武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

その他 ケルト 日記

英スコットランド、独立するのかな~??

投稿日:

英国(連合王国=UK)北部スコットランドの独立賛成派が過半数を突破~!

 

こんなニュースが入ってきました。

 

日本ではあまり注目されていませんが、独立を問う住民投票が18日に行われます。

 

この夏、フランスを旅行中、英BBCはこの話題をひっきりなしに報道していました。

 

英国=イングランドという図式が一般的ですが、英国は他にスコットランド、ウェールズ、北アイルランドから構成されており、まさに連合王国です。

 

スコットランドとウェールズは「ケルト」を拠り所にしており、ゲルマン系アングロ=サクソン人が主流を占めるイングランドとは元々、別の国です。

 

それが1707年、強国イングランドに「吸収合併」され、今日に至っています。

 

大英帝国最盛期、植民地支配の先兵の多くはスコットランド人やウェールズ人でした。

 

さらに英国はいかんせんイングランド主導とあって、スコットランド人にしては面白くない。

 

なにせ誇り高き人たちですから。

 

「北海油田があるんやから、この際、独り立ちできるんちゃうやろか」と思っても不思議ではありません。

 

英国政府は、独立したら通貨ポンドを使わせないと「脅し」ているようですが……。

 

もし独立が達成したら、ポンド相場が下落するのは間違いなく、世界経済にも大きな影響を及ぼしかねません。

 

英国旗(ユニオン・フラッグ)からブルー字がなくなるという単純な問題ではなさそうです。

 

正当な民主的手続きを踏んで独立すれば、もちろん、それを尊重します。

 

かつて「七つの海」を支配した大英帝国がこのような状態になろうとは……。

 

これも時代ですねぇ。

 

「ケルト」を介して英国に強い関心を抱いているぼくは、スコットランドの成り行きをずっと気にしています。

-その他, ケルト, 日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

こんな素敵なお届けモノが~♪♪

こんな素敵なお届けモノが~♪♪

今朝、宅配便でチョコレートが届きました。 といっても、そんじょそこらのモノではありません。 ぼくの写真と拙著の表紙を包み紙にした特製チョコレート~!! 送り主は、2001年に上梓したシリーズ第3弾『北 …

ドイツ「ケルト」紀行(1)

ドイツ「ケルト」紀行(1)

ドイツ「ケルト」紀行。   毎年夏恒例の「ケルト」取材旅行です。   『中央ヨーロッパ「ケルト」紀行』(200年)の取材で、ドイツのホイネブルグ(Hoeineburg)とホッホドル …

教え子との再会、バーでの極上のお祝い、喜ばしいメール……。

教え子との再会、バーでの極上のお祝い、喜ばしいメール……。

昨夜(10月7日)はなかなか刺激的なひと時を過ごしました。   今春、関西大学を卒業した教え子のさんちゃん(趙相宇=チョウ・サンウ)と梅田で一献傾けました。 JP9期生の彼は韓国人ですが、日 …

『歓喜の歌』、10000人の第9~♪♪

『歓喜の歌』、10000人の第9~♪♪

ベートーベンの『歓喜の歌』。交響曲第9番のあの合唱曲は、耳に優しいというか、ほんとうに聴きやすいですね。なんでもド・レ・ミ・ファ・ソの音しか使われていないそうです。 20年前、ベルリンの壁が崩壊したと …

花見の中をランニング

花見の中をランニング

きょうは春らしい日和になりました。 午後から、中之島をランニング。 開花している桜も見られ、その下では花見の宴席があちこちで。 ほんま、春ですね~。 うららかです。 天満橋の方まで足を伸ばすと、大川の …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。