武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

『サイレント映画とピアノ演奏上映の魅力を語り合う』座談会

投稿日:

昨日(12月1日)は「映画の日」でした。

 

『サイレント映画とピアノ演奏上映の魅力を語り合う』

 

こんなテーマで、夕方から天六(天神橋筋六丁目)にある映画文化の発信地、ブックカフェ「ワイルド・バンチ」さんで座談会をしてきました。

右が鳥飼さん、左がオオモリさん

 

メディア向けの内々のイベントです。

 

対談者は、サイレント映画のピアノ演奏をしている鳥飼りょうさん、サイレント映画好きなディズニー映画公認のイラストレーター、カズ・オオモリさん。

 

12月12、13日にテアトル梅田で、鳥飼さん演奏のサイレント映画上映会があり、その前降りです。

 

オオモリさんが作成されたそのポスターが何とも素敵でした~!!

 

5日の10時から予約サイトを開設するようです。

 

映画ライターの江口由美さんが、映画専門WEBマガジン「シネマジカル」で詳細にリポートを書いてはります。

 

サイレント映画上映会@テアトル梅田、ディズニー公式イラストレーター、カズ・オオモリによるポスター解禁!マスコミ座談会で鳥飼りょう(楽士)、武部由伸(エッセイスト)とサイレント映画の魅力を語る。 | Cinemagical シネマジカル (themedia.jp)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アニメ映画『ジョゼと虎と魚たち』の制作会社ボンズの南社長とのインタビュー原稿

アニメ映画『ジョゼと虎と魚たち』の制作会社ボンズの南社長とのインタビュー原稿

25日から公開の『ジョゼと虎と魚たち』。   そのアニメ映画を手がけた制作会社ボンズの南雅彦社長とのインタビュー原稿が、映画ファンのための感動サイト「シネルフレ」で掲載されました。 どうぞご …

渾身のドキュメンタリー大作『東京裁判』、36年ぶりにリフレッシュして甦ります!!

渾身のドキュメンタリー大作『東京裁判』、36年ぶりにリフレッシュして甦ります!!

8月になると、「戦争」関連のイベントや映画、ドラマが目立ってきますね。 あの戦争を風化させないためには、せめてこの時期だけでもリフレインするのはいいことだと思います。 そんな中、巨匠・小林正樹監督の渾 …

ケン・ローチ監督の最新作『わたしは、ダニエル・ブレイク』

ケン・ローチ監督の最新作『わたしは、ダニエル・ブレイク』

© Sixteen Tyne Limited, Why Not Produc@ons, Wild Bunch, Les Films du Fleuve,Bri@sh Broadcas@ng Corpo …

仲代逹矢と向き合った映画~『海辺のリア』(3日から公開)

仲代逹矢と向き合った映画~『海辺のリア』(3日から公開)

仲代達矢、84歳。 日本を代表する名優をそのまま描いた映画。 題名のごとく、シェークスピアの悲劇『リア王』をモチーフに渾身の演技が披露される。 超高齢化社会の一断面を切り取った家族ドラマでもある。 ( …

映画興行120年目(2月15日)、刺激的な1日になりました~(^_-)-☆

映画興行120年目(2月15日)、刺激的な1日になりました~(^_-)-☆

昨日、2月15日は、日本で初めて映画興行が催されてちょうど120年目でした。   明治30(1897)年2月15日~28日、南地演舞場(現在のTOHOシネマズなんばが入る東宝南街ビル、なんば …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。