武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

著作一覧

新刊『ウイスキー アンド シネマ  琥珀色の名脇役たち』

投稿日:2014年1月7日 更新日:

ウイスキーアンドシネマ
著者:武部 好伸
出版社:淡交社
発売日:2014/1/9
定価:1,575円

 

映画に登場するウイスキーを大所高所からエッセー風に軽やかに綴った読み物です。
クラシカルな映画から最新作まで、映画史にさん然と輝く名作からB級映画まで、東西問わず、お気に入りの47本を選びました。
銀幕のなかでウイスキーが意外な使われ方をしていたり、大きな意味を持っていたりして、監督のこだわりや遊び心が垣間見られます。そういうところにポイントを絞ってまとめています。

ウイスキー専門誌『Whisky World』(発行・ゆめディア)に連載している『映画にみるウイスキー模様』を加筆・修正したものです。スクリーンに出てくる洋酒全体を総括した拙著『シネマティーニ 銀幕のなかの洋酒たち』(1999年、淡交社)のウイスキー版ともいえます。

—————————————————————————————————————————————————-
Amazon内容紹介
〈今も昔も、映画はウイスキーが大好き!〉
〈映画の登場人物たちに優しく寄り添う、ウイスキーの名ショット×47本〉

すご腕のスパイ、しがないサラリーマン、失恋した学生、世界をまたにかける企業戦士、人生に疲れた中年男、そして一国の首相まで……。ありとあらゆる映画の登場人物が手にするグラス、あるいはボトルのなかで、琥珀色の輝きを放つ「ウイスキー」。
それはたんなる小道具としてだけではなく、ときには主役を食ったり、人物の心理状態を代弁したり、また物語の謎を解く重要な鍵になったりと、いわば“ 演技派の名脇役”として見ることもできます。スコッチ、アイリッシュ、バーボン、ジャパニー
ズなど種類・銘柄もさまざまに、本書ではそのようなウイスキーがフィーチャーされた映画47作品を取り上げ、軽妙な文章と映画の雰囲気を伝えるイラストで見どころを紹介。映画とお酒にまつわるコラムや映画作品リストも収録し、映画とウイスキーが2倍にも3倍にも楽しく、また美味しくなる内容になっています。

-著作一覧

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

武部好伸・著作一覧

武部好伸・著作一覧

■「ケルト」紀行シリーズ 1. 『スコットランド「ケルト」紀行―ヘブリディーズ諸島を歩く』 2.『スペイン「ケルト」紀行~ガリシア地方を歩く』 3.『北アイルランド「ケルト」紀行~アルスターを歩く』 …

シリーズ第3弾 『北アイルランド「ケルト」紀行~アルスターを歩く』

シリーズ第3弾 『北アイルランド「ケルト」紀行~アルスターを歩く』

北アイルランド「ケルト」紀行―アルスターを歩く 著者:武部 好伸販売元:彩流社発売日:2001-10  アイルランドを変化球で斬りたい。ならば、英国領北アイルランドの「ケルト」を探ればいいのでは……。 …

シリーズ第4弾  『中央ヨーロッパ「ケルト」紀行~古代遺跡を歩く』

シリーズ第4弾  『中央ヨーロッパ「ケルト」紀行~古代遺跡を歩く』

中央ヨーロッパ「ケルト」紀行―古代遺跡を歩く著者:武部 好伸販売元:彩流社発売日:2002-09定価:2200円+税  「ケルト」の源流を見たい~! そんな思いを抱き、2001年夏、オーストリア、ドイ …

シリーズ第2弾  『スペイン「ケルト」紀行~ガリシア地方を歩く』

シリーズ第2弾  『スペイン「ケルト」紀行~ガリシア地方を歩く』

スペイン「ケルト」紀行―ガリシア地方を歩く著者:武部 好伸販売元:彩流社発売日:2000-05定価:2200円+税  ぼくが「ケルト」に興味を抱いてからも、長らくスペイン北西部ガリシア地方のことなどま …

シリーズ第8弾  『イングランド「ケルト」紀行~アルビオンを歩く』

シリーズ第8弾  『イングランド「ケルト」紀行~アルビオンを歩く』

イングランド「ケルト」紀行―アルビオンを歩く著者:武部 好伸販売元:彩流社発売日:2006-10定価:2500円+税 イギリスの半分以上を占めるイングランドの「ケルト」を探る旅です。2005年夏に敢行 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。