武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

『クレイジー・ハート』~不恰好な人生、でもカッコいい!

投稿日:2010年6月19日 更新日:

クレイジーハート
(c)2009 Twentieth Century Fox
思い通りにいかないのが人生。でも思い通りにいかそうとするのも人生。
これ、ぼくの人生哲学です。
アメリカ映画『クレイジー・ハート』は、まさにこの人生観を描いていました。
きのう日経新聞夕刊に載った映画の原稿をどうぞ。
   *     *     *     *     *     *
かつての栄光は今いずこ。
落ちぶれた「伝説のカントリー歌手」が再生を図るヒューマン・ドラマ。
ダメ男ぶりをジェフ・ブリッジスが堂々たる演技で披露し、今年のアカデミー主演男優賞を獲得した。
酒とタバコに浸り、どさ回りを続けるバッド(ブリッジス)はむさ苦しい57歳の独身男。
不健全極まりない。
新曲の創作意欲も失せ、投げやりで破滅的な生き方を突き進む。
愛弟子のトミー(コリン・ファレル)が自分を追い抜き、人気シンガーに成長したことも不摂生に拍車をかける。
年配のファンの前で酔いながらギターをかき鳴らし、往年のヒット曲を歌うバッド。
一見、おざなりのようだが、決めるところはバシッと決める。
本物のミュージシャンだ。
そこが魅力的。
親友のウェイン(ロバート・デュバル)やトミーらが見放さず、彼を気遣うのがその証しである。
そんなバッドの前に地方新聞の女性記者ジーン(マギー・ギレンホール)が現れる。
4歳の息子を育てるシングルマザー。
孤独感を癒すように2人は急接近し、バッドの澱んだ魂に火が灯る。
この展開、ミッキー・ロークが中年のプロレスラーに扮した「レスラー」(2008年)とそっくりだが、こちらはカラッと乾燥した空気で包み込み、陰鬱さを感じさせない。
それがカントリーによく合う。
ジーンとの成り行き、息子との関係、バッド自身の行く末……。
この映画は観る者の期待を心地よく裏切る。
思い通りにいかないのが人生。でも思い通りにいかそうとするのも人生。
そのことをじんわりと伝えてくるから後味がいい。
ブリッジスが実際にギターを弾き、ボーカルを聴かせる。
存在感満点の演技。
カッコいい。
それを引き出したスコット・クーパー監督の演出にも拍手を送りたい。
1時間51分。★★★★(見逃せない)
☆TOHOシネマズ梅田などで公開中
(日本経済新聞2010年6月18日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

慰安婦問題にメスを~! ドキュメンタリー映画『主戦場』

慰安婦問題にメスを~! ドキュメンタリー映画『主戦場』

「慰安婦問題」―――。 今や口に出すのがタブー視されているような風潮ですが、決して風化させてはいけない問題だと思います。 全く異なる2つの見解。 はて、どちらが正しいのか? そういう場合、両者の意見に …

ラブ・ロマンス映画ベスト10~リーガ・ロイヤルホテルの公開講座(28日)

ラブ・ロマンス映画ベスト10~リーガ・ロイヤルホテルの公開講座(28日)

大阪・中之島のリーガ・ロイヤルホテルの公開講座『シネマへの誘い~映画を10倍楽しむ』も、いよいよ28日が最終となります。 テーマは『私が選んだラブ・ロマンス映画ベスト10』。 あえて最近の作品を外し、 …

浪花の映画大特集~50本を一挙上映!!!!

浪花の映画大特集~50本を一挙上映!!!!

この夏、大阪で画期的なイベントが開催されます~!! 大阪を舞台にした映画、50作品を一挙上映する『浪花の映画大特集』。 大阪・九条のシネー・ヌーヴォで、23日~9月2日。 溝口健二監督のトーキー第1作 …

映画とウイスキーのマシンガン・トーク~(^o^)v

映画とウイスキーのマシンガン・トーク~(^o^)v

昨夜は、うつぼ公園の北側にあるIRISH BAR GATBYでオシャレなイベントを開催しました。   『VIVA! ウイスキー・シネマ館~ほろ酔い気分で映画トーク』   映画に登場 …

これぞ21世紀のマカロニ・ウエスタン~『ジャンゴ 繋がれざる者』

これぞ21世紀のマカロニ・ウエスタン~『ジャンゴ 繋がれざる者』

めちゃめちゃ面白かった!!!   騙されたと思うて、観に行ってください。   絶対、納得しますから~(^o^)v        ☆     ☆     ☆     ☆   …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。