武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

何だか得をした気分になるベン・アフレックの監督作品『ザ・タウン』

投稿日:2011年2月5日 更新日:

朝、中之島の遊歩道をジョッギングしていました。
きょうはウツボ公園→中之島の最西端→中之島遊歩道→中央公会堂の往復コース。
1時間ほど走ったので、距離にして7~8キロはあると思います。
途中、リーガロイヤルホテルの前辺りの中之島遊歩道で、右手の堂島川を砂利舟が遡ってゆきました。
舟を操舵するおじさん(船長さん?)に視線を流すと、バッチリ眼と眼が合って、お互い思わず手を振って、「おはようさん~!」。
この経験、これまでに2度ほどありますが、めちゃめちゃ気分が爽やかになりますね。
きょうはお酒に合うオススメ本の紹介をちょっと休憩し、アメリカ映画『ザ・タウン』のエッセーをどうぞ。
     ☆     ☆    ☆     ☆     ☆  
ザ・タウン
(C) 2010 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES
監督がハリウッド俳優のベン・アフレック。
そうと知って正直、大味なアクション映画だろうとタカをくくっていた。
しかし、なかなかどうして期待をはるかに上回る犯罪ドラマだった。
自らの宿命を何とか変えようともがく男の生きざまを濃厚にあぶり出す。
アフレックが幼少期から住み慣れたボストンが舞台だ。
文化と歴史に彩られた街のイメージを覆し、「ザ・タウン」と呼ばれる犯罪多発地区での物語。
登場人物の大半がアイリッシュ系とあって、マーチン・スコセッシ監督の『ディパーテッド』(2006年)を彷彿させる。
ダグ(アフレック)は現金強奪グループのリーダー。
終身刑に処された父親から“仕事”を受け継いだ。
幼なじみの仲間もよく似た境遇だ。
狭い世界の中で、悪に染まって生きるしかない。
哀しみを伴った息苦しい閉塞感が映画全体を覆っており、映像もやけに寒々しい。
オープニングの銀行襲撃のシーンが圧巻だ。
肉迫するカメラに熱がこもる。
これは陳腐な映画ではないぞと思わせる。
犯行時、人質にとった女性行員クレア(レベッカ・ホール)にダグが恋情を抱く。
加害者と被害者。
まずあり得ない展開だが、なぜか嘘っぽく感じさせない。
よほど作品に勢いがあるからだろう。
他所からこの街に来たクレアは非常に純朴な女性で、塵芥の中に咲く一輪の花のごとく輝いていた。自分の素性を隠し、懺悔の念を胸に彼女と会うダグの心境はいかばかりか。再生を図
ろうとする彼の背中を2人の愛が押すも、仲間との絆がそれを許さない。
葛藤のドラマを奥行きのある演出力で見せ切った。
久々にアメリカ映画らしい風格をそなえた作品。
アフレックはクリント・イーストウッドの後継者になるやも知れぬ。
ふとそう思った。
2時間5分。★★★★
☆5日から全国ロードショー
(日本経済新聞2011年2月4日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中島貞夫監督、渾身の本格時代劇~『多十郎殉愛記』(12日から公開)

中島貞夫監督、渾身の本格時代劇~『多十郎殉愛記』(12日から公開)

「伊藤大輔監督の霊に捧ぐ」――。 『多十郎殉愛記』の冒頭に出てくる中島貞夫監督の言葉から、本格時代劇を撮るんだという本気度が伝わってきました。 しかも監督が20年ぶりにメガホンを取った新作とあって、否 …

これぞ21世紀のマカロニ・ウエスタン~『ジャンゴ 繋がれざる者』

これぞ21世紀のマカロニ・ウエスタン~『ジャンゴ 繋がれざる者』

めちゃめちゃ面白かった!!!   騙されたと思うて、観に行ってください。   絶対、納得しますから~(^o^)v        ☆     ☆     ☆     ☆   …

学生たちの手応え十分!!~関西大学社会学部の講義『メディア史』

学生たちの手応え十分!!~関西大学社会学部の講義『メディア史』

インドから帰って来て2日後の5月31日、関西大学社会学部メディア専攻の講座「メディア史」(2限)に登壇しました。 『日本の初期映画史~大阪と映画』 こんな演題で、映画がいかにして日本に入ってきたのか、 …

広島・アイルランド交流会で大阪弁トーク、炸裂~(@^^)/~~~

広島・アイルランド交流会で大阪弁トーク、炸裂~(@^^)/~~~

28日(土)、広島へ出向きました。 広島・アイルランド交流会からお招きを受け、市内のアイリッシュ・パブ「モーリーマローンズ」で『アイルランド~ケルト・映画・お酒……エトセトラ』と題してお話しをさせてい …

希望に向かって少年たちが疾駆する~『トラッシュ! この街が輝く日まで』

希望に向かって少年たちが疾駆する~『トラッシュ! この街が輝く日まで』

これは観させる映画でした。   子供が主人公の映画は、ともすれば嫌味っぽくなりがちですが、本作はビンビン心に響きました。   ☆     ☆     ☆     ☆     ☆   …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。