武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

飲むのはほどほどに 日本映画『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』

投稿日:2010年12月9日 更新日:

酔いサブ
       (C)2010シグロ/バップ/ビターズ・エンド
忘年会の季節です。
お酒を飲む機会がめっきり多くなってきました。
昨夜は、読売新聞時代の2人の大先輩(ともにI氏)と一献傾けました。
飲んでも、市川海老蔵のようなな絡み酒はゆめゆめタブーです。
気分よく酒盃を傾けましょう。
お酒に呑まれずに~!
でもお酒に呑まれる人は結構、多いようです。
この映画の主人公のように。
日経新聞に書いた映画エッセーです。
     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆
『酒とバラの日々』(1962年)、『リービング・ラスベガス』(95年)……。
アルコール依存症の人間を主人公にした映画には陰鬱な重さがつきまとう。
本作はしかし、闘病の様子を軽妙に描いており、実に爽やかな印象を与える。
それは家族の絆をしっかりと見据えているから。
原作は3年前、42歳で他界した戦場カメラマン鴨志田穣の同名小説。
元妻のマンガ家、西原理恵子と2人の子供とのふれ合いを綴った自伝的な内容で、東陽一監督が映画化した。
西原もカメオ出演している。
塚原(浅野忠信)は典型的なアルコール依存症患者。
意志が弱く、飲酒で苦い経験を繰り返しているのに、懲りずに酒に溺れ、やがて専門病院に入院させられる。
そこで風変わりな患者たちとの出会いによって、妙な安堵感を覚える。
閉ざされた異質な空間とはいえ、人間観察という形を取っているので、飽きさせない。
ダメ男と言い切れる塚原だが、根は謙虚で愛想が良く、憎めない。
とにかく優しい。
主治医にぼそぼそと失敗談を話す姿には愛おしさすら感じる。
このキャラクターは浅野の飄々とした演技に負うところが大きい。
何だか自然体で演じているかのよう。
そんな男だから、酒による暴力が原因で別れたマンガ家の由紀(永作博美)は何かと気にかけ、彼女が引き取った息子と娘も父親に愛情を注ぎ続ける。
そのことが病を克服する力、いや生きる礎になっており、映画はそこをじんわりと突いてくる。
気がつけば、どこを取っても家族の物語といった具合。
彼には帰る場所があった。
しかもすこぶる居心地が良い。
こんな幸せ者はいない。
酔いメイン
     (C)2010シグロ/バップ/ビターズ・エンドそう思わしめるラストシーンはやや予定調和的だが、家族そろって手をつなぐ姿は理屈抜きにほほ笑ましい。
1間58分
★★★ (見応えあり)
(日本経済新聞2010年12月3日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)
☆公開中

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

心に染み入る映画~『愛、アムール』

心に染み入る映画~『愛、アムール』

今年のアカデミー賞の外国語映画賞を受賞した珠玉の作品です。   フランス語でありながら、作品賞(英語の作品)にもノミネートされていました。   テアトルシネマグループ(テアトル梅田 …

愛すべき〈大阪映画〉、『ねばぎば新世界』が10日から公開~(^_-)-☆

愛すべき〈大阪映画〉、『ねばぎば新世界』が10日から公開~(^_-)-☆

「梅に鶯、松に鶴、牡丹に唐獅子、勝吉いうたら、このコオロギでっせ!」 勝新太郎と田宮二郎のコンビによる任侠映画の金字塔『悪名』を彷彿とさせる、痛快作『ねばぎば新世界』が10日から順次公開されます。 と …

第7回大阪アジアン映画祭が開かれています

第7回大阪アジアン映画祭が開かれています

アジアの最新映画を紹介する大阪アジアン映画祭がきのう開幕しました。 今年で7回目。 すっかり大阪の初春を彩るイベントとして定着してきました。 きのうはオープニングで日韓合作の『道〜白磁の …

ラヴ・ロマンス映画ベスト10~

ラヴ・ロマンス映画ベスト10~

4月1日。新年度のスタートです。 32年前のきょう、グータラ大学生だったぼくが新聞社に入った日です。 入社式ではちょっぴり緊張していましたが、まぁ、なんとかなるやろと開き直ってもいました。実際、なんと …

ホロコーストを生き延びたユダヤ人老人の故郷へのロードムービー『家(うち)へ帰ろう』(今日から公開)

ホロコーストを生き延びたユダヤ人老人の故郷へのロードムービー『家(うち)へ帰ろう』(今日から公開)

けさ、ABC朝日放送テレビの朝のワイド番組『おはよう朝日 土曜日です』にゲスト出演してきました。 お正月のおススメ映画の解説。 5本取り上げましたが、最後に熱っぽく語った映画が本作でした。       …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。