武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

ケルト

ピクトの摩訶不思議な世界にのめり込んで~

投稿日:2011年10月27日 更新日:

ピクトの石
不思議な石でしょう。
これ、英・スコットランドの先住民といわれるピクト人が6~7世紀に造ったものです。
文様や図像が描かれているので、シンボル・ストーンと呼ばれています。
こういう石がスコットランドに200ほど点在しているんです。
ピクト人はケルト語を話していたようで、その意味ではケルト人といえるのですが、わからないことが多く、「謎の民族」と言われています。
昨年夏、そのピクト人の足跡を求め、スコットランドを縦断してきました。
シンボル・ストーンも各地で目にしました。
写真は、東部アンガス地方のアバレムノという田舎に立っていたモノです。
ヘビやら、円盤やら、Z字の線やら、手鏡やらが彫られています。
何のためにこんなデザインを石に刻んだのか???
それがいまだに解明できていません。
ミステリアス~。
シンボル・ストーンを眺めていると、独特な小宇宙に吸い込まれいく、そんな気がしてくるんですよ。
昨年来、ギターやランニングなどにエネルギーを注ぎ過ぎて、スコットランドの「ケルト」の本質ともいうべきピクトのことをおろそかになっていました。
反省!!
秋口から再び、ピクトに関する資料を読み解いたりして、少しずつ執筆のモチベーションを高めつつあります。
スコットランドにおける中世の前半は「暗黒時代」と呼ばれており、歴史的に欠落しているところが多々あります。
その時期こそがピクト人の時代だったので、正直、まとめるのがやっかいです。
でも、そのうち1冊の本になると思っています。
その前にハーフ・マラソンとライヴが控えていますが……。
絶対に本にします。
決意表明です(笑)。

-ケルト

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドイツ「ケルト」紀行(6)

ドイツ「ケルト」紀行(6)

京阪電車の特急や~!? フランス国境に近いドイツ南西部のカールスルーエ(Karlsruhe)の街に来ると、親近感を覚える路面電車が走っていました~(^-^) ヨーロッパの街では路面電車が市民の足として …

最新刊『ビジュアル版 ヨーロッパ「ケルト」紀行』上下巻、まもなく刊行!

最新刊『ビジュアル版 ヨーロッパ「ケルト」紀行』上下巻、まもなく刊行!

「いつ出るんですか~?」 いろんな人からよく尋ねられていたぼくの最新刊『ビジュアル版 ヨーロッパ「ケルト」紀行』上下巻(彩流社)が、今月16日以降、同時に書店に並ぶ予定です。 足かけ10年にわたる「ケ …

新著『ヨーロッパ古代「ケルト」の残照』が紹介されました!

新著『ヨーロッパ古代「ケルト」の残照』が紹介されました!

新刊『ヨーロッパ古代「ケルト」の残照』(彩流社)の紹介記事が、先日、古巣新聞社(読売新聞大阪本社)の本日夕刊に載りました。 元同僚の文化部N記者、ありがとさんです~ 読売新聞大阪本社 10月22日付夕 …

27日~8月11日、「ケルト」の取材でフランス南西部を巡ってきます。

27日~8月11日、「ケルト」の取材でフランス南西部を巡ってきます。

天神さん(天神祭)が終わり、いよいよ夏本番です。   今日も朝から酷暑……”(-“”-)”   ライフワークの「ケルト」の取材で、明 …

9月初旬、古代ケルト(ケルト=イベリア)を探りにスペインに行きます~(^_-)-☆

9月初旬、古代ケルト(ケルト=イベリア)を探りにスペインに行きます~(^_-)-☆

1995年に新聞社を辞めてから、毎年、欠かさず敢行してきた「ケルト」取材旅行。 今年は大きな仕事(「大阪の映画」の本出版)を抱えており、その取材旅行を断念せざるを得ない状況に追い込まれていましたが、何 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。