武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

先輩の新著『軍靴とタカラヅカ~鳴り続けたアメリカ生まれのピアノ』

投稿日:2011年7月15日 更新日:

DVC00003
京の祇園祭が始まり、いよいよ夏本番ですね。
今夜は昔の記者仲間と鴨川の床で一献を傾けます。
京都新聞のTさんとは29年ぶりの再会となり、今からうきうきしています。
さて、読売時代の先輩、松本順司さんから1冊の本が贈られてきました。
『軍靴とタカラヅカ~鳴り続けたアメリカ生まれのピアノ』(新風書房、定価=本体1500円+税)。
「第二次世界大戦中、タカラヅカの住宅街の一角で、定期的にアメリカ生まれのグランドピアノによるサロンコンサートが開かれていた。ある日、憲兵に踏み込まれた」
本の帯にはこんな文章が記されています。
西洋音楽を聴く、ピアノを弾くなど“非国民”だと罵倒され、強制連行されても文句の言えない時代。
しかし兵庫県の宝塚には、歌劇によって育まれた音楽と芸術を愛する環境があったそうです。
本著は、ピアニストを夢見るひとりの少年の生きざまにそういう時代の空気を投影させた物語です。
松本さんは10年がかりでこつこつと取材を重ね、ドキュメンタリー小説の形で世に発表しはりました。
ぼくより9歳上。
新聞社を定年退職されてから、歴史の陰に埋もれた人物を中心に小説を書き綴ってはります。
「今回は出版化するのに苦労しました。震災の影響でインクや紙が乏しくなり、出版社が渋って……。でも書きたいテーマはまだまだいっぱいあります。頑張りますわ」
電話でお礼を言うと、受話器の向こうから元気な声が聞こえてきました。
何だかうれしくなりました。
執筆活動に対してすごく燃えてはるのがわかったから。
大いに刺激になりました。
さっそくページを繰ろうと思うています。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『あまから手帖』と『季刊酒文化』に掲載されました~(^_-)-☆

『あまから手帖』と『季刊酒文化』に掲載されました~(^_-)-☆

サンボア100周年記念祝賀会から帰宅すると、2冊の雑誌が届いていました。 1つは大人の愉しい食マガジン『あまから手帖』(2018年3月号)。 その中の「食な人(foodist)」というページにぼくのイ …

『探検! 発見! 関西の近代化遺産』

『探検! 発見! 関西の近代化遺産』

『探検! 発見! 関西の近代化遺産』 明治安田生命「関西を考える会」が作成した冊子が届きました。   明治以降、産業・交通・土木に関する建造物について、学識者によるアンケートの回答をまとめた …

『ウイスキー アンド シネマ』のトークライブ~(^^♪

『ウイスキー アンド シネマ』のトークライブ~(^^♪

昨夜は堺・中百舌鳥のバーWhisky Catで拙著『ウイスキーアンドシネマ』(淡交社)の発刊トークライブでした。   25年来、おつき合いのあるマスター大谷さんの計らいで実現しました。   おおきに、 …

教え子との再会、バーでの極上のお祝い、喜ばしいメール……。

教え子との再会、バーでの極上のお祝い、喜ばしいメール……。

昨夜(10月7日)はなかなか刺激的なひと時を過ごしました。   今春、関西大学を卒業した教え子のさんちゃん(趙相宇=チョウ・サンウ)と梅田で一献傾けました。 JP9期生の彼は韓国人ですが、日 …

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(11)

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(11)

【今読んでおきたい本】 『剣の天地』 池波正太郎 *新潮文庫 1979年 家来の命を救うため、あっさりと自分の城を捨てたあと、剣士としてその道を極め、新陰流の創始者となる。 木刀では怪我を負うと、竹刀 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。