武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(1)

投稿日:2011年1月26日 更新日:

きのうのサッカー「アジア杯」、日本VS韓国戦はめちゃめちゃ見応えありましたね。
PK戦でのGK川島の神がかり的な奮闘には恐れ入りました。
最後の最後まで諦めない韓国チームの粘りにも恐れ入りました。
恐れ入りまくって、妙に美味しいウイスキーを味わうことができ、素敵な夜でした。
さて、お酒の月刊誌『たる』2月号の特集は「本とお酒の美味しい関係」。
ぼくは12のテーマごとにオススメの本をピックアップし、簡単な書評を書かせていただきました。
本(1)
無理やり(?)、お酒にこじつけていますが……。
これから順番に載せていきたいと思っています。
まずはこれ。
【ヒラメキを与えてくれる本】
この本のことは以前、ブログで紹介しましたね(^o^)v
『侏儒の言葉』 芥川龍之介
*旺文社文庫『羅生門・鼻・侏儒の言葉 他二編』1965年
本(2)
芥川が大正12年、32歳のときに書き始めた箴言集。
「侏儒」とは「小さい人」「見識のない人」のことで、著者が自らをへりくだって言ったもの。
人生、良心、恋愛、道徳……。
いろんな用語や想念を自分なりに断定的に定義づけているのがすこぶる面白い。
「忍従はロマンティックな卑屈である」
かなり皮肉屋だ。
壁にぶち当たったとき、ぼくは日本酒の熱燗をちびちびやりながらページを繰る。必ずヒントを与えられる。
一番納得できる文言はこれ。
「人間的な、あまりにも人間的なものはたいていは確かに動物的である」
酒を嗜むこともそうなのかな?

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

南大阪・泉北ニュータウンの酒肆 BAR KANEDAでのトークライブ~(^_-)-☆

南大阪・泉北ニュータウンの酒肆 BAR KANEDAでのトークライブ~(^_-)-☆

昨夜は南大阪・和泉市にある酒肆 BAR KANEDA酒肆で新刊『ウイスキー アンド シネマ 2 心も酔わせる名優たち』(淡交社)のトークライブでした。 トークライブは、隆祥館書店(中央区谷町六丁目)⇒ …

京都新聞とハヤカワミステリーマガジンの書評

京都新聞とハヤカワミステリーマガジンの書評

京都新聞(2014年3月23日付朝刊)のこの書評、なかなか酔狂で、気に入っています。   今ごろになって、ポツリポツリとメディアで紹介されています。   ハヤカワミステリーマガジン …

『あまから手帖』と『季刊酒文化』に掲載されました~(^_-)-☆

『あまから手帖』と『季刊酒文化』に掲載されました~(^_-)-☆

サンボア100周年記念祝賀会から帰宅すると、2冊の雑誌が届いていました。 1つは大人の愉しい食マガジン『あまから手帖』(2018年3月号)。 その中の「食な人(foodist)」というページにぼくのイ …

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(2)

お酒を飲みながら読むのにオススメする本(2)

【10年後に読み返したい本】 『坂の上の雲』 司馬遼太郎 *文春文庫(1)~(8)1999年 「まことに小さな国が、開化期をむかえようとしている」 魅惑的なフレーズで始まる著者の代表的な …

読みごたえバッチリ、『映画で語るアイルランド 幻想のケルトからリアルなアイルランドへ』

読みごたえバッチリ、『映画で語るアイルランド 幻想のケルトからリアルなアイルランドへ』

『映画で語るアイルランド 幻想のケルトからリアルなアイルランドへ』(論創社、定価:本体3000円+税)。 映画とアイルランドをこよなく愛するぼくには、たまらなく素敵な一冊です。 20年前、ぼくが上梓し …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。