武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

日記

おおさかシネマフェスティバル&絶滅危惧。風景

投稿日:2011年3月5日 更新日:

花粉が飛びまくっているきょう、馬場町のNHK大阪放送局に隣接した大阪歴史博物館までチャリで向かい、時代劇映画『大坂城物語』を鑑賞しました。
きょうから始まった大阪アジアン映画祭の一環として開かれた「おおさかシネマフェスティバル」の上映作です。
といっても、大昔の映画。
1961年(昭和36年)、稲垣浩監督による東宝作品です。
大坂の陣を題材にした、いささか荒唐無稽な内容でしたが、三船敏郎、香川京子、久我美子、山田五十鈴らの若き姿を拝むことができ、それなりに意味がありました。
これも、ぼくがテーマにしている大阪映画ですし。
今年は、大阪城天守閣復興80周年とか。
それを記念しての上映で、もう1本は大映製作の『大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン』(1966年)でした。
この映画も大阪城が決戦の場となります。
これまで3回ほど観ているので、こちらはパスしました。
DVC00035
映画祭からの帰り、心斎橋の大阪市立近代美術館心斎橋展示室に寄って、『絶滅危惧。風景』と題する展示会(21日まで)を観てきました。
昔ながらの大阪を宿す新世界・西成の街を若手アーティストが独特な感性で切り取っていました。
意外性があり、面白い造形物がいろいろ展示されていましたが、作り手が大阪人でないのも意外でした(☆_☆)
街が面白いんやのぅて、そこに住む人が面白いんや。
つくづくそう実感しました。

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

90歳の母との別れ……

90歳の母との別れ……

母親(武部多賀子)が4日朝方、入院先の岡山の病院で永眠しました。 享年、90。大往生でした。   大阪・玉造の小さな印刷屋の「お嬢さん」として生まれた生粋の浪花っ子。 母の父親(祖父)が経営 …

清水谷高校陸上部同期+1期下の会

清水谷高校陸上部同期+1期下の会

これ、高校時代の陸上部の練習風景。 速そうに見えるでしょう。 でもそんなに速くないです。 確かバテバテでした……(☆_☆) 写真部員が激写してくれたと記憶しています。 青春の思い出がいっぱい詰まった大 …

卒業式……。みんな、大いに羽ばたけ~!!

卒業式……。みんな、大いに羽ばたけ~!!

春めいた3月19日。今日は、ぼくが非常勤講師を務めている関西大学の卒業式でした。教え子たち(社会学部マスコミュニケーション学専攻)の晴れ晴れとした表情を眼にし、胸が熱くなりました。みんな、ほんまにええ …

毎日新聞にドカーンと載りました~♪♪

毎日新聞にドカーンと載りました~♪♪

今日の毎日新聞n朝刊、カラーの顔写真付きで、新著『ウイスキー アンド シネマ』(淡交社)の紹介記事が掲載されました。   まさかこんな風に載るとは思わなかったので、びっくりです! &nbsp …

叔父と伯母の死を悼んで……

叔父と伯母の死を悼んで……

叔父と伯母を同時に亡くしました。   叔父は亡きオヤジさんの弟で、享年87。   叔母はオヤジさんの兄嫁で、享年91。   奇しくも、2人とも22日に鬼籍に入りました。 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。