武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

『第三の男』~究極のラストシーン

投稿日:2009年4月21日 更新日:

チャチャチャチャチャ~ン、チャチャ~~ン、チャチャチャチャチャ~ン、チャチャ~~ン……♪♪
暗号とちゃいますよ。メロディーを文字化したんですが、これじゃなにがなんだかさっぱりわかりませんよね(笑)。
ぼくの大好きな映画『第三の男』(1949年)のテーマ曲です。アントン・カラスのチターによる名曲中の名曲。すごく小粋で軽妙、それでいて哀愁を帯びたメロディー~♪ おそらく聴いたことのない人はいないのでは~? チターは日本の琴を“圧縮”させたような弦楽器です。
先日、心斎橋筋を歩いていると、どこからともなくこの曲が流れてきて、思わず足が止まりました。同時に、映画のラストシーンがぼくの脳裏によぎりました。
第三の男
並木道の向こうからコートのポケットに両手を入れた女性が歩いてくる。彼女は下手(左側)に立つ男に一瞥もくれず通り過ぎる。凍りついた表情。男は所在なくタバコに火をつける。
80秒間、カメラを真正面に据え置いたワン・ショット。緊張感と虚脱感が交錯する。そこにチターの調べが重なる。モノクロのスタンダード。無声映画さながら、映像と音楽だけで見せきった。まさに映画史上屈指の名ラストシーンです。
『第三の男』は第二次世界大戦直後、米英仏ソの4か国管理下にあるオーストリアの首都ウィーンを舞台にしたサスペンス。イギリスの推理作家グレアム・グリーンの原作を、イギリスの名匠キャロル・リード監督が映画化しました。
この映画をぼくは学生時代に観て、身体が震えました。スリリングな展開、光と影が織りなす映像美、息を呑む構図の迫力、絶妙のテンポとリズム。「これぞ映画や~!」と心の中で叫びました。
ラストシーンはウィーンの近郊にある中央墓地で撮影されました。そこにはモーツァルト、ベートーベン、ブラームスらの楽聖が眠っています。甲子園球場が60個も入るほど広大な敷地です。
ぼくは2度、訪れました。最初は学生のとき、2度目は8年前。映画の撮影時から並木が成長しているのがよくわかります。
でも、ぼくの心に残っているのは、60年前、ラストシーンに映された枯れ葉舞う並木道だけです。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

娘の脳死、両親の決断……『人魚の眠る家』

娘の脳死、両親の決断……『人魚の眠る家』

Ⓒ2018「人魚の眠る家」製作委員会 臓器移植が絡み、揺れ動く親の心情。 そこに科学技術が介在してくる。 生命倫理と愛情の狭間で生じる極めてシリアスな問題をミステリー・タッチで描き上げた。 原作は作家 …

10日(日)、シネ・リーブル梅田で『ちいさな独裁者』のトークイベント~(^_-)-☆

10日(日)、シネ・リーブル梅田で『ちいさな独裁者』のトークイベント~(^_-)-☆

第2次世界大戦終結から74年が経ちますが、今なおヒトラー、ナチス・ドイツ、ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)をテーマにした映画が相次いで製作されています。 「負の遺産」を風化させまいとする映画人の気概に …

笑わせる高度な会話劇~『セトウツミ』

笑わせる高度な会話劇~『セトウツミ』

大阪人が2人寄れば、お笑いが生まれる。 まさにそれを地でいく映画。 高校2年生の男子生徒2人が座ったまま平坦な無駄話を続ける様子をありのままに映し出す。 脱力系の面白さが際立ち、ひと味違った青春グラフ …

2012年映画ベストテンの発表~♪♪

2012年映画ベストテンの発表~♪♪

毎年、恒例の映画ベストテンを発表します。   独断と偏見で(笑)、選びました。   〈日本映画〉 (1)     『苦役列車』 監督:山下敦弘 出演:森山未来、高良健吾、前田敦子   (2) …

『パチャママの贈りもの』~心が洗われる!

『パチャママの贈りもの』~心が洗われる!

©Dolphin Productions きょうもまた映画です。 映画ばかりつづきますが、映画は3度のメシよりも好きなので、しかたがありません。開き直ります(笑) 『パチャママの贈りもの』… …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。