武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

南北対立を重喜劇で描く~『レッド・ファミリー』

投稿日:

こういう映画は日本では撮れません。

 

ものすごく説得力がありました。

 

力作です。

 

☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

 

朝鮮半島の南北対立。

 

極めてシリアスな問題を風刺コメディー風に仕上げるとは恐れ入った。

 

アイデンティティーとは、家族とは、国家への忠誠とは何か。

 

こうした重いテーマが内在する異色スパイ・ドラマ!?

 

強烈な余韻を放つ「嘆きのピエタ」(2012年)を撮った韓国映画の鬼才キム・ギドク監督が脚本を執筆。

 

それを愛弟子のイ・ジュヒョン監督が演出した。

 

誠実な夫(チョン・ウ)、美しい妻(キム・ユミ)、温和な祖父(ソン・ビョンホ)、従順な娘(パク・ソヨン)。

 

傍目もうらやむ見るからに理想的な4人家族が、実は北朝鮮の諜報員だった。

                       © 2013 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.

 

そのことを早くも前段で明かす。

 

意外な展開とはいえ、納得できた。

 

隣家との関わりが軸となるからだ。

 

その家も同じ4人暮らし。

 

しかし揉め事ばかり起こし、喧嘩が絶えない。

 

全く対照的な両家族。

 

それを過剰なほどに際立たせ、あえてコミカル色を強めた。

 

浪費癖のある隣の妻を「資本主義の腐敗した姿」と罵倒させる辺り、自国民を揶揄しているように思えた。

 

一方で彼らがスパイになった背景を盛り込み、非人道的な独裁国家を痛烈に批判する。

 

それでも優しい眼差しが注がれるので、息が詰まらない。

 

疑似家族を演じている時の哀しさが胸に迫る。

 

隣家に招待された誕生パーティーでのぎこちない会話と笑顔が象徴的だった。

 

非情な使命を遂行し、規律重視の生活を送る強張った裏の顔との落差が激しい。

 

この映画のキーポイントは「対比」と「相違」だ。

 

いつ4人の素性がばれるのか。

 

サスペンス感を漂わせつつ、物語は想定外の方向へ。

 

その行き着く先が究極的な選択を迫られる最悪の状況。

 

空気が激変するラストの映像は忘れ難い。

 

温かいふれ合いを求める気持ちと湧き出てくる人の情。

 

それらを巧みにすくい取った家族映画ともいえる。

 

1時間40分。

 

★★★★

 

☆10/4(土)よりテアトル梅田他にて全国順次公開

 

(日本経済新聞2014年10月3日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

映画の地を歩く(8)イタリア・ベネチア~『旅情』

映画の地を歩く(8)イタリア・ベネチア~『旅情』

「中国人の観光客だらけ!」 先日、イタリアのベネチアへ旅してきた知人が苦笑いしていました。 ぼくも4年前に訪れたとき、200人ほどの中国人観光客が、先頭で旗を振る添乗員に引率され、列をなしてベネチアの …

『牛の鈴音』、丑年の2009年を締めくくるにふさわしい映画~

『牛の鈴音』、丑年の2009年を締めくくるにふさわしい映画~

あっと言う間にクリスマスが過ぎ、今年もあと4日でおしまいですね。 あわただしい年の瀬に、こんな映画はいかがですか。ほんとうに心が和みますよ。そのシネマ・エッセーです。 *      *      *  …

大阪舞台のアクション大作~『マンハント』が今日から公開~(^_-)-☆

大阪舞台のアクション大作~『マンハント』が今日から公開~(^_-)-☆

39年前、中国でメガヒットした犯罪映画『君よ憤怒の河を渉れ』(1974年)。 主演の亡き高倉健へのオマージュとしてジョン・ウー監督がオール日本ロケで再映画化した。 © 2017 Media Asia …

「映画の日」にちなんで……。

「映画の日」にちなんで……。

今日から師走。   12月1日は「映画の日」です。   それにちなんだ1日となりました。   本日、届いたウイスキー専門雑誌『Whisky World』の12月号。   …

極限の愛~『さよなら渓谷』

極限の愛~『さよなら渓谷』

今日から封切られる『さよなら渓谷』。   ある意味、壮絶な映画でした。   グイグイ引き込まれていきます。   2人の関係を明かせば、もっとすんなりと原稿を書けたのですが …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。