武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

ミシェル・ファイファーに惚れていました~♪♪

投稿日:2010年6月1日 更新日:

Fabyurasu
巷にジャズ・バーがあるように、バーのゆったりとした静謐な空間には大人のサウンドともいえるジャズがよく合いますね。
しがないジャズ・ピアニストの兄弟(ボー&ジェフ・ブリッジス)と美人シンガー(ミシェル・ファイファー)との心模様を綴ったアメリカ映画『恋のゆくえ~ファビュラス・ベイカー・ボーイズ』(1989年)は、それを見事に表していました。
ストーリーうんぬんよりも、とにかくファイファーが美しかった。
当時、彼女は31歳。
絶句するほどの艶っぽさをまき散らせていました。
真紅のドレスをまとった彼女がピアノの上に横たわり、セクシー・ボイスを聞かせるシーンには正直、しびれました。
吹き替えなしで自らチャレンジしたボーカルが魅力的。
はすっぱな役どころもまたよかった。
「最近、あまり映画に出てこないけど、どうしてはるんやろ……」
『恋のゆくえ』のサウンド・トラックを聴きながら、ミシェル・ファイファーのことを気にしている今日このごろです。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

神戸での講演『スコットランドとウイスキー』~(^^♪

神戸での講演『スコットランドとウイスキー』~(^^♪

昨日は神戸朝日ホールで、ケン・ローチ監督のイギリス映画『天使の分け前』の上映会(主催:神戸映画サークル協議会)がありました。   どん底状態に陥ったスコットランドの青年がスコッチ・ウイスキーと出会って …

日経新聞に大きく載りました~!

日経新聞に大きく載りました~!

今朝の日経新聞朝刊「読書」面に大きく掲載されていました~‼️ 拙著『フェイドアウト 日本に映画を持ち込んだ男、荒木和一』(幻戯書房)の書影がないのは残念ですが、小説家「東龍 …

ラヴ・ロマンス映画ベスト10~

ラヴ・ロマンス映画ベスト10~

4月1日。新年度のスタートです。 32年前のきょう、グータラ大学生だったぼくが新聞社に入った日です。 入社式ではちょっぴり緊張していましたが、まぁ、なんとかなるやろと開き直ってもいました。実際、なんと …

こんな生き方も……英国映画『ミス・シェパードをお手本に』

こんな生き方も……英国映画『ミス・シェパードをお手本に』

(c)2015 Van Productions Limited, British Broadcasting Corporation and TriStar Pictures,Inc. All Righ …

3月31日の講演『映画で見るスコットランド』、満席になりました!

3月31日の講演『映画で見るスコットランド』、満席になりました!

先日、告知しました3月31日の講演会『映画で見るスコットランド』(主催・日本スコットランド交流協会=JSA)、本日、お陰さまで定員に達しました。 申し込まれた方、ありがとうございました&#x1f60a …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。