武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(1)

投稿日:2011年1月26日 更新日:

きのうのサッカー「アジア杯」、日本VS韓国戦はめちゃめちゃ見応えありましたね。
PK戦でのGK川島の神がかり的な奮闘には恐れ入りました。
最後の最後まで諦めない韓国チームの粘りにも恐れ入りました。
恐れ入りまくって、妙に美味しいウイスキーを味わうことができ、素敵な夜でした。
さて、お酒の月刊誌『たる』2月号の特集は「本とお酒の美味しい関係」。
ぼくは12のテーマごとにオススメの本をピックアップし、簡単な書評を書かせていただきました。
本(1)
無理やり(?)、お酒にこじつけていますが……。
これから順番に載せていきたいと思っています。
まずはこれ。
【ヒラメキを与えてくれる本】
この本のことは以前、ブログで紹介しましたね(^o^)v
『侏儒の言葉』 芥川龍之介
*旺文社文庫『羅生門・鼻・侏儒の言葉 他二編』1965年
本(2)
芥川が大正12年、32歳のときに書き始めた箴言集。
「侏儒」とは「小さい人」「見識のない人」のことで、著者が自らをへりくだって言ったもの。
人生、良心、恋愛、道徳……。
いろんな用語や想念を自分なりに断定的に定義づけているのがすこぶる面白い。
「忍従はロマンティックな卑屈である」
かなり皮肉屋だ。
壁にぶち当たったとき、ぼくは日本酒の熱燗をちびちびやりながらページを繰る。必ずヒントを与えられる。
一番納得できる文言はこれ。
「人間的な、あまりにも人間的なものはたいていは確かに動物的である」
酒を嗜むこともそうなのかな?

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(12)止

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(12)止

昨晩、3年前に関西大学を卒業した元JP1期生のN君と梅田の寿司屋さんで一献傾けました。 N君は学生時代、馬術部に入り、馬に計り知れない愛情を注いだ青年です。 今、百貨店業界で働いているんですが、将来の …

大学の教え子が編んだ希望を与える本~『3.11からの夢』

大学の教え子が編んだ希望を与える本~『3.11からの夢』

『3.11からの夢』   こんなタイトルの本が出版されました。 編集したのは、ぼくの大学の教え子、末永光さんです。   彼女は2年前に関西大学社会学部マスコミ専攻を卒業し、京都の「 …

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(7)

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(7)

2月に突入。 きょうからプロ野球のキャンプインです。 うきうきする反面、今年も12分の1が過ぎ去ってしまったと思うと、ちと焦りも~??(゜Q。)?? さて、オススメ本の7回目です。 【い …

京都新聞とハヤカワミステリーマガジンの書評

京都新聞とハヤカワミステリーマガジンの書評

京都新聞(2014年3月23日付朝刊)のこの書評、なかなか酔狂で、気に入っています。   今ごろになって、ポツリポツリとメディアで紹介されています。   ハヤカワミステリーマガジン …

ちょうど20冊目になるんです~!!

ちょうど20冊目になるんです~!!

新刊のことばかりで申し訳ないです。 きょう、書店に並んでいました。 正直、うれしいです。 思わず、1冊買ってしまった!!(笑) 新聞記者時代の1990年に自費出版した『スコットランド気まま旅』から数え …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。