武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

大学 日記

ささやかな就職内定祝賀会(?)~♪

投稿日:2012年10月22日 更新日:

人生には寄り道がつき物。

 

ストレートにわが道を歩むのはもちろんいいけれど、大きな壁にぶつかったり、あえて別のルートを探ったりして、わき道にそれる生き方も大いに尊重したいと思っています。

 

関西大学の教え子3人を昨夜、わが家に招待しました。

 

JP5期生の面々。

彼らが2年生の時、つまり3年前に教えた子たちです。

 

本来ならこの春、卒業し、社会人になっているはずでした。

 

でも彼らは違うルートを選びました。

 

マスコミ志望が人一倍強いチキン(山本君)は就職が決まらないまま、不安を抱えて卒業しましたが、彼の意欲が生かされ、時事通信社のカメラマンに内定しました。

 

記者志望とはいえ、自分が目指してきた世界で働けるのだから、ありがたいことです。

 

本当によかった。

 

来月から彼は東京で報道カメラマンになります(^o^)v

 

ヒデ(泉君)は2年生が終わった段階で、1年間、休学し、カメラのスタジオでアシスタントをしていました。

 

単なるアルバイトとは異なった形で社会に参画した経験は計り知れないほど大きかったと思います。

 

当然、報道カメラマン志望でしたが、就活中に興味を抱いた出版関係に内定しました。

 

実業書や「地球の歩き方」などを出しているダイヤモンド社です。

 

そしてみなみん(竹内さん)。

 

彼女も2年生が終わるや、半年間、デンマークへ留学しました。

 

さらに翌年にも半年間、かの地で社会学のフィールド調査などを行ってきました。

 

つまり2年(3年次、4年次)にわたり、1年間をデンマークで過ごしたことになります。

 

元々、海外志向が強い学生だったので、ひと回り、いやふた回り大きくなって日本に帰ってきました。

 

そして就活。

 

ドキュメンタリー映像を撮りたいということで、テレビ局にチャレンジ。

 

苦戦の末、テレビ局本体ではないけれど、『世界遺産』などを制作しているTBSビジョンから内定をもらいました。

 

彼女にふさわしい職場だと思います。

 

こうした“生きた寄り道”は「ギャップ・イヤー」として昨今、世界的に注目されています。

 

そんなこんなで昨夜は、思い出話は一切なく、これからの展望やぼくの記者時代の体験話で盛り上がりました。

 

途中から、ミニライブになったりして~(^o^)v

 

みんなの飛躍を祈ってます。

 

イェーツ!!!!

-大学, 日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

没後80年……、初世中村鴈治郎

没後80年……、初世中村鴈治郎

この立ち姿、ほんに粋(すい)で華がありますなぁ。 大阪で生まれ育ち、大阪を拠点に独自の芸風を磨いた初世中村鴈治郎(1860~1935年)。   その当たり役、紙屋治兵衛に扮した有名な舞台写真 …

さくら、サクラ、桜~♪

さくら、サクラ、桜~♪

日本晴れのもと、桜が元気いっぱい咲き誇っています。 夕方から薄暮にかけて、素晴らしい情景をかもし出してくれた桜の写真をどうぞ。 場所は大阪府富田林市の滝谷公園です。 山全体がさくら、サクラ、桜……。 …

ウイスキー・フェスティバル2012 大阪

ウイスキー・フェスティバル2012 大阪

きょう、大阪・天満橋でWHISKY Festival2012が開かれました。   大阪では初めてです。   ウイスキーのメーカーや輸入元のブース、ウイスキー関連グッズのコーナーなど …

元ゼミ生から素敵なプレゼント~(^_-)-☆

元ゼミ生から素敵なプレゼント~(^_-)-☆

『記者ハンドブック』(共同通信社) 物書きのぼくにとってはバイブルのようなものです。   その改訂版(第13版)が今日、手元に届きました。   時代の流れに対応し、かなりグレードア …

「自分の色」を出し続けてね!

「自分の色」を出し続けてね!

社会人になった教え子と会うのは実に楽しいものです。 今夜は3年前に関大社会学部を巣立ったJP1期生の2人、事務担当の女性と、大阪・ミナミで美味しいモン(洋食いろいろ)と美味しいお酒(ビール、ワイン、ウ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。