武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

少女が引っ張る西部劇『トゥルー・グリット』

投稿日:2011年3月26日 更新日:

トゥルーグリット
(c)2010 PARAMOUNT PICTURES.All Rights Reserved.
東日本大震災・大津波の影響は、映画界にも波及しています。
洞窟に閉じ込められ、水の中を脱出するアクション『サンクタム』が公開延期になったり、手塚治虫の代表作をアニメで再現した『ブッダ』(5月28日公開)の中で津波のシーンがカットされたり……。
この『トゥルー・グリット』の原稿は、先週金曜の日経新聞夕刊に掲載されるはずでしたが、1週遅れて昨日載りました。
確かに、こういう時に映画なんて浮世離れしていると思われるでしょう。
でも、こういう時だからこそ、文化・芸術・娯楽は元気を与える素になりそうな気もします。
     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆
少女が物語をぐいぐい引っ張る。
それも一途な復讐心と正義心に基づき、一筋縄でいかない2人の男を従えるのだから、面白くないはずがない。
こんな西部劇があってもいい。
監督はジョエルとイーサンのコーエン兄弟。
農場主の父親を殺された14歳の娘マティ(ヘイリー・スタインフェルド)が、犯人を捕まえるため、隻眼の連邦保安官ルースター(ジェフ・ブリッジス)を雇う。
「真の勇気」(トゥルー・グリット)を持つといわれる男だが、それがどうしようもない飲んだくれ。
ブリッジスは昨年、アカデミー賞主演男優賞を受賞した『クレイジー・ハート』とよく似た役どころで怪演ぶりを披露している。
しかしそれを上回るのが全くの新人スタインフェルドの熱演だ。
健気で真っ直ぐな気持ちをぶつけ、ルースターの心をつかむ気骨ある少女になりきった。
凄まじい気迫が彼女から伝わってくる。
2人は反発しながらも、先住民居留区に逃走した犯人を追跡する。
そこにテキサス・レンジャーの青年(マット・デイモン)が加わる。
実によく喋る人物で、自分の仕事に過剰なほど誇りを持ち、終始、粋がっていて、笑わせる。
異質な3人組とあって当然、不協和音が生じるが、なぜか心地良い。
この物語は、ジョン・ウェイン主演で「勇気ある追跡」という邦題で1969年に映画化された。
それと比べると、マティの存在感が際立つ。
本当の勇気とは何かを知った彼女の体験記とも言える。
それを象徴するルースターのひたむきな行動が強烈に脳裏に焼きつく。
ひねりの利いた演出が信条のコーエン兄弟だが、本作はストレートに描き切った。
冬の夜空の下で繰り広げられる決闘なんぞ本格西部劇そのもの。
ただ、まっとうすぎて、正直、やや物足りなさを感じたが……。
1時間50分。
★★★
(日本経済新聞2011年3月25日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)
☆公開中

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

妖しげな2人劇~『毛皮のヴィーナス』

妖しげな2人劇~『毛皮のヴィーナス』

好きか嫌いか、はっきり差が出る映画だと思います。   ぼくははまった!   参ったなぁ、こんな映画を撮るなんて……。   ☆     ☆     ☆     ☆      …

超パワフルな時代劇アクション~『十三人の刺客』

超パワフルな時代劇アクション~『十三人の刺客』

大阪地検特捜部の主任検事によるデータ改ざん、尖閣諸島沖の中国漁船との衝突事件……、何やらきな臭い出来事が相次いでいますね。 ふたつの事案ともまずは真相究明が先決だと思います。 じっくり腰を据えて、取り …

映画カルチャー講座を終えました

映画カルチャー講座を終えました

何事も始まりがあれば、終わりがあります。 18年間続けてきたサンケイ・リビングカルチャー倶楽部の映画講座が今日(3月2日)をもって終了しました。 あれこれとやりたいことが増え、時間的に厳しくなり、誠に …

心地よい奇妙な出会い~日本映画『キツツキと雨』

心地よい奇妙な出会い~日本映画『キツツキと雨』

役所広司、大好きな俳優のひとりです。 ぼくより2つ年下。 なぜか親近感が湧きます。 この『キツツキと雨』では、彼しかできない演技を見せていますよ!      ☆     ☆     ☆     ☆   …

今風のお葬式映画~『おじいちゃん、死んじゃったって。』11月4日~テアトル梅田で公開

今風のお葬式映画~『おじいちゃん、死んじゃったって。』11月4日~テアトル梅田で公開

まさに拾い物の映画でした。 ほぼ無名に近い34歳の森ガキ侑大監督がオリジナル脚本でここまで深く人間を掘り下げるとは…………、びっくりポンでした~! 現代の家族模様をきちんと見据えてはります。 拙稿を掲 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。