武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

映画の地を訪ねて~『紀ノ川』 和歌山・紀北

投稿日:2012年8月18日 更新日:

朝靄に包まれ、紀ノ川を下る数艘の舟。

 

嫁入りに行く花(司葉子)が乗っている。

 

非常に優雅で幻想的な場面だ。

 

中村登監督作品『紀ノ川』(1966年)の冒頭は、有吉佐和子の原作(59年発表)を忠実に再現していた。

 

場所は戦国の武将、真田幸村ゆかりの地、九度山。

 

南海高野線九度山駅から坂を下り、街中へ入ると、幸村が閉居した真田庵や抜け穴伝説が宿る真田古墳などがあり、400年ほど前にタイムスリップしそう。

 

花は、夜半に下流の六十谷(むそた)(和歌山市)に着き、真谷家の長男、敬策(田村高廣)に嫁いだ。

 

日本の伝統を重んじる古風な女性。

 

娘の文緒(岩下志麻)はしかし進歩的で、何かと母親と衝突するも、孫の華子(有川由紀)は花と相通じる。

 

明治、大正、昭和。

 

激動の時代を絡ませ、3代にわたる旧家の女性たちの生き様を綴った大河ドラマ。

 

和歌山市生まれの有吉が母方の実家を題材にした小説で、華子が彼女のモデルである。

 

九度山から、左手に高野山を仰ぎ見ながら、紀ノ川沿いを下った。

 

すぐ西方に「女人高野」で知られる慈尊院(世界遺産)がある。

花が自身の、そして娘の安産祈願に参詣していた。

境内で初老の男性に声をかけられた。

 

奈良からスケッチをしに来たという吉田武蔵さん(65)。

 

「『紀ノ川』ですか。本も映画も懐かしい。下流に行けば、とっておきの場所がありますよ」

 

この人の助言に従った。

 

高野参詣大橋から対岸へ渡った。

かつらぎ町ののどかな街中を散策後、JR和歌山線で西笠田(にしかせだ)駅へ。

 

下車すると、木々で覆われた小島、船岡山(中山)が目の前に浮かんでいた。

 

ここだ!

 

映画の冒頭は、実はこの地で撮影された。

 

北に背山(せのやま)、南に妹山(いもやま)が迫り、万葉の世界が広がる。

 

はんなりとした川の情景。

 

心が和らぐ。

 

原作者が描写したように紀ノ川は紛れもなく女性的だ。

 

それは主人公、花の資質そのもの。

 

「悠々と流れによって、見かけは静かで優しい。周りの弱い川は全部、自分が飲み込んでしまう。その代わり見込みのある強い川には全体で流れ込む」

 

河口の和歌山市内に来た。

 

主舞台の六十谷と真砂町(現在、芝ノ丁)は住宅地、ビル街と化し、往時の面影はない。

 

映画のラストと同じように城の天守閣に登り、紀ノ川を目にした。

残念ながら、建物の間からわずかにしか望めない。

 

『華岡青洲の妻』『有田川』」『日高川』……。

 

有吉作品には和歌山の話が多いのに不思議なことに文学碑がない。

 

なぜ? 

 

素朴な疑問を抱きつつ、九度山の方へ視線を移した。

 

◎紀ノ川

奈良・大台ケ原に水源を持つ長さ136㌔の一級河川で、河川法上の正式名称は「紀の川」。中央構造線の南側を流れ、紀伊水道に注ぐ。川に沿って大和街道がある。奈良県では吉野川と呼ばれる。

(読売新聞2012年8月14日朝刊『わいず倶楽部』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-, 映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドイツ映画『ちいさな独裁者』のトークイベント~(^_-)-☆

ドイツ映画『ちいさな独裁者』のトークイベント~(^_-)-☆

シネ・リーブル梅田で公開中の『ちいさな独裁者』のトークイベント。 昨日(10日)、午後2時からの回終了後、ほぼ満席の観客を前に、この映画について映画ライターの華崎さんと対談しました~🙆 …

小栗康平監督はお元気でした~!!

小栗康平監督はお元気でした~!!

『泥の河』(1981年)、『伽耶子のために』(84年)、『死の棘』(90年)、『眠る男』(96年)、『埋もれ木』(2005年)。   33年間に手がけた映画がわずか5本。   小栗康平監督は実に寡作な …

18日(土)、またまた、ABCテレビ「おはよう朝日土曜日です」で映画を語ります~(^_-)-☆

18日(土)、またまた、ABCテレビ「おはよう朝日土曜日です」で映画を語ります~(^_-)-☆

またまたまたABCテレビからお声がかかり、18日(土)の朝の情報番組「おはよう朝日土曜日です」に出演します。 『武部好伸さんおススメ映画特集 第3弾! この夏見て欲しい映画』 7時38分からの〈土日ど …

大阪自由大学で『大阪の映画文化史』をお話しします~(^_-)-☆

大阪自由大学で『大阪の映画文化史』をお話しします~(^_-)-☆

先日、大阪市立中央図書館で、『映画のはじまり、みな大阪』のテーマで講演したばかりですが、3月に一般社団法人(非営利型)大阪自由大学で『大阪の映画文化史』と題して3回にわたってお話しさせていただきます。 …

プロモーション・ムービー『映画の街,なんば』、YOUTUBEでアップしています~(^_-)-☆

プロモーション・ムービー『映画の街,なんば』、YOUTUBEでアップしています~(^_-)-☆

ぼくが初めて脚本を書いたプロモーション・ムービー『映画の街・なんば』(制作:戎橋筋商店街振興組合)が完成し、YOUTUBEでアップされています。 拙著『大阪「映画」事始め』(彩流社)を題材にし、〈日本 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。