武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

第7回大阪アジアン映画祭が開かれています

投稿日:2012年3月10日 更新日:

mainV02_3
アジアの最新映画を紹介する大阪アジアン映画祭がきのう開幕しました。
今年で7回目。
すっかり大阪の初春を彩るイベントとして定着してきました。
きのうはオープニングで日韓合作の『道〜白磁の人』が梅田ブルク7で上映されました。
白磁
(C)2012「道〜白磁の人〜」フィルムパートナーズ
日本統治下の韓国で現地に溶け込み、白磁の評価を高めた林業技術、浅川巧の半生記。
ヒューマニズムとは何かを考えさせてくれる映画でした。
上映に先立ち、高橋伴明監督と主演の吉沢悠さんが記者会見。
高橋監督、吉沢悠
高橋監督の弁。
「今こそアジアが強くならなければなりません。その意味で、日本と韓国が手を結ぶことは大事なことだと思います。アジアのための一歩としてこの映画を撮れてよかったです」
33歳の吉沢さんは穏やかな口調で。
「浅川巧のことは全く知りませんでした。あんな素晴らしい日本人がいたなんて……。その人物を演じられてよかった」
映画祭では多彩な作品が上映されます。
花粉症にめげず、各会場に足を運んでください~(^o^)v
映画祭は18日まで。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

若者の〈魂の叫び〉を見事、映像化~日本映画『あゝ、荒野』

若者の〈魂の叫び〉を見事、映像化~日本映画『あゝ、荒野』

孤独と不毛の精神風土が宿る大都会の片隅。 そこでもがきながら生き抜く若者の〈魂の叫び〉を映像化した。 青春映画としても、ボクシング映画としても一級の作品に仕上がった。 ©2017『あゝ、荒野』フィルム …

1970年代を駆け抜けた2人の天才レーサー~『ラッシュ/プライドと友情』

1970年代を駆け抜けた2人の天才レーサー~『ラッシュ/プライドと友情』

  (c)2013 RUSH FILMS LIMITED/EGOLI TOSSELLFILM AND ACTION IMAGE.ALL RIGHTS RESERVED この映画、観させますよ …

カンヌ映画祭パルムドール受賞作~『万引き家族』

カンヌ映画祭パルムドール受賞作~『万引き家族』

家族のあり方を問う映画を次々と手がける是枝裕和監督。 最新作もその路線だが、意表を突く想定外の物語だった。 犯罪を介したワケあり家族……。 カンヌ国際映画祭の最高賞パルムドール受賞作。 大都会の真ん中 …

カミュの原風景を“スケッチ”した『最初の人間』

カミュの原風景を“スケッチ”した『最初の人間』

日経新聞に書いている映画原稿(エッセー?)の今年最後の分が本日夕刊に載りました。   えらいシブ目の作品です(^o^)v       ☆     ☆     ☆     ☆     …

映画の地を訪ねて~長崎県島原・雲仙『君の名は』

映画の地を訪ねて~長崎県島原・雲仙『君の名は』

春本番ですね。 花粉の飛散はイヤだけれど、この陽気、何とも心地よい。 旅と映画のエッセーです。      ☆     ☆     ☆     ☆    ☆ 「忘却とは忘れ去ることなり。忘れ得ずして忘却 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。