武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

バルト3国レポート(2009年夏)

バルト3国レポート(13)~

投稿日:2010年2月1日 更新日:

2月になりました。1年の12分の1が過ぎ去ったということ~です。
「ケルト」紀行の写真集(ヴィジュアル版)=上下巻=を春に出すことになり、その作業にずっと没頭しておりまして……。
元日返上で仕事をしていたのも、そのためです。ほんまに情けなかったです……。
気がつけば、バルト3国リポートが昨年の12月22日以降、ストップ状態になったまま。これから気が向けば、時間的にゆとりがあれば、ぼちぼち書き綴っていきます。
   *     *     *     *     *     *
今日はラトヴィアの首都リガの考古学博物館で見た展示の数々を~。
リガ展示(1)
リガ展示「1」
バルト3国はケルトと結びつきはないはずなのですが、古代ケルト人が身につけていたようなネックレスがあったり、ケルト十字架(円環を組み合わせた十字架)とそっくりな十字架があったり。
ネックレスは、オーストリアで見た高貴なケルト人女性の埋葬品とそっくりでした。
古代、ケルト揺籃の地、中央ヨーロッパとバルト地域には何らかのつながりがあったのでしょうか。あるいは、どこにでもある装飾品だったのでしょうか。
こんなことを考えると、楽しくて楽しくてしかたがありません。
ケルト十字架は、次に訪れるエストニアで驚くべき光景を眼にしました。
すごい数なんです。アイルランドでも見たことのない十字架群でした。お楽しみに~♪
リガ展示(3)
バグパイプは、ヨーロッパ各地で見ています。何もスコットランドだけのものではないです。「ケルト」の楽器というイメージが強いですが。
スペインのガリシア(ガイタ)、フランスのブルターニュ(ビニュー)、ブルガリア(ガイジィ)……。
名前と形状はいくぶん異なりますが、みな羊の皮を使ったバグパイプです。
ラトヴィアのそれは、かなり古いものでした。昨今はあまりバグパイプを演奏する人がいないらしいですが。
ヨーロッパに旅に出向くと、ぼくは必ず考古学博物館に立ち寄ります。その国の赤ん坊のころを知りたいと思うからです。

-バルト3国レポート(2009年夏)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バルト3国レポート(10)~

バルト3国レポート(10)~

バルト3国の旅の報告が、ラトヴィアのリエパーヤで止まったままになっていました。きょうは首都リガへ進めます。 リエパーヤの寂れた鉄道駅の前にあるバスターミナルから、長距離バスに揺られ、うとうとしていたら …

バルト3国レポート(16)~

バルト3国レポート(16)~

文化の香りが漂うエストニアのタルトゥからバスで首都タリンへ向かった。 2時間20分のバスの旅。車窓の光景は草原と森ばかりで、単調と言えばそれまでですが、信じられないほど緑が多いなぁと感心しきり。眼にも …

バルト3国リポート(11)~

バルト3国リポート(11)~

美しい街並みを誇るラトヴィアの首都リガで、『バリケード博物館』というなんとも物騒な名をもつ博物館に入りました。 博物館といっても、ふつうの建物の2階部分を展示スペースにした、ひじょうに小さなものですが …

バルト3国レポート(18)~

バルト3国レポート(18)~

エストニアのヴォルムスィ島で、予想をはるかに上まわる数のケルト十字架を眼にしてから、村のカフェでビールと軽いランチを取りました。 その店でタリンから遊びに来たという青年と知り合いました。エストニアの若 …

バルト3国レポート(15)~

バルト3国レポート(15)~

きょうから3月です。もう春ですよね~♪ バルト3国のレポートを書きます。 フェスティバルを楽しんだラトヴィアの古都(といっても田舎の町ですが)ツェースィスから列車でエストニアへ入り、終着駅のヴァルガで …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。