武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

ジャジャーン、今年の映画ベスト10の発表~!!!

投稿日:2011年12月15日 更新日:

恒例の映画ベスト10を発表します。
今年、大阪で公開された作品が対象です。
独断と好みで選びました。
外国映画は、イギリス映画が大健闘です!!
〈日本映画〉
奇跡
(c)2011「奇跡」製作委員会
① 奇跡(是枝裕和監督)
② 海炭市叙景(熊切和嘉監督)
③ 一枚のハガキ(新藤兼人監督)
④ 冷たい熱帯魚(園子温監督)
⑤ 大鹿村騒動記(阪本順治監督)
⑥ はやぶさ(堤幸彦監督)
⑦ 僕たちは世界を変えることができない(深作健太監督)
⑧ ハラがこれなんで(石井裕也監督)
⑨ ダンシング・チャップリン(周防正行監督)
⑩ 一命(三池崇史監督)
ワースト セカンド・バージン(黒崎博監督)
〈外国映画〉
英国王
(c)2010 See-Saw Film All Rights Reserved.
① 英国王のスピーチ(英 トム・フーバー監督)
② ミケランジェロの暗号(オーストリア ヴォルフガング・ムルンベルガー監督)
③ アリス・クリードの失踪(英 J・ブレイクソン監督)
④ イリュージョニスト(英=仏 シルバン・ショメ監督)*アニメ
⑤ エリックを探して(英 ケン・ローチ監督)
⑥ ザ・タウン(米 ベン・アフレック監督)
⑦ 家族の庭(英 マイク・リー監督)
⑧ ゴーストライター(仏=蘭=英 ロマン・ポランスキー監督)
⑨ ビューティフル(スペイン=メキシコ アレハンドロ・ゴンザレス監督)
⑩ トゥルー・グリット(米 ジョエル&イーサン・コーエン監督)
ワースト ハング・オーバー(米 トッド・フィリップス監督)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

笑わせる高度な会話劇~『セトウツミ』

笑わせる高度な会話劇~『セトウツミ』

大阪人が2人寄れば、お笑いが生まれる。 まさにそれを地でいく映画。 高校2年生の男子生徒2人が座ったまま平坦な無駄話を続ける様子をありのままに映し出す。 脱力系の面白さが際立ち、ひと味違った青春グラフ …

今年の邦画ベストワン~!? 『ぼくたちの家族』

今年の邦画ベストワン~!? 『ぼくたちの家族』

©2013「ぼくたちの家族」製作委員会 これ、ひょっとしたら今年の邦画ベストワンになる可能性が大です。   迷うことなく、★★★★★をつけました~(^_-)-☆   ☆     ☆ …

心の闇を容赦なくあぶり出す~日本映画『怒り』(17日公開)

心の闇を容赦なくあぶり出す~日本映画『怒り』(17日公開)

信じることの難しさ、増長する不信感、信じられなくなった時のやるせなさ(罪悪感?)。   対人関係の根底を揺るがすテーマにミステリー仕立てで斬り込んだ。   心の闇に容赦なく迫る映像 …

瀬戸内寂聴の半自伝的小説の映画化~『夏の終り』

瀬戸内寂聴の半自伝的小説の映画化~『夏の終り』

(C)2012年 映画「夏の終り」製作委員会涼しくなったと喜んでいたら、昼前から気温が上がってきました。 それでも一時の酷暑を思えば、楽チン、楽チン~(^o^)v そろそろ夏が終わるんやと勝手に思い込 …

昭和の一断面~映画『11.25 自決の日 三島由紀夫と若者たち』

昭和の一断面~映画『11.25 自決の日 三島由紀夫と若者たち』

三島由紀夫の映画が今日から封切られています。 いろんな意味で、興味深い作品でした。 ぼくには非常に懐かしい事件でしたが……。      ☆     ☆     ☆     ☆     ☆ © …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。