武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

耐える勇気を切々と描いた野球映画~『42 世界を変えた男』

投稿日:2013年11月1日 更新日:

© 2013 LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.

今季の阪神タイガースはさておき、野球が好きです。

もちろん野球映画も。

米大リーグ史上、欠かせない選手を主人公にした映画が今日から公開されます。

     ☆     ☆     ☆     ☆

ベーブ・ルースやルー・ゲーリッグといった伝説的な米大リーガーの映画がこれまで何本も作られてきた。

その中で重要な人物が抜けていた。

黒人のジャッキー・ロビンソン。

彼の背番号「42」が大リーグで唯一、全球団共通の永久欠番になった理由を掘り下げる。

伝記物ではない。

黒人リーグからブルックリン・ドジャースでメジャーデビューした2年間(1945~47年)に的を絞った。

かつて大リーグに黒人選手が在籍していたそうだが、ロビンソンへの風当たりは強烈だった。

周りのプレーヤーは全て白人。

チームメートはもとより、ファン、他球団、マスメディアまでもが彼の出場をあからさまに嫌悪し、拒否する。

観客席から聞くに耐えがたい野次が飛び交い、脅迫状もどっさり届く。

そんな状況下、黙々と野球に没頭するロビンソン(チャドウィック・ボーズマン)。

その真摯な姿は後年の公民権運動への布石となった。

映画はしかし、政治性を前面に押し出さない。

耐える勇気。

やり返さない勇気。

入団時、球団オーナーのリッキー(ハリソン・フォード)から放たれた箴言をいかに実践したか。

そこをつぶさに描き上げる。

気高い闘志が球場の内外に伝播し、硬直化した空気を徐々に和らげていく。

正直、胸が打たれた。

脚本も執筆したブライアン・ヘルゲランド監督の徹底取材と奇をてらわない演出が存分に生かされている。

ビジネスライクな面を覗かせながらも、終始、人道的な言動を貫くリッキーを美化しすぎた感がある。

とはいえ、妻レイチェル(ニコール・ベハーリー)や黒人記者スミス(アンドレ・ホランド)以上に、稀有な選手を支えた人物として計り知れない存在感を示した。

至近距離での撮影が際立つ試合のシーン。

野球映画の醍醐味はやはりそこにあると改めて実感した。

2時間8分

★★★★(見逃せない)

☆11月1日(金)大阪ステーションシネマ他全国ロードショー

(日本経済新聞2013年11月1日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

今年最後の映画カルチャー

今年最後の映画カルチャー

ホワイトボードに何が書かれていると思いますか? 今年、封切られた映画の題名です。 ぼくが担当しているサンケイリビングカルチャー倶楽部『映画鑑賞力養成講座』の年末恒例イベントで、受講生の方々に今年観たお …

初小説『フェイドアウト 日本に映画を持ち込んだ男、荒木和一』(幻戯書房)がいろいろ紹介されています!

初小説『フェイドアウト 日本に映画を持ち込んだ男、荒木和一』(幻戯書房)がいろいろ紹介されています!

関西の映画・映像情報サイト「キネプレ(Cinema Press)」で、拙著『フェイドアウト 日本に映画を持ち込んだ男、荒木和一』(幻戯書房)が大きく紹介されました! ありがたいです! それと、ぼくの盟 …

30日(金)の朝、ABCラジオ『おはようパーソナリティ古川昌希です』に出演します~(^_-)-☆

30日(金)の朝、ABCラジオ『おはようパーソナリティ古川昌希です』に出演します~(^_-)-☆

ちょっとお知らせです~😁 明後日の30日(金)、ABCラジオ朝のワイド番組『おはようパーソナリティ古川昌希です』にゲスト出演します~😁 古川アナが見損なっているハリウッ …

スタイリッシュな少女の殺し屋~『ハンナ』

スタイリッシュな少女の殺し屋~『ハンナ』

残暑厳しい中、クールなヒロインを映画館で見て、暑気払いしませんか。 殺人マシーンと化した16歳の少女が銀幕を駆け抜ける。 こんな表現がぴったしの娯楽アクション。 『ニキータ』(1990年)や『レオン』 …

『3時10分、決断のとき』~理屈抜きに面白い西部劇~!!

『3時10分、決断のとき』~理屈抜きに面白い西部劇~!!

 これは面白かった。日経新聞の映画評で迷うことなく★★★★★をつけました。絶対に満足しますよ~!   *     *     *     *     *     * 久々の本格西部劇。銃弾が飛び交い、 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。