武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

著作一覧

ぜんぶ大阪の映画やねん

投稿日:2008年1月3日 更新日:

ぜんぶ大阪の映画やねん (平凡社新おとな文庫―楽)ぜんぶ大阪の映画やねん (平凡社新おとな文庫―楽)
著者:武部 好伸
販売元:平凡社
発売日:2000-11
定価1600円+税


 ぼくは生粋の浪速っ子。しかも映画大好き人間ときてる。ならば、大阪と映画をドッキングさせよう。そう思って書いたのがこの本です。大阪を舞台にした映画、あるいは大阪人を主人公にした映画は、ざっと数えるだけで600本ほどあります。そのなかから、『王将』、『夫婦善哉』、『ガキ帝国』、『泥の河』、『ビリケン』といった代表作を取り上げ、大阪の街と人を浮き彫りにしています。撮影地に足をはこび、そこで感じたいろんな想いをたっぷり盛り込んでおり、言わば、映画で斬った〈大阪のエッセー〉です。
大阪は日本の映画興行発祥地で、かつて撮影所が数ヶ所あったことなど、ぼくの故郷は映画とすごくかかわりがあることを知り、うれしくなりました。大阪映画にも名作が多いし! 巻末の作品リストは貴重な資料になっています。ちなみに、類書がありません(ちょっと自慢~♪)。

-著作一覧

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

シリーズ第7弾  『東ヨーロッパ「ケルト」紀行~アナトリアへの道を歩く』

シリーズ第7弾  『東ヨーロッパ「ケルト」紀行~アナトリアへの道を歩く』

東ヨーロッパ「ケルト」紀行―アナトリアへの道を歩く著者:武部 好伸販売元:彩流社発売日:2005-08定価:2300円+税 中央ヨーロッパから東方へ移動した古代ケルト人の足跡を求めて、2003年の夏、 …

シリーズ第6弾  『ウェールズ「ケルト」紀行~カンブリアを歩く』

シリーズ第6弾  『ウェールズ「ケルト」紀行~カンブリアを歩く』

ウェールズ「ケルト」紀行―カンブリアを歩く著者:武部 好伸販売元:彩流社発売日:2004-07定価:2300円+税  2003年の夏、イギリス西部のウェールズをほぼ踏破してきました。ケルト語の一種ウェ …

ケルト映画紀行~名作の舞台を訪ねて

ケルト映画紀行~名作の舞台を訪ねて

ケルト映画紀行―名作の舞台を訪ねて著者:武部 好伸販売元:論創社発売日:1998-06定価2000円+税  アイルランド、英国のスコットランド、ウェールズ、コンウォール、マン島といった〈ケルト文化圏〉 …

シリーズ第5弾  『フランス「ケルト」紀行~ブルターニュを歩く』

シリーズ第5弾  『フランス「ケルト」紀行~ブルターニュを歩く』

フランス「ケルト」紀行―ブルターニュを歩く著者:武部 好伸販売元:彩流社発売日:2003-07定価:2300円+税  フランスのなかの異色の地。2002年夏、大西洋ににょきっと突き出たブルターニュ地方 …

シネマティーニ 銀幕のなかの洋酒たち

シネマティーニ 銀幕のなかの洋酒たち

シネマティーニ―銀幕のなかの洋酒たち著者:武部 好伸販売元:淡交社発売日:1999-08定価1800円+税  映画には小道具が欠かせませんが、そのなかでひときわ目立つのがお酒です。何気なく映っているボ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。