武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(7)

投稿日:2011年2月1日 更新日:

2月に突入。
きょうからプロ野球のキャンプインです。
うきうきする反面、今年も12分の1が過ぎ去ってしまったと思うと、ちと焦りも~??(゜Q。)??
さて、オススメ本の7回目です。
【いつまでも記憶に残る本】
『蝉しぐれ』 藤沢周平
*文藝春秋(第8刷) 1990年
本(8)
藤沢文学の最高峰といわれる。
数ある時代小説の中でも、群を抜いてレベルが高い。
政変に巻き込まれた父が反逆罪で死罪となり、家禄を減らされる。
そんな逆境の中、たくましく、かつ清廉に生き抜く息子、文四郎の姿に言いようもなく共感する。
隣家の娘ふくとの淡い恋が心に染み入り、主人公の成長とともにクライマックスを迎える。
よどみのない見事な展開。
切なさに胸が昂ぶる。詩情豊かな描写に酔わされる。
何よりも馥郁とした読後感がたまらない。
滋味深いシングルモルト、例えばタリスカー10年を味わったあとの余韻と似ているような。

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(3)

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(3)

【身も心も休まる本】 『水木サンの幸福論 妖怪漫画家の回想』 水木しげる *日本経済新聞社 2004年   今や注目の漫画家が、世界中の幸福な人、不幸な人を観察してきた体験から、ユニークな「幸福の七カ …

南大阪・泉北ニュータウンの酒肆 BAR KANEDAでのトークライブ~(^_-)-☆

南大阪・泉北ニュータウンの酒肆 BAR KANEDAでのトークライブ~(^_-)-☆

昨夜は南大阪・和泉市にある酒肆 BAR KANEDA酒肆で新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)のトークライブでした。 トークライブは、隆祥館書店(中央区谷町六丁目)⇒ …

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(12)止

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(12)止

昨晩、3年前に関西大学を卒業した元JP1期生のN君と梅田の寿司屋さんで一献傾けました。 N君は学生時代、馬術部に入り、馬に計り知れない愛情を注いだ青年です。 今、百貨店業界で働いているんですが、将来の …

ちょうど20冊目になるんです~!!

ちょうど20冊目になるんです~!!

新刊のことばかりで申し訳ないです。 きょう、書店に並んでいました。 正直、うれしいです。 思わず、1冊買ってしまった!!(笑) 新聞記者時代の1990年に自費出版した『スコットランド気まま旅』から数え …

『写真アルバム 大阪市の昭和』、完成しました!

『写真アルバム 大阪市の昭和』、完成しました!

執筆陣の1人として関わった『写真アルバム 大阪市の昭和』(樹林舎)が完成し、先ほど贈呈本が届きました! 600枚の写真を盛り込んだ分厚い写真集です。 生まれ育った大阪の知らない風景がいっぱい載っていま …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。