武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

フランス南西部紀行(2014年夏)

(7)フランス南西部紀行~アングレーム

投稿日:

ボルドーで“ワイン三昧”し、北東のアングレーム(Angouleme)へ向かいました。

 

途中、クートラスという田舎の乗り継ぎ駅で、意外な光景を目にしました。

 

ドイツ国鉄のICE(高速列車)の白い車両が停まっていたのです。

 

こんなところまでICEが来ているのか!?

 

そのことをFacebookで投稿すると、鉄道マニアの人からすぐに「回答」がありました。

 

ほんまにすごい時代ですね(笑)

 

2年後にICEがフランスの主要都市に乗り入れるとのことで、その試運転らしいです。

 

なるほど。

 

ヨーロッパは地続きだから、国際列車がいっぱい走っています。

 

フランスのTGVもベルギーやスイスに直結しています。

 

ドイツも負けてはならじと攻勢をかけているのでしょう。

 

ぼくは左手に停まっているアングレーム行きの古めかしい鈍行に乗りました。

 

こういう車両の方が好きです。

 

アングレームはシャラント県の県庁所在地ですが、人口は4万人ほど。

 

丘陵の上に広がる典型的な田舎の町です。

 

ここに来たのは、その丘陵が紀元前5世紀~同1世紀、オッピドゥムだったから。

 

おそらくガリア人のピクトン族が定住していたと思われます。

 

当時、イクリスマ(Iculisma)と呼ばれていました。

 

主要街道から外れており、ローマ帝国はそこに手を加えなかったのですが、シャラント川を見渡せる立地を戦略的要所と見なし、紀元3世紀からガリアの拠点のひとつになりました。

 

川から丘を眺めると、まぎれもなくオッピゥムらしく思えてきます。

 

美しい町です。

 

その中心部にあるアングレーム博物館で素晴らしい「ケルト」の逸品と出会いました。

 

紀元前4世紀ごろに作られた儀礼用の兜です。

 

金で覆われているゴールデン・ヘルメット!!

 

1981年にほとんど無傷のまま発見されたそうです。

 

微細な文様がうごめいています。

 

何から何まで「ケルト」です。

 

これぞケルト美術のエッセンス。

 

こんな貴重な遺産とめぐり会えるとは思わなかったので、身体が震えました。

 

アングレームにやって来てよかった!!

 

つくづくそう実感した次第です。

 

この町はコミックの見本市でもよく知られています。

 

雨宿りに駆け込んだところがコミック博物館でした。

 

その売店に、世界各国の漫画が所狭しと置かれていました。

 

一番多かったのがジャパニーズ・コミック。

 

『コナン』『ピカチュウ』『北斗の拳』……。

 

 

みなフランス語版です。

 

なんと手塚治虫の『新宝島』があったのには吃驚しました。

2年前、オランダのライデンで知り合った少女はジャパニーズ・コミックとアニメの影響で大の日本好きになったと言っていました。

 

なんかうれしいですね。

 

「ケルト」の至宝と日本のコミック。

 

アングレームという町にぞっこん惚れてしまいました。

-フランス南西部紀行(2014年夏)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

(2)フランス南西部紀行~ニーム

(2)フランス南西部紀行~ニーム

ジーンズのデニム生地が誕生したところ。   それがニーム(Nimes)。   de Nimes(デニーム=ニームの)から由来したそうです。     マルセイユから電車で約1時間。 &nbsp …

(10)フランス南西部紀行~パリ〈最終回〉

(10)フランス南西部紀行~パリ〈最終回〉

花の都、パリ。   ぼくは正直、夏の観光シーズンのパリは好きではありません。   ぼくも観光客なのですが(笑)、その中に紛れ込んでしまうのが大嫌いなんです。   へそ曲がりです~(^_-)-☆   だ …

(9)フランス南西部紀行~オルレアン

(9)フランス南西部紀行~オルレアン

ロワール川を上流に向かっていくと、オルレアンの町があります。   そこは、言わずと知れた「ジャンヌ・ダルクの町」として知られています。   1429年、英仏間の百年戦争の最中、イングランド軍に包囲され …

(4)フランス南西部紀行~カルカッソンヌ

(4)フランス南西部紀行~カルカッソンヌ

ニームから鈍行列車で地中海沿いに西方のナルボンヌに向かいました。   ナルボンヌは南ガリアにおける古代ローマ帝国の拠点でした。   途中下車で2時間ほど、街を散策。   …

(8)フランス南西部紀行~ラ・ロッシュ

(8)フランス南西部紀行~ラ・ロッシュ

ぼくの一番好きなフランス映画、それは『冒険者たち』(1969年)です。   飛行機乗りのマヌー(アラン・ドロン)、自動車整備工のローラン(リノ・バンチュラ)、前衛造形芸術家のレティシア(ジョアンナ・シ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。