武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

日記

ちょっと感動しました、熱海城を訪れて~『キングコンゴ対ゴジラ』

投稿日:2010年1月19日 更新日:

日本が生んだ世界の怪獣王ゴジラは、ぼくとおなじ年(1954年)に生まれました。
そんな縁があって、ゴジラはひじょうに気になる存在で、早く次回作が封切られないかな~とずっと願っています。
images
そのゴジラ・シリーズの第3弾『キングコング対ゴジラ』(62年)をご覧になりましたか。観た人は懐かしいと思われているでしょうね。
なにしろぼくが小学校2年のときに公開された作品なんですから。
怪獣と怪獣が初めてガチンコで決闘した記念すべき映画なので、シリーズのなかで一番、興奮して観たのを覚えています。
ラストは、ゴリラを何十倍も大きくしたキングコングとゴジラが富士山ろくで激突。
そのまま2頭は温泉街の熱海にまでもつれ合い、岬の先端に建つ熱海城に倒れ込んで一緒に海に落下するんです。
忘れようにも忘れられない、そんな鮮烈なシーンでした。今でもバッチリ記憶に残っています。
その熱海城に、きのう18日、初めて訪れました。
熱海城(2)
東京出張の帰りに、何気なく熱海に立ち寄り、湾曲するビーチの向こうに天守閣を視界にとらえた瞬間、ビクッと身体が震えました。
『キングコング対ゴジラ』のシーンがドカーンとまぶたの裏に浮かんできたんです。
まるで磁石に引き寄せられたかのように、ビーチを城の方に歩を進め、ロープウェイで岬のうえに登りました。
熱海城(1)
熱海城は、映画の3年前(59年)に建てられた鉄筋コンクリート製の「現代の城」です。
説明版によると、桃山時代初期の様式で、大阪城、名古屋城をはるかにしのぐ、日本一の天守閣と記されていました。
そんなアホな~と思ったけれど、城を仰ぎ見ると、なんだか無性に感動してしまって……。
熱海ビール
ちょっぴり満足感に浸りながら、天守閣近くのカフェで伊豆の地ビール(ブラウン・エール)を味わい、眼下の錦ケ浦をぼんやり眺めていると、ふたたび『キングコング対ゴジラ』のあの場面が~。
少年時代に戻れた、楽しい1日でした~♪

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

教え子の鈴木信輝君が新聞の一面に~!!

教え子の鈴木信輝君が新聞の一面に~!!

「中部経済新聞の一面に私の記事が掲載されました~!!」 先ほど大学(関西大学社会学部マス・コミュニケーション学専攻)の教え子、鈴木信輝君からぼくの携帯に写真(上)付きでメールが届きました。 彼は200 …

日本の行く末は~?

日本の行く末は~?

総選挙の結果は予想通りだったので、それほど驚かなかったし、選挙的にもそんなにおもしろくなかったです。 でも勢いというもののすごさを実感でき、つい人生にダブらせて選挙報道を見ていました。それにいろんな意 …

オサラバ、2010年~!

オサラバ、2010年~!

寒い、寒い大晦日です。 今年を振り返ると、「好きの力」をいろんな分野でぶつけることができ、自分なりに満足できたと思っています。 ☆ケルト……充実した夏のスコットランド取材旅行。そして「ケルト」関連の本 …

素敵な土曜日になりました! 朝日カルチャーのケルト講座&山崎先生を囲む会

素敵な土曜日になりました! 朝日カルチャーのケルト講座&山崎先生を囲む会

昨日、朝日カルチャーセンター中之島教室での特別講座『「ケルト」を旅する 中・東欧からギリシア、トルコへの歴史紀行』は、おかげさまで大盛況のうちに終了しました~👍 受講者は62人。 当日 …

Twitterを始めました

Twitterを始めました

ぼくのブログを作ってくださったデザイナーさんのお薦めで、ツイッターを始めました。 Facebookの国内版みたいな感じですね。 まだ使い方がよぉわかりませんが、時々、つぶやきますので、よろしくお願いし …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。