武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

その他 ケルト 日記

英スコットランド、独立するのかな~??

投稿日:

英国(連合王国=UK)北部スコットランドの独立賛成派が過半数を突破~!

 

こんなニュースが入ってきました。

 

日本ではあまり注目されていませんが、独立を問う住民投票が18日に行われます。

 

この夏、フランスを旅行中、英BBCはこの話題をひっきりなしに報道していました。

 

英国=イングランドという図式が一般的ですが、英国は他にスコットランド、ウェールズ、北アイルランドから構成されており、まさに連合王国です。

 

スコットランドとウェールズは「ケルト」を拠り所にしており、ゲルマン系アングロ=サクソン人が主流を占めるイングランドとは元々、別の国です。

 

それが1707年、強国イングランドに「吸収合併」され、今日に至っています。

 

大英帝国最盛期、植民地支配の先兵の多くはスコットランド人やウェールズ人でした。

 

さらに英国はいかんせんイングランド主導とあって、スコットランド人にしては面白くない。

 

なにせ誇り高き人たちですから。

 

「北海油田があるんやから、この際、独り立ちできるんちゃうやろか」と思っても不思議ではありません。

 

英国政府は、独立したら通貨ポンドを使わせないと「脅し」ているようですが……。

 

もし独立が達成したら、ポンド相場が下落するのは間違いなく、世界経済にも大きな影響を及ぼしかねません。

 

英国旗(ユニオン・フラッグ)からブルー字がなくなるという単純な問題ではなさそうです。

 

正当な民主的手続きを踏んで独立すれば、もちろん、それを尊重します。

 

かつて「七つの海」を支配した大英帝国がこのような状態になろうとは……。

 

これも時代ですねぇ。

 

「ケルト」を介して英国に強い関心を抱いているぼくは、スコットランドの成り行きをずっと気にしています。

-その他, ケルト, 日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大学の元教え子(武部ゼミ3期生)が旦那さんを連れて来宅~(^_-)-☆

大学の元教え子(武部ゼミ3期生)が旦那さんを連れて来宅~(^_-)-☆

今宵は我が家で、関大の武部ゼミ3期生のノリちゃん夫婦と実に楽しいひと時を過ごしました~😁 獣医をしている旦那さん、なかなかええ味を出してはりましたな~✴ いっぺんに好きになりました~( …

「恩師」、藤田先生を偲んで……

「恩師」、藤田先生を偲んで……

「恩師」と呼べる人がこの夏(8月27日)に亡くなっておられたのを、ご遺族からの喪中欠礼のご挨拶状で知りました。   広島大学・大阪大学名誉教授の藤田尚男先生。   享年86。   25年ほど前、読売新 …

朝日新聞夕刊で紹介されました~(^o^)v

朝日新聞夕刊で紹介されました~(^o^)v

「浪花のケルト人」が今日の朝日新聞夕刊に登場しました~(^o^)v 何も悪いことしてませんよ~(笑)。 文化面の「テーブルトーク」というコーナーで、「ケルト」を追い求めるぼくの取り組みを簡単に紹介して …

日経新聞で連載『〈ケルト〉映画の旅』が始まりました~(^_-)-☆

日経新聞で連載『〈ケルト〉映画の旅』が始まりました~(^_-)-☆

昨年暮れ、日経新聞東京本社から原稿依頼がありました。 『〈ケルト〉映画の旅』 こんなテーマで、毎週水曜日夕刊文化欄の「鑑賞術」で執筆してほしいと。 ケルトと映画~!! ぼくの得意中の得意分野なので、即 …

桜が咲いています~♪♪

桜が咲いています~♪♪

気がつけば、3月も下旬になっていました。 その間に大学の卒業式があったのですが、姪っ子の結婚式と重なってしまって、教え子たちの晴れ姿を見れずじまい……。 でも姪っ子の幸せな顔をしかと眼にすることができ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。