武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

ちょっぴりシニカルなお伽噺~スウェーデンの喜劇映画『100歳の華麗なる冒険』

投稿日:

こんなお爺さんがおれば、オモロイなぁ~(^^♪

 

クスッと笑ってしまう、そんな映画です。

 

☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

                      ©NICE FLX PICTURES 2013. All Rights Reserved

 

超高齢化社会に突入し、元気なお年寄りがめっきり増えてきた。

 

本作の主人公はいささか度を超えているものの、その典型例だ。

 

驚くべき足跡と奇天烈な逃亡劇をリンクさせ、人生賛歌を謳い上げたスウェーデンのコメディー映画。

 

老人ホームで100歳の誕生日を迎えたアランが施設から脱出し、1人旅に出る。

 

その理由が特に示されず、この爺さんの気ままな行動に振り回される。

 

裏世界のヤミ金を入手するや、一気にドラマチックな展開に。

 

ギャングと警察に追われ、個性豊かな仲間と一緒に逃げまくる。

 

その顛末がロードムービーの形で描かれる。

 

アランは終始、無表情を貫く。

 

どんな事態が起きようとも全く動じない。

 

自然体だ。

 

その飄然とした様が何ともとぼけた空気を醸し出し、全編を包み込む。

 

同時並行で浮き彫りにされる体験談がすこぶる面白い。

 

ごく平凡な男なのに、爆破マニアという“特性”が自身の人生に信じられない運を引き込む。

 

そこがたまらなくおかしい。

 

自分の意思とは関係なく、20世紀の節目に楔を打ち込んだ要人と次々に親交を結んでいくのだから痛快だ。

 

現代史の絵巻物さながら、それらがメルヘン風に綴られる。

 

「人生はなるようにしかならない」

 

母親の言葉が楽天的な生き方の礎となった。

 

周りには欲望に取りつかれた野心家が多いだけに、純真さが際立つ。

 

そこに行動力と好奇心が加味され、刺激的な出会いが生まれる。

 

喜劇はとかく演技が大仰になるものだが、主演のロバート・グスタフソンをはじめどの俳優も楚々と演じている。

 

笑いもどこかシニカル。

 

それが北欧らしさなのかもしれない。

 

「面白きこともなき世を面白く」

 

この名言を思い出させる愉快なアドベンチャー映画だった。

 

フェリックス・ハーングレン監督。

 

1時間55分

 

★★★(見応えあり)

 

11/8公開 大阪ステーションシティシネマ他にて全国公開

 

配給:ロングライド

 

(日本経済新聞2014年11月7日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

 

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジャジャジャジャーン、独断と偏見に基づく今年の映画ベスト10、発表~(^O^)/

ジャジャジャジャーン、独断と偏見に基づく今年の映画ベスト10、発表~(^O^)/

今年も余すところ、あと2週間となりました。 今日現在で、今年観た映画は235本です。 日本映画が100本、外国映画が135本。 この調子だと、例年並みに240本ほどになりそうです。 ベスト10作品の選 …

韓国の骨太な社会派ドキュメンタリー映画『共犯者たち』&『スパイネーション 自白』

韓国の骨太な社会派ドキュメンタリー映画『共犯者たち』&『スパイネーション 自白』

こんな骨太なジャーナリストがお隣の韓国にいるとは知らなかった。 政権批判の報道をしたことで不当解雇された公営放送局MBCのプロデューサー、チェ・スンホさんが独立メディア「ニュース打破」を立ち上げ、政権 …

びっくりポン~! 京都新聞に大きく載りました~(^_-)-☆

びっくりポン~! 京都新聞に大きく載りました~(^_-)-☆

今朝の京都新聞朝刊に拙著『大阪「映画」事始め』(彩流社)の記事が掲載されました。 昨年12月4日、京都のおもちゃ映画ミュージアムでの講演時に京都新聞の映画担当記者に取材された分です。 京都にとっては「 …

人間の本質を突く問題作~『ザ・スクエア 思いやりの聖域』

人間の本質を突く問題作~『ザ・スクエア 思いやりの聖域』

これは誠にけったいな映画でした。 28日から公開される『ザ・スクエア 思いやりの聖域』。 昨年のカンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞した悲喜劇です。 世界的に注目を浴びるスウェーデンの名匠リュー …

大阪舞台のアクション大作~『マンハント』が今日から公開~(^_-)-☆

大阪舞台のアクション大作~『マンハント』が今日から公開~(^_-)-☆

39年前、中国でメガヒットした犯罪映画『君よ憤怒の河を渉れ』(1974年)。 主演の亡き高倉健へのオマージュとしてジョン・ウー監督がオール日本ロケで再映画化した。 © 2017 Media Asia …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。