武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

日記

ちょっと感動しました、熱海城を訪れて~『キングコンゴ対ゴジラ』

投稿日:2010年1月19日 更新日:

日本が生んだ世界の怪獣王ゴジラは、ぼくとおなじ年(1954年)に生まれました。
そんな縁があって、ゴジラはひじょうに気になる存在で、早く次回作が封切られないかな~とずっと願っています。
images
そのゴジラ・シリーズの第3弾『キングコング対ゴジラ』(62年)をご覧になりましたか。観た人は懐かしいと思われているでしょうね。
なにしろぼくが小学校2年のときに公開された作品なんですから。
怪獣と怪獣が初めてガチンコで決闘した記念すべき映画なので、シリーズのなかで一番、興奮して観たのを覚えています。
ラストは、ゴリラを何十倍も大きくしたキングコングとゴジラが富士山ろくで激突。
そのまま2頭は温泉街の熱海にまでもつれ合い、岬の先端に建つ熱海城に倒れ込んで一緒に海に落下するんです。
忘れようにも忘れられない、そんな鮮烈なシーンでした。今でもバッチリ記憶に残っています。
その熱海城に、きのう18日、初めて訪れました。
熱海城(2)
東京出張の帰りに、何気なく熱海に立ち寄り、湾曲するビーチの向こうに天守閣を視界にとらえた瞬間、ビクッと身体が震えました。
『キングコング対ゴジラ』のシーンがドカーンとまぶたの裏に浮かんできたんです。
まるで磁石に引き寄せられたかのように、ビーチを城の方に歩を進め、ロープウェイで岬のうえに登りました。
熱海城(1)
熱海城は、映画の3年前(59年)に建てられた鉄筋コンクリート製の「現代の城」です。
説明版によると、桃山時代初期の様式で、大阪城、名古屋城をはるかにしのぐ、日本一の天守閣と記されていました。
そんなアホな~と思ったけれど、城を仰ぎ見ると、なんだか無性に感動してしまって……。
熱海ビール
ちょっぴり満足感に浸りながら、天守閣近くのカフェで伊豆の地ビール(ブラウン・エール)を味わい、眼下の錦ケ浦をぼんやり眺めていると、ふたたび『キングコング対ゴジラ』のあの場面が~。
少年時代に戻れた、楽しい1日でした~♪

-日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

こんな素敵なお届けモノが~♪♪

こんな素敵なお届けモノが~♪♪

今朝、宅配便でチョコレートが届きました。 といっても、そんじょそこらのモノではありません。 ぼくの写真と拙著の表紙を包み紙にした特製チョコレート~!! 送り主は、2001年に上梓したシリーズ第3弾『北 …

恒例のルナ会~♪

恒例のルナ会~♪

昨夜(28日)はルナ会でした。 ぼくが読売新聞の映画記者(文化部)をしていた時に出会った4人の面々からなります。 たしか1993年のことだったと思います。 映画配給会社宣伝マンのYさん、某地方紙女性映 …

ぶらり東京へ~R・ストーンズとの再会を(下)

ぶらり東京へ~R・ストーンズとの再会を(下)

2日目(26日)も快晴~(^^♪ お江戸に青空が広がり、空気も穏やかで、すっかり春の風情です。 昨夜、ちょっと深酒しすぎたうえ、目覚ましをセットするのを忘れ、起きたのが10時すぎ。 爆睡してしまった( …

堺・中百舌鳥でプチ同窓会~(^.^)/~~~

堺・中百舌鳥でプチ同窓会~(^.^)/~~~

昨夜、堺・中百舌鳥のバー、ウイスキー・キャッツで「プチ同窓会」~😁 店主の大谷さんとジャズのピアニスト➕ボーカリストの吉田美雅さんと3人で、めちゃめちゃ楽しいひと時を過ご …

忘れ得ぬ三大美景~♪

忘れ得ぬ三大美景~♪

55年間生きてきて、美しい景色を数え切れないほど見てきましたが、そのなかでもとびきり感動したのが以下の3つのスポットです。 ★オーストリアのハルシュタット……峻険な山々に囲まれた湖畔の村 ★英国・ウェ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。