武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

大学 日記

ささやかな就職内定祝賀会(?)~♪

投稿日:2012年10月22日 更新日:

人生には寄り道がつき物。

 

ストレートにわが道を歩むのはもちろんいいけれど、大きな壁にぶつかったり、あえて別のルートを探ったりして、わき道にそれる生き方も大いに尊重したいと思っています。

 

関西大学の教え子3人を昨夜、わが家に招待しました。

 

JP5期生の面々。

彼らが2年生の時、つまり3年前に教えた子たちです。

 

本来ならこの春、卒業し、社会人になっているはずでした。

 

でも彼らは違うルートを選びました。

 

マスコミ志望が人一倍強いチキン(山本君)は就職が決まらないまま、不安を抱えて卒業しましたが、彼の意欲が生かされ、時事通信社のカメラマンに内定しました。

 

記者志望とはいえ、自分が目指してきた世界で働けるのだから、ありがたいことです。

 

本当によかった。

 

来月から彼は東京で報道カメラマンになります(^o^)v

 

ヒデ(泉君)は2年生が終わった段階で、1年間、休学し、カメラのスタジオでアシスタントをしていました。

 

単なるアルバイトとは異なった形で社会に参画した経験は計り知れないほど大きかったと思います。

 

当然、報道カメラマン志望でしたが、就活中に興味を抱いた出版関係に内定しました。

 

実業書や「地球の歩き方」などを出しているダイヤモンド社です。

 

そしてみなみん(竹内さん)。

 

彼女も2年生が終わるや、半年間、デンマークへ留学しました。

 

さらに翌年にも半年間、かの地で社会学のフィールド調査などを行ってきました。

 

つまり2年(3年次、4年次)にわたり、1年間をデンマークで過ごしたことになります。

 

元々、海外志向が強い学生だったので、ひと回り、いやふた回り大きくなって日本に帰ってきました。

 

そして就活。

 

ドキュメンタリー映像を撮りたいということで、テレビ局にチャレンジ。

 

苦戦の末、テレビ局本体ではないけれど、『世界遺産』などを制作しているTBSビジョンから内定をもらいました。

 

彼女にふさわしい職場だと思います。

 

こうした“生きた寄り道”は「ギャップ・イヤー」として昨今、世界的に注目されています。

 

そんなこんなで昨夜は、思い出話は一切なく、これからの展望やぼくの記者時代の体験話で盛り上がりました。

 

途中から、ミニライブになったりして~(^o^)v

 

みんなの飛躍を祈ってます。

 

イェーツ!!!!

-大学, 日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

楽しき哉、コンパ~♪

楽しき哉、コンパ~♪

大学の教え子(関大JP6期生)たちとのコンパ。 みんなとの語らいがすごく楽しかった~♪ 焼き肉も生ビールも美味かった~! よぉ~しゃべった。 阪神が鳥谷のタイムリーでGにサヨナラ勝ちして、もう言うこと …

観光地化する新世界

観光地化する新世界

昨日(1月11日)、寒風のなか、今宮戎に行って参りました。「残りえびす」です。大学の教え子が福娘として笹を売っていたのを見て、今年は幸先がいいと思いました。 ほんわか気分での帰り、通天閣が眼に飛び込ん …

心打たれた謝辞の文面、詩人ってすごいな~

心打たれた謝辞の文面、詩人ってすごいな~

雷神のたたく太鼓の音が濃霧の奥からきこえてきます。 ビジュアル版「ケルト」紀行、ありがとうございました。 恐縮です。 どの写真からも物語があふれでてきて。 それは武部様の足裏の記憶。 全身感応体となっ …

恒例のガラス工芸展~GLASS WORKS

恒例のガラス工芸展~GLASS WORKS

梅雨明け時の恒例になった神戸・ギャラリー北野坂でのGLASS WORKSの鑑賞。 古巣新聞社の同期で、ガラス工芸作家、ワタナベカズオさんの素敵な作品たちとの出会いがすごく楽しかったです❗ …

明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます!

2014年がスタートしました~! といっても、いつもとあまり変わりませんが……(笑)。 午前中、近くの茨住吉神社(大阪市西区九条)へ初詣で。 そこで厄年表に目が留まりました。 何と昭和29年生まれの男 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。