武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

子供のけんかに親が出て、4重奏の不協和音が!~『おとなのけんか』

投稿日:2012年3月5日 更新日:

フルマラソンの完走から一夜明け、目覚めがよかったです。
筋肉痛も思ったほどひどくなく、ホッとしています。
明日、襲われるかも知れませんが…… (*_*)
今、ロマン・ポランスキー監督の面白い映画が公開されていますよ。
『おとなのけんか』(2011年 フランス・ドイツ・ポーランド 1時間19分)
出演 ジョディ・フォスター、ケイト・ウィンスレット、クリストフ・ヴァルツ、ジョン・C・ライリー
映画フリーペーパー『CINE REFLET(シネルフレ)』に書いた拙稿です。
おとなのけんか
「子供のけんかに親が出る」
大人気ないことのたとえだが、それをとことん突き詰めると、この映画のようになるのだろう。
けんかをした子供の両親が平和的に和解しようとするが、そのうち本音がポンポン飛
び出し、夫婦げんかも始まるやらで、強烈な不協和音を生み出す。
敵対関係がコロコロ変わるところがミソ。
それをリアルタイムで“実況”するのだから、面白くないはずがない。
でも心臓に悪い。
上映時間が短くて助かった!
テンポのいい演出もさることながら、2組の夫婦に扮した4人の演技に舌を巻く。
ヒステリックに反論するフォスターの鬼婆みたいな形相はホラー映画も顔負け。
平凡な夫ライリーが覗かせる冷徹な一面にゾッとさせられ、相手方ウィンスレットのとんでもない生理的反応には驚かされた。
そして夫ヴァルツの群を抜くイヤらしさ。
この人、存在自体が不快だった。
モメた時のお酒は禁物。
ええ勉強になりました。
舞台劇の映画化。
大阪ステーションシティシネマ他全国公開中
配給:ソニー・ピクチャーズ

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

何とお上品な方……、女優の八千草薫さん

何とお上品な方……、女優の八千草薫さん

きょうの午後、女優の八千草薫さんを目の前にして、インタビューしました。 ご主人の亡き谷口千吉監督(1912~2007年)の生誕百年を記念した映画特集が19日~6月8日、大阪・九条のシネ・ヌーヴォで開か …

映画も翻訳本も魅せる『複製された男』

映画も翻訳本も魅せる『複製された男』

ポルトガル唯一のノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴのミステリー『複製された男』が映画化され、18日から全国で公開されます。   自分と同じ人物と出会った男の数奇な物語(???)。   …

悲劇の家族 際立つ母性愛~デンマーク映画『真夜中のゆりかご』

悲劇の家族 際立つ母性愛~デンマーク映画『真夜中のゆりかご』

やはり見ごたえのある映画だった。   家族と社会を見据えるこの監督の眼差しは鋭い。   秀作です~(^_-)-☆   ☆     ☆     ☆     ☆     ☆  …

自信を持って名作と言えます~『瞳の奥の秘密』

自信を持って名作と言えます~『瞳の奥の秘密』

© 2009 TORNASOL FILMS – HADDOCK FILMS – 100 BARES PRODUCCIONES – EL SECRETO D …

カリスマ男を会話劇で丸裸に~『スティーブ・ジョブズ』

カリスマ男を会話劇で丸裸に~『スティーブ・ジョブズ』

5年前、56歳で世を去ったIT業界のカリスマ的人物を対話劇という斬新な切り口で捉えた。   関係者や家族と本音をぶつけ合う緊迫した場面に目が釘付けになる。   ダニー・ボイル監督の …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。