武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

映画にまつわる秘話とエピソードがどっさり

投稿日:2012年2月23日 更新日:

鈴木さん
過日、元大映京都撮影所長の故鈴木晰也さんが残した『シベリアメモ』のことをフェイスブックで投稿したら、某在阪放送局のSさんが興味を持ち、京都・御室の鈴木さん宅を訪れ、奥様といろいろお話をしてきたそうです。
その時、これを「武部さんにお渡しください」と奥様がSさんに託されたのが、鈴木さんが生前に映画業界紙(合同通信映画特信版)に連載していたエッセー。
『活動屋時間帯』
タイトルがいいですね。
「活動屋」の字を見ると、心がゆさぶられます。
平成3年4月7日号~平成8年1月2日号までの計214回。
パラパラと目を通しましたが、長谷川一夫、山本富士子、勝新太郎らのスター俳優や伊藤大輔、溝口健二といった巨匠の文字が散りばめられてあり、ひと昔前の輝かしき日本映画界の息吹が充満しています。
すべて鈴木さんが仕事で出会った人たちのエピソードや秘話です。
映画史の資料にもなりそうな内容で、ぼくには「宝物」みたいな読み物。
今日から熟読してみようと思っています。
高揚感が抑えられません。
鈴木さんの奥様とSさん、ありがとうございます!!!

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

第7回大阪アジアン映画祭が開かれています

第7回大阪アジアン映画祭が開かれています

アジアの最新映画を紹介する大阪アジアン映画祭がきのう開幕しました。 今年で7回目。 すっかり大阪の初春を彩るイベントとして定着してきました。 きのうはオープニングで日韓合作の『道〜白磁の …

飲むのはほどほどに 日本映画『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』

飲むのはほどほどに 日本映画『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』

       (C)2010シグロ/バップ/ビターズ・エンド 忘年会の季節です。 お酒を飲む機会がめっきり多くなってきました。 昨夜は、読売新聞時代の2人の大先輩(ともにI氏)と一献傾けました。 飲ん …

心ほんのりと~珠玉のノルウェー映画『クリスマスのその夜に』

心ほんのりと~珠玉のノルウェー映画『クリスマスのその夜に』

あと2週間でⅩmasですね。 『クリスマスのその夜に』 ズバリ、素敵なクリスマス映画が公開されます。     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆ BulBul Film as &cop …

伝説的な白人と黒人の芸能コンビの生きざま~フランス映画『ショコラ~君がいて、僕がいる~』

伝説的な白人と黒人の芸能コンビの生きざま~フランス映画『ショコラ~君がいて、僕がいる~』

©2016 Gaumont / Mandarin Cinéma / Korokoro / M6 Films 今月15日、日本での映画興行120年目を迎える。 フランスのリュミエール兄弟が発明したシネマ …

新年1月にこんな講演会が京都で! 『反論!…日本「映画」事始め~』

新年1月にこんな講演会が京都で! 『反論!…日本「映画」事始め~』

拙著『大阪「映画」事始め』(彩流社)に絡み、さる12月4日、京都のおもちゃ映画ミュージアムで、『映画の渡来、120年目の真相~日本の映画発祥地は京都ではなく、大阪だった~!?』という演題でお話しさせて …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。