武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

めちゃめちゃ元気をもらえる『のんちゃんのり弁』~♪

投稿日:2009年9月28日 更新日:

のんちゃん:メイン
      (c)2009「のんちゃんのり弁」製作委員会
今、公開中の日本映画『のんちゃんのり弁』は超オススメです。とくに落ち込んでいる人にはカンフル剤になるかも~。
以下、『うずみ火』(48号)に書いた映画エッセーを紹介します(少し手直ししています)。
     *     *     *     *     *
『のんちゃんのり弁』(緒方明監督)はコミックが原作とはいえ、きちんと生きることの意味を描いており、何より元気をもらえる映画。
さっぱり風味だが、後味が最高~!
永井小巻(小西真奈美)、31歳。幼稚園児の娘のんちゃん(佐々木りお)を育てるごく平凡な専業主婦。そんな彼女が自堕落なダメ亭主(岡田義徳)に愛想を尽かし、離婚を決意した瞬間、ドラマが始まる。
母親フミヨ(倍賞美津子)が暮らす東京・下町の実家に娘を伴って身を寄せ、新たな人生をスタートさせようと就活に励むが、すべてカラ振り。なにせこれといってキャリアも資格もない。社会にも疎い。大阪弁で言えば、甘チャンそのもの。当然の結果だ。
しかし向こう見ずで、理性より感情が先走るキャラ。何とかなるわと果敢に行動に移していくが、とうとうなけなしの貯金が底をつき、絶体絶命のピンチに。焦る~!
さぁ、こんなときどうすればいいのか。自分にできること、得意なこと、好きなことを思い浮かべていけば、何とか壁を乗り越えられるかも。ぼくはそうしてきた。選択肢が多ければ多いほど、可能性が高まる。
小巻は、娘のために作った海苔弁当が、幼稚園で評判になっているのを知り、料理の才能に気づく。そして安くて美味しい手作り弁当を売ろうと思い立ったのだ。映画はその奮闘ぶりをコミカルに綴っていく。
もちろんそう簡単に弁当屋を開けるはずがない。挫折の繰り返し。でもそこは開けっぴろげでネアカ、天真爛漫な彼女の性格がプラスに働き、夫のストーカー行為に悩まされようが、目標に向って突き進んでいく。少々のことではへこたれない。とにかくパワフル。
眩いばかりのひたむきさ。サバの煮付けに惚れ込み、彼女が弟子入りした小料理店の大将(岸部一徳)もそこに惹かれ、精一杯、応援する。ぼくも心の中で小巻に熱いエールを送っていた。
素人による手料理の温かさがじんわりと伝わってくる。ちょっと工夫を凝らした弁当がいろいろ出てくる。キラキラした笑顔で調理する彼女の姿が本当に素敵だった。
「人生、~~であらねばならない」。こんなふうに教条的、断定的に説かれると、疲れてしまう。確かにわかりやすいが、ウソっぽい。それより、「~という生き方もあるんやで」と言われる方が納得しやすい。
この映画が心地よかったのは、おおらかな視点で人の生き方を見据えていたから。見終わって、お腹一杯になった~♪♪

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

わが子への母親の切なる想い~『あなたを抱きしめる日まで』

わが子への母親の切なる想い~『あなたを抱きしめる日まで』

©2014『あなたを抱きしめる日まで』製作委員会 この映画、ぐんぐん引き込ませるパワーがあります。   大好きな作品です~(^O^)/   ☆     ☆     ☆     ☆  …

リーガロイヤルホテルの映画講座~『シネマへの誘い』

リーガロイヤルホテルの映画講座~『シネマへの誘い』

気がつけば、師走も半分ほど経過しています。 この調子だと、あっと言う間にクリスマスからお正月になだれ込んでいきそうです。 そんな気ぜわしい中、ちょっと浮世離れして映画のお話でもいかがですか。 大阪・中 …

パワーアップした第2弾『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』

パワーアップした第2弾『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』

イギリス・ロンドンで半年間、英語留学してきた教え子の倉田君(関大JP5期生)が昨夜、お土産のスコッチ・ウイスキー(シングル・モルトのBladnoch)を提げて、会いに来てくれました。 内定していた金融 …

映画の地を訪ねて(5)京都・相国寺瑞春院 ~『雁の寺』

映画の地を訪ねて(5)京都・相国寺瑞春院 ~『雁の寺』

とっくに済んでしまいましたが、9月8日は帰雁忌。 作家・水上勉さんの没日。 今年は7回忌ですね。 下の原稿に面白いエピソードを載せています。     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆ …

日本で初めて映画を上映した荒木和一さん撮影の(?)16ミリ映像を鑑賞~(^_-)-☆

日本で初めて映画を上映した荒木和一さん撮影の(?)16ミリ映像を鑑賞~(^_-)-☆

昨日、大阪・天六(天神橋筋六丁目)のシネマパブ「ワイルドバンチ」でスペシャル上映会が開催されました。 125年前、発明王エジソンに直談判し、エジソン社の映写機ヴァイタスコープを日本に輸入した荒木和一さ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。