武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

苦難の時代を生き抜いた反骨の脚本家~『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』

投稿日:

『ローマの休日』『パピヨン』『ジョニーは戦場へ行った』『ダラスの熱い日』…………。

ハリウッドで数々の名作を書いた稀代の脚本家、ダルトン・トランボの生きざまに迫ったアメリカ映画『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』が22日から公開されます。

トランボ

マッカーシズム(赤狩り)の嵐に耐え抜いた気骨ある映画人の素顔が浮き彫りにされています。

映画ファンのための感動サイト「シネルフレ(Cine reflet)の『武部好伸のシネマエッセー』でこの映画のことをたっぷり書かせてもらっています。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人間として当たり前のことを訴える~米映画『ハンズ・オブ・ラブ 手のひらの勇気』

人間として当たり前のことを訴える~米映画『ハンズ・オブ・ラブ 手のひらの勇気』

性的少数者(LGBT)の人たちが少しずつ社会に受け入れられつつある。   米国で昨年6月、最高裁で同性婚を認める判決が出された。   本作はその裁判に影響を与えたといわれる実話を映 …

鮮烈な青春映画~『苦役列車』

鮮烈な青春映画~『苦役列車』

(C)2012「苦役列車」製作委員会 ちょっと強烈な映画が近々、封切られます。 『苦役列車』 拒否反応を示す人もいるかもしれないけれど、ぼくは高く評価しています。     ☆    ☆    ☆    …

2017年の映画ベストテンを発表~!!

2017年の映画ベストテンを発表~!!

今年も映画ベストテンの時期になってきました。 「おおさかシネマフェスティバル」用に選出しました。 結構、悩んだ……((+_+)) 外国映画の10位に選んだ『リュミエール!』は映画の原点へのリスペクトで …

サンティアゴ巡礼の道を歩く~映画『星の旅人たち』

サンティアゴ巡礼の道を歩く~映画『星の旅人たち』

サンティアゴ巡礼--。 なんとなくロマンをかき立てられますね。 この巡礼の道を舞台にした映画『星の旅人たち』がきょうから公開されています。      ☆    ☆    ☆    ☆    ☆     …

夫婦で地道な反ナチ抵抗活動~『ヒトラーへの285枚に葉書』

夫婦で地道な反ナチ抵抗活動~『ヒトラーへの285枚に葉書』

ミュンヘン大学での白バラ抵抗運動、ヒトラー暗殺未遂事件……。 第二次大戦中、ドイツ国内での反ナチ活動を題材にした映画が少なからず作られてきた。 その中で、市井の民を主人公にした本作は異色作といえよう。 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。