武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

日記

ジョギング中に涙があふれて、あふれて~♪

投稿日:2011年1月22日 更新日:

ずっとジョギングを続けています。
今日は夕方から、ウツボ公園、中之島、天神橋まで、あちこち寄り道をしながらかれこれ1時間ほどかけて走ってきました。
距離にして8キロほどでしょうか。
少し前まで30分走るのもしんどかったのに、今日は楽々と1時間も~!
体力がついてきたのでしょうかね。
いや、それ以上に大きな理由があります。
今日からSonyのウォークマンを耳につけて走り始めたからです。
めちゃいいですね~♪♪
大好きなサウンドを聴きながら走るのは!!
もうルンルンです~o(^-^)o
なんぼでも走れますわ。
ビートルズ、ローリング・ストーンズ、イル・ディーヴォ、フランク・シナトラ、ロッド・スチュワート、レッド・ツェッペリン、そして坂本冬美(笑)。
とりあえずメリハリをつけて150曲ほど入れ、ランダムに聴こえるように設定しました。
中之島は走るのに本当にいいところです。
川風が何とも快くて、ビルの明かりが大都会にいることを存分に実感させます。
大阪城公園のようにジョギングのラッシュはありませんしね(^o^)v
昨晩、6年前に卒業した関大社会学部のゼミ1期生T・M君と楽しいお酒を酌み交わしたことを思い出していると、ロッド・スチュワートが歌う『マイ・フーリッシュ・ハート(My Foolish Heart)』がウォークマンから流れてきました。
肥後橋辺り、朝日新聞ビルを通過したときです。
ジャズのスタンダードで、名曲中の名曲~!!
IMG_0961
メロディーのあまりの美しさと切ない歌詞に突如、涙があふれ出し、あっと言う間に顔面がびしょびしょになりました。
道行く人たちはみな何事かと怪訝な表情を浮かべていましたが、そんなこと関係なく、ぼくはロッドのヴォーカルに浸たってひたすら走り続けていたのです。
こんな経験は初めて。
うちのオーディオで聴くよりはるかに胸にグッときました。
そして『マイ・フーリッシュ・ハート』の次がストーンズの『アズ・ティアーズ・ゴーズ・バイ(As Tears Goes By)』でした。
乾いた涙がまたまたあふれ出してきて~。
ドライアイなのに、おかしいなぁ。
これからジョギングするときはタオル必携と心に決めました。

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新年明けましておめでとうございます~(^O^)/

新年明けましておめでとうございます~(^O^)/

2015年が開幕しました。   明けましておめでとうございます。   ひつじ年ですねぇ。     今年は読売新聞大阪本社を辞めて、ちょうど20年目です。   新聞記者時代が17年間 …

哲学者、故西川冨雄さんを偲ぶ会

哲学者、故西川冨雄さんを偲ぶ会

きのう覚悟をもって甲子園に乗り込みました。 リーグ戦では最後の甲子園観戦です。 阪神は巨人を3対1で破り、何とか首の皮がつながりました(^o^)v それ以上に巨人の優勝がなくなったことがすごく嬉しかっ …

教え子の鈴木信輝君が新聞の一面に~!!

教え子の鈴木信輝君が新聞の一面に~!!

「中部経済新聞の一面に私の記事が掲載されました~!!」 先ほど大学(関西大学社会学部マス・コミュニケーション学専攻)の教え子、鈴木信輝君からぼくの携帯に写真(上)付きでメールが届きました。 彼は200 …

郷愁の時代への誘い~『佐伯祐三とパリ』

郷愁の時代への誘い~『佐伯祐三とパリ』

1920年代のパリ。 パブロ・ピカソ、アンリ・マティス、サルバドール・ダリ、T・S・エリオット、ルイス・ブニュエル、アーネスト・ヘミングウェイ、スコット・フィッツジェラルド、コール・ポーター……。 フ …

映画カルチャー講座を終えました

映画カルチャー講座を終えました

何事も始まりがあれば、終わりがあります。 18年間続けてきたサンケイ・リビングカルチャー倶楽部の映画講座が今日(3月2日)をもって終了しました。 あれこれとやりたいことが増え、時間的に厳しくなり、誠に …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。