武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

日記

心打たれた謝辞の文面、詩人ってすごいな~

投稿日:2010年6月26日 更新日:

雷神のたたく太鼓の音が濃霧の奥からきこえてきます。
ビジュアル版「ケルト」紀行、ありがとうございました。
恐縮です。
どの写真からも物語があふれでてきて。
それは武部様の足裏の記憶。
全身感応体となって〈ケルト〉を探した10年の足跡……。
*     *     *     *     *     *
この文面、知り合いの女流詩人から届いた、拙著謹呈に対するお礼状に書かれていたものです。
何気なく書かれたのかもしれませんが、それを眼にした瞬間、ぼくは言いようもなく身体が震えました。
素直に感動しました。
とくに冒頭の言葉……。
あの本の写真をご覧になられ、こんなふうに受け止められたとはよほど感性が鋭い。
〈ケルト〉から雷神という言葉を引っ張ってこられたとは……。
ジャーナリスティックな世界に長く身を置いたぼくには想像もできない表現です。
刺激を受けました。
Tさん、ありがとうございます!!

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

知らぬ間に大晦日。泣いても笑うても今日で終わり

知らぬ間に大晦日。泣いても笑うても今日で終わり

2018年の大晦日。 泣いても笑うても今日で終わり。 目下、本業の執筆に没頭しながら、学生(関大JP14期生)の取材原稿の添削に取り組んでいます。 バタバタ状態のまま年を越してしまいそう~(笑) 今年 …

東日本大震災、10年を迎えました!

東日本大震災、10年を迎えました!

未曾有の原発事故を引き起こし、約2万2000人の犠牲者を出した東日本大震災から、今日でちょうど10年。 あの日、ぼくは大阪・北堀江にあった松竹関西支社の試写室で『八月の蝉』を観ていました。 試写室は最 …

安保関連法案についての私見

安保関連法案についての私見

安保関連法案が大詰めを迎えています。   自衛隊の海外派兵を可能にし、後方支援とはいえ、戦闘行為が行われることも十分、考えられる極めて重要な法案です。   明らかに憲法第9条に違反 …

何とも刺激的な富山への1泊旅行~(^_-)-☆

何とも刺激的な富山への1泊旅行~(^_-)-☆

【1日目】 3、4の両日、富山へ旅立ちました。 旅は、4月の静岡への「ウイスキー旅行」以来です。 大阪駅から北陸本線の特急「サンダーバード号」に乗って金沢で下車、そこでJRいしかわ鉄道の鈍行列車に乗り …

大好きな言葉

大好きな言葉

この文言、気に入ってます。   ぼくの机の上にいつも置いています。   危機管理をちゃんとせなあかんとか、そんなことを言うてるんやありません。   心に思ったら、行動に移 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。