武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

いきなり533人の父親に~!? カナダ映画『人生、ブラボー!』

投稿日:2013年2月1日 更新日:

こんな映画があってもいいと思います。

 

後味がめちゃめちゃいいもの。

 

     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

(C) 2010 DIMS Film, LLC. All Rights Reserved.

 ダメ男を主人公にしたドラマは存外に多い。

 

しかしこんな形で再生する姿を描いた映画は観たことがない。

 

テーマは父親。ラストに近づくにつれ、加速度的に心がほんわかとしてくる。

 

珠玉のカナダ映画。

 

42歳の独身男ダヴィッド(パトリック・ユアール)が23年前、報酬ほしさに提供した精子によって、533人の子供を誕生させたことが判明。

 

さらに彼らの一部から父親の身元開示の訴訟を起こされ、正体を明かしたくないと裁判で争う。

 

何と奇抜な物語。

 

驚天動地の事実にうろたえ、遺伝子上の子供たちを敵に回すのだから、心中いかばかりか。

 

映画はしかし、シリアスさをかなりそぎ落とし、主人公の心の移ろいに焦点を当て、終始、プラス志向で捉える。

 

この人物が徒者でないところがミソだ。

 

自堕落な生活を送り、借金まみれで、家族内でも浮いている。

 

しかも妊娠した恋人ヴァレリー(ジュエリー・ル・ブルトン)から、父親になってほしくないと宣告される。

 

最悪な時に子供たちの存在を知らされ、否が応でも父親であることを認識させられる。

 

このパラドックスがたまらなくおかしい。

 

役者志望の青年、薬物依存の少女、重度の障害者……。

 

自分のDNAを受け継ぐ若者たちに素性を隠し、彼ら1人1人に会っていく。

 

そのプロセスが笑いと涙を誘い、予期せぬ結末へと引っ張っていく。

 

キーワードは父性愛に基づく人の絆。

 

極めて楽天的な展開だが、きちんと着地点を設けているところに好感が持てる。

 

後半はあっと言う間に過ぎ去った。

 

オリジナル脚本を書いたケン・スコット監督の人間をとことん信じる眼差しが随所で生かされていた。

 

まさに人生讃歌。

 

母性重視の映画が少なくないが、父性力も捨てたものではない。

 

そう思わせる1作だった。

 

1時間50分

 

★★★★(見逃せない)

 

☆2日からシネ・リーブル梅田で公開

 

(日本経済新聞2013年2月1日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

 

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

特別展示会『高倉健』&キネマ旬報に掲載された拙著の書評~(^_-)-☆

特別展示会『高倉健』&キネマ旬報に掲載された拙著の書評~(^_-)-☆

ゴールデンウイークの後半突入。 今日の午後は梅田から阪神電車に乗り、阪神vsDeNA戦が気になる(?)甲子園を通りすぎて香櫨園に向かいました。 西宮市大谷記念美術館で開催中の追悼特別展『高倉健』を鑑賞 …

破滅へとひた走る~『紙の月』

破滅へとひた走る~『紙の月』

テレビドラマで話題になった『紙の月』。   映画版は、独特な味付けが施されていますよ。   ☆     ☆     ☆     ☆     ☆                    …

なんと黒人刑事がKKKに潜入捜査!~『ブラック・クランズマン』(22日~公開)

なんと黒人刑事がKKKに潜入捜査!~『ブラック・クランズマン』(22日~公開)

ブラック・ムービー(黒人映画)の旗手、スパイク・リー監督が渾身の力を込めて撮った犯罪サスペンス。 約半世紀前の物語とはいえ、人種や宗教で分断が進むアメリカの今を浮き彫りにしている。 この監督初のアカデ …

昨夜、ブックカフェ「ワイルドバンチ」でのトークイベント、大盛況でした~(^_-)-☆

昨夜、ブックカフェ「ワイルドバンチ」でのトークイベント、大盛況でした~(^_-)-☆

昨夜は、リニューアルオープンした大阪・天六(天神橋筋六丁目)のブックカフェ「ワイルドバンチ」でこけら落としのトークイベントを務めました。 拙著『ウイスキー アンド シネマ』Vol1.2(淡交社)に書か …

昨夜、「TOHOシネマズなんば」でトークショー~(^_-)-☆

昨夜、「TOHOシネマズなんば」でトークショー~(^_-)-☆

昨夜は大阪・ミナミの「TOHOシネマズなんば」のSELECTルームでトークショーをしました。 戎橋筋商店街主催「春の体験博」映画特別上映会のプレ・イベントで、招待された方々を前にして、短い時間でしたが …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。