~♪♪

2012年映画ベストテンの発表~♪♪

毎年、恒例の映画ベストテンを発表します。   独断と偏見で(笑)、選びました。   〈日本映画〉 (1)     『苦役列車』 監督:山下敦弘 出演:森山未来、高良健吾、前田敦子   (2) …

傑作! 心をとろけさせるポーランド映画『COLD WAR あの歌、2つの心』(28日公開)

傑作! 心をとろけさせるポーランド映画『COLD WAR あの歌、2つの心』(28日公開)

すごい映画と出会った~❗ 28日から公開される『COLD WAR あの歌、2つの心』。 ポーランド映画界の至宝ともいえるパヴェウ・パヴリコフスキ監督の新作です。 3D映画が花盛りの昨今、 …

原田芳雄、渾身の遺作~『大鹿村騒動記』

原田芳雄、渾身の遺作~『大鹿村騒動記』

『浪花の映画大特集』が始まった大阪・九条の映画館シネ・ヌーヴォで、トークショーを終え、帰ってきました。 谷崎潤一郎の名作『春琴抄』を巨匠・伊藤大輔監督が映像に甦らせた『春琴物語』の上映後のイベント。 …

4月18日から映画講座『シネマ・パラダイス~映画はお好き?』が関大梅田キャンパスで始まります~(^_-)-☆

4月18日から映画講座『シネマ・パラダイス~映画はお好き?』が関大梅田キャンパスで始まります~(^_-)-☆

関西大学と大阪よみうり文化センターがスクラムを組み、4月17日から関西大学梅田キャンパスで市民向け文化講座『梅田みらいずカルチャーリンク』が始まります。 非常勤講師を務めている関大、古巣新聞社の読売… …

妻への疑惑~風格あるスパイ・ミステリー『マリアンヌ』

妻への疑惑~風格あるスパイ・ミステリー『マリアンヌ』

ブラッド・ピットとマリオン・コティヤール。   円熟味を増してきた実力派俳優の共演に興味がそそられる。   最愛の妻が謎めいてくるという夫婦の物語。   第二次大戦を舞台 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。