武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

『スペインのガリシアを知るための50章』

投稿日:2011年3月7日 更新日:

ガリシア
『スペインのガリシアを知るための50章』という本が出版元の明石書店から届きました。
ガリシアはスペイン北西部に位置する地方。
古代ケルトをルーツにしている、スペイン国内でも異色の地です。
そのガリシアを、文化、生活、言語、歴史、政治、経済などあらゆる角度から50章に分けて解説したのが本書です。
ぼくは、歴史の第5章「ケルト時代のガリシア--ガラエキ族の定住地」とコラム「ガリシアのケルト遺跡をめぐって」を執筆しました。
過日、ご紹介した『スペイン文化事典』(丸善出版)に次いで、またもスペイン系の本です。
かくもスペインと縁が深くなるとは思ってもみませんでした。
編者の先生から、「ケルトなら武部さん」とぼくに白羽の矢を立ててくださったのが、何よりもうれしいです。
書店にはもう並んでいると思います。
ご興味のある方、どうぞ本書を手にとってください。
300ページ。
定価=本体2000円+税。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

慈悲の心に満ちあふれた詩集『ぞうきん』

慈悲の心に満ちあふれた詩集『ぞうきん』

  なんやろ、この優しさと温かさは……。   河野進さん(1904~90年)の詩集『ぞうきん』(幻冬舎刊)を開くや、得も言われぬ安堵感に包まれました。   牧師として、半世紀以上もハンセン病療養所で慰 …

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(3)

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(3)

【身も心も休まる本】 『水木サンの幸福論 妖怪漫画家の回想』 水木しげる *日本経済新聞社 2004年   今や注目の漫画家が、世界中の幸福な人、不幸な人を観察してきた体験から、ユニークな「幸福の七カ …

隆祥館書店でウイスキーのトークセッション、無事に終了~(^_-)-☆

隆祥館書店でウイスキーのトークセッション、無事に終了~(^_-)-☆

  昨夜、大阪・谷町6丁目の町の本屋さん「隆祥館書店」で開かれた『ウイスキーを楽しむ』トークセッションは成功裏に終わりました~(^^♪ 約30人の参加者を前に、美人の同店専務、二村さんの司会 …

アーサー王伝説の研究者から学術書を謹呈~!

アーサー王伝説の研究者から学術書を謹呈~!

先日、まだ一度もお目にかかったことのない中央大学の渡邉浩司教授から貴重な学術書『アーサー王伝説研究 中世から現代まで』(中央大学出版部)が出版社を介して贈られてきました。 ぼくの新刊『ヨーロッパ古代「 …

新著『ヨーロッパ古代「ケルト」の残照』、上梓しました!

新著『ヨーロッパ古代「ケルト」の残照』、上梓しました!

新著『ヨーロッパ古代「ケルト」の残照』(彩流社)が手元に届きました~ 22冊目の自著です。 ライフワークの「ケルト」に焦点を絞った本では、これで14冊目になります。 新聞社を辞めた25年前からヨーロッ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。