武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

『スペインのガリシアを知るための50章』

投稿日:2011年3月7日 更新日:

ガリシア
『スペインのガリシアを知るための50章』という本が出版元の明石書店から届きました。
ガリシアはスペイン北西部に位置する地方。
古代ケルトをルーツにしている、スペイン国内でも異色の地です。
そのガリシアを、文化、生活、言語、歴史、政治、経済などあらゆる角度から50章に分けて解説したのが本書です。
ぼくは、歴史の第5章「ケルト時代のガリシア--ガラエキ族の定住地」とコラム「ガリシアのケルト遺跡をめぐって」を執筆しました。
過日、ご紹介した『スペイン文化事典』(丸善出版)に次いで、またもスペイン系の本です。
かくもスペインと縁が深くなるとは思ってもみませんでした。
編者の先生から、「ケルトなら武部さん」とぼくに白羽の矢を立ててくださったのが、何よりもうれしいです。
書店にはもう並んでいると思います。
ご興味のある方、どうぞ本書を手にとってください。
300ページ。
定価=本体2000円+税。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ちょうど20冊目になるんです~!!

ちょうど20冊目になるんです~!!

新刊のことばかりで申し訳ないです。 きょう、書店に並んでいました。 正直、うれしいです。 思わず、1冊買ってしまった!!(笑) 新聞記者時代の1990年に自費出版した『スコットランド気まま旅』から数え …

古巣新聞社の同期、井手裕彦さんが渾身の1作、『命の嘆願書』を上梓しました!

古巣新聞社の同期、井手裕彦さんが渾身の1作、『命の嘆願書』を上梓しました!

何が彼をそうさせたか――。 戦前の名作映画『何が彼女をそうさせたか』(1930年、帝キネ)をもじったわけではありません。 彼が執筆した『命の嘆願書 モンゴル・シベリア抑留日本人の知られざる物語を追って …

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(6)

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(6)

【あの頃の気持ちを懐かしむ本】 『真実のビートルズ・サウンド』 川瀬泰雄 *学研新書 2008年 ビートルズに関する本が出ると、もうダメだ。 すぐに手が出てしまう。 ぼくはビートルズ世代の少しあとだが …

大阪・新地のバーUKでのトークショー『銀幕に映えるウイスキー』(12月22日)、早くも予約で満席~!!

大阪・新地のバーUKでのトークショー『銀幕に映えるウイスキー』(12月22日)、早くも予約で満席~!!

新著『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)が11月初旬に刊行されますが、それにちなんだイベントがいくつも企画されています。 その中のひとつが、大阪・北新地のバーUKでのトー …

慈悲の心に満ちあふれた詩集『ぞうきん』

慈悲の心に満ちあふれた詩集『ぞうきん』

  なんやろ、この優しさと温かさは……。   河野進さん(1904~90年)の詩集『ぞうきん』(幻冬舎刊)を開くや、得も言われぬ安堵感に包まれました。   牧師として、半世紀以上もハンセン病療養所で慰 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。