武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

可愛い、可愛い赤ちゃんの映画~『Ricky リッキー』

投稿日:2011年1月24日 更新日:

こんなフランス映画、いかがですか~。
観ていて気分がホカホカしました。
リッキー画像
© Eurowide Film Production – 2008 – Tous droits réservés
ありふれた日常に何かしら変化があると、少なからずときめきを覚える。
このフランス映画はそこに焦点を当てた、誠に奇想天外な物語。
赤ちゃんが登場する映画の中ではかなりの異色作だが、幸せな空気で心を満たしてくれる。
毎日、7歳の娘リザをバイクで学校に送ったあと、工場で流れ作業につくシングルマザーのカティ(アレクサンドラ・ラミー)は単調な日々にうんざりしている。
そんな彼女が新入りのスペイン人工員パコ(セルジ・ロペス)と恋に落ち、2人の間に男の子が生まれる。
名はリッキー。
リッキー(1)
↑↑写真の男性は、フランソワ・オゾン監督
最初は見知らぬ男が居着いたことに不快感を示していた娘も、次第にパコと弟に慣れ、ごく普通の4人家族が形成されていく。
母子2人の暮らしからすれば、劇的な変化だ。
しかしここまでは序章で、このあと物語がにわかに盛り上がる。
何とリッキーに予期せぬ変調が現れたのだ。
大きな瞳をくるんくるんさせ、天真爛漫の笑みを浮かべる可愛い赤ん坊なのに、決定的に人間離れしている。
パコが家を飛び出したのもそのことが原因だった。
リッキーがどんな子なのかは明かさないでおこう。
映画館でとくとご覧あれ。
もしわが子がそうなら、親は絶望するかもしれない。
何せ見た目が他の子と違っているから。
カティも最初は戸惑い、世間から隠そうとした。
でも決して奇異の目で見ず、最愛の息子としてありのままに受け入れた。
開き直りではない。
母性がそうさせたのである。
リッキーの超人的なところにカティとリザがどんどん魅せられていく。
不機嫌極まりなかった2人が嬉々とする。
リッキーは幸福を招く宝物。
そんなふうに見据えるフランソワ・オゾン監督の眼差しはどこまでも優しい。
赤ちゃんの“演技力”には参った! 
1時間30分。
★★★
(日本経済新聞2011年1月21日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)
☆大阪・梅田ガーデンシネマで公開中

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドキュメンタリー映画『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』

ドキュメンタリー映画『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』

今日は朝からウキウキ~ なぜなら、ドキュメンタリー映画『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』の試写があるから。 そして、先ほど観ました~ 案の定、アドレナリン濃度が一気に上昇~ 1960年代後半から1 …

南北対立を重喜劇で描く~『レッド・ファミリー』

南北対立を重喜劇で描く~『レッド・ファミリー』

こういう映画は日本では撮れません。   ものすごく説得力がありました。   力作です。   ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆ & …

『武部好伸さんを囲む会』~19日(水)PM7:00~ 谷町六丁目の隆祥館書店で~!!

『武部好伸さんを囲む会』~19日(水)PM7:00~ 谷町六丁目の隆祥館書店で~!!

町の本屋さん……。   かつてはあちこちで目にしましたが、昨今、大型書店に押され、その数がめっきり減ってきました。   でも、踏ん張っている店も少なからずあります。   隆祥館書店(大阪市中央区安堂寺 …

映画の地を訪ねて~『紀ノ川』 和歌山・紀北

映画の地を訪ねて~『紀ノ川』 和歌山・紀北

朝靄に包まれ、紀ノ川を下る数艘の舟。   嫁入りに行く花(司葉子)が乗っている。   非常に優雅で幻想的な場面だ。   中村登監督作品『紀ノ川』(1966年)の冒頭は、有 …

ジャジャーン、今年の映画ベスト10の発表~!!!

ジャジャーン、今年の映画ベスト10の発表~!!!

恒例の映画ベスト10を発表します。 今年、大阪で公開された作品が対象です。 独断と好みで選びました。 外国映画は、イギリス映画が大健闘です!! 〈日本映画〉 (c)2011「奇跡」製作委員会 ① 奇跡 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。