武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

天使のようなジェルソミーナ、『道』~

投稿日:2009年6月11日 更新日:

道(新)
「自己チュウ」という言葉が広まったのは、はて、何年前だったか。
ひとりで3人分の座席を占有したり、平然と化粧をしたり。品位がないというか、最低限の社会ルールが守られていない昨今の車内風景を見るにつけ、それが年々、ひどくなってきているような気がしてなりません。
イタリア映画の名作『道』(1954年)は、身勝手に生きることの愚かしさを情感たっぷりに描いていました。
この映画は、16年前に他界した巨匠、フェデリコ・フェリーニの出世作です。生前、「映像の魔術師」の異名をとり、奇想天外なストーリー展開と眼を見張る人工的な映像美で知られたフェリーニにしては、ひじょうにオーソドックスな人間ドラマでした。
強靭な肉体を誇る旅回りの大道芸人ザンパノ(アンソニー・クイン)は、知性のかけらもなく、欲望のおもむくまま生きている野獣のような男。そんな彼が、知的障害をもつ女性ジェルソミーナ(ジュリエッタ・マッシーナ)を金で買い、昼間は助手、夜は情婦としてボロきれのごとくこき使う。
天使のような純真無垢な彼女は当然、ザンパノを憎みますが、逃げ出す術も知らず、着いて行かざるを得ません。街頭で熱演するご主人を盛り立てようと、おどけた表情でコミカルに踊るジェルソミーナの健気さが痛々しい。
彼女がいくら尽くしても、男は相変わらず傍若無人な振る舞いを続けます。ほんまにアホな奴やと思う。その後、ある“大事件”が起き、正気を失ったジェルソミーナを、ザンパノが無慈悲にも置き去りにする……。
月日が流れ、老骨にムチ打ち、まだ大道芸でメシを食っていたザンパノが、とある海辺の町にやって来て、ふと足が止まった。ジェルソミーナがよく口ずさんでいたメロディーがどこからともなく聞こえてきたのです。
彼女がいるのでは? 心がざわめいた。が、すべてが終わっていた……。
人はどう生きようが勝手ですが、よほどの聖人でもないかぎり、ひとりだけでは豊かな人生は送りにくい。人との絆があってこそ、生きていることを実感できます。「自己チュウ」なんて、みっともない! 
ザンパノが孤独で寒々しい自分の生き方に恐怖し、ジェルソミーナの清らかな魂を知り、夜の浜辺で号泣する憐れな姿を見て、ぼくはそう思いました。このラストシーンは、何度観ても泣けてきます。
時すでに遅しかもしれない。でも最後の最後になって、ザンパノは人間性を取り戻したのです。そこにフェリーニの人を見る、奥深くて温かい眼差しが感じられます。
得もいわれぬ物悲しいテーマ曲とともに、ぼくの脳裏によみがえってくるジェルソミーナの無邪気な笑顔。それは人の良心そのもの。心が和まされます。『道』は、まさに人間賛歌でした! 
                       (新聞「うずみ火」2008年2月号)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

西川美和監督の新作~『永い言い訳』(公開中)

西川美和監督の新作~『永い言い訳』(公開中)

『蛇イチゴ』、『ゆれる』、『ディア・ドクター』など意外性のある作品を手がける西川美和監督の新作。   他人同士の不思議な絆が芽生える様子を、移ろう人の気持ちとシンクロさせ、バランスよく紡ぎ出 …

12月18日(日)、関大梅田キャンパスでも講演があります。

12月18日(日)、関大梅田キャンパスでも講演があります。

2000年から非常勤講師を務めている関西大学。   昨日、出演したMBSラジオ『ありがとう浜村淳です』でも告知していただきましたが……。   拙著『大阪「映画」事始め』(彩流社)に …

心の闇にメスを入れる~アメリカ映画『フォックスキャッチャー』

心の闇にメスを入れる~アメリカ映画『フォックスキャッチャー』

この映画に漂う緊張感がすごい。   参りました!   ☆     ☆     ☆     ☆     ☆ © MMXIV FAIR HILL LLC. ALL RIGHTS RES …

今宵、映画『ひとくず』の上映終了後、ゲスト出演~! at 十三のシアターセブン

今宵、映画『ひとくず』の上映終了後、ゲスト出演~! at 十三のシアターセブン

昨年10月以降、各地で五月雨上映され、大好評の映画『ひとくず』。 幼児虐待に真正面から向き合い、人間捨てたモンやおまへんと思わせる骨太な作品です。 今日、大阪・十三のシアターセブンで上映終了後、舞台挨 …

日経新聞で連載『〈ケルト〉映画の旅』が始まりました~(^_-)-☆

日経新聞で連載『〈ケルト〉映画の旅』が始まりました~(^_-)-☆

昨年暮れ、日経新聞東京本社から原稿依頼がありました。 『〈ケルト〉映画の旅』 こんなテーマで、毎週水曜日夕刊文化欄の「鑑賞術」で執筆してほしいと。 ケルトと映画~!! ぼくの得意中の得意分野なので、即 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。