武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

使命感と家族愛、その狭間で苦悶する女性報道カメラマン……『おやすみなさいを言いたくて』

投稿日:

この映画を観て、いろいろ考えさせられました。

 

みなさんも考えてください。

 

☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

                 Ⓒ paradox/newgrange pictures/zentropa international sweden 2013

PHOTO Ⓒ Paradox/Terje Bringedal

混迷のアフガニスタン。

 

子供と別れ、自爆テロを敢行しようとする母親を女性写真家が一部始終、激写する。

 

必死の形相。

 

凄まじい冒頭シーンである。

 

カメラを手にするその彼女も実は母親である現実を本作は容赦なく突きつける。

 

レベッカ(ジュリエット・ビノシュ)は有能な報道カメラマン。

 

過酷な現状を世界に伝えるべく強い使命感を抱き、命がけで紛争地を飛び回っている。

 

プロ意識に徹する彼女の全身から情熱がほとばしる。

 

ところが留守を預かる海洋学者の夫マーカス(ニコライ・コスター=ワルドー)と2人の娘との間に、いつしか距離が生まれていた。

 

帰宅すると、何とか気持ちをオフにしようと努めるも、スムーズに普通の生活を送れない。

 

仕事と家庭。

 

その両立の難しさを実感している人が多くいると思う。

 

レベッカの場合はしかし、「仕事中毒」に陥っているだけに、解決の糸口がなかなか見つからない。

 

抑えきれないエゴに苦しむ。

 

家族も同じだ。

 

だから究極の選択を強いられる。

 

頭から海に突っ込む夢想的な場面がそれを象徴していたように心理描写が秀逸だった。

 

主人公は、性別が違えども、元報道写真家のノルウェー人監督エーリク・ポッペの分身だという。

 

「おまえは死臭がする」

 

「娘たちはいつも母親の死を怯えている」

 

夫の言葉に胸が痛む。

 

13歳の長女ステフは母親への反発を露骨に表すが、仕事の重要性も理解している。

 

そんな娘と一緒にケニアの難民キャンプを訪れるくだりは想定内の展開とはいえ、キーポイントとなる。

                Ⓒ paradox/newgrange pictures/zentropa international sweden 2013

PHOTO Ⓒ Paradox/Terje Bringedal

ビノシュの演技が素晴らしい。

 

被写体に肉迫するレベッカを体当たりで熱演。

 

その彼女を手持ちカメラでぐいぐい追っかける。

 

ドキュメンタリー映画さながらの臨場感あふれる映像だ。

 

報道する人間は他にもいる。

 

しかしわが子にとってママは1人だけ。

 

家族が原点。

 

ラストに救われた。

 

1時間58分

 

★★★★(見逃せない)

 

☆13日からテアトル梅田ほかで公開

 

(日本経済新聞2014年12月12日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

妻が妻を演じる……?? 夫婦再生を描いたドイツ映画『あの日のように抱きしめて』

妻が妻を演じる……?? 夫婦再生を描いたドイツ映画『あの日のように抱きしめて』

©SCHRAMM FILM / BR / WDR / ARTE 2014   死んだはずの人物が生きていた。   ドラマでたまに使われる設定だが、それを存分に活かし、夫婦再生の心理 …

虚実の迷路に誘う『トスカーナの贋作』

虚実の迷路に誘う『トスカーナの贋作』

(C)Laurent Thurin-Nal (C) Fototeca ENIT 男と女。現実と虚構。本物と贋作……。 この映画は、頭がくらくらするほど面白いです(笑)。      ☆     ☆    …

市川海老蔵主演の重厚な時代劇~『一命』

市川海老蔵主演の重厚な時代劇~『一命』

歌舞伎の市川海老蔵が、あのとんでもない事件を引き起こす直前にクランク・アップした時代劇『一命』。 お蔵入りになるかと心配されていましたが、カンヌ国際映画祭にも出品でき、晴れて公開の運びとなったのは喜ば …

過酷な時代を生き抜いた家族~『少年H』

過酷な時代を生き抜いた家族~『少年H』

この時期になると、戦争に絡む映画やドラマが多いですね。   前回の『終戦のエンペラー』は国体と歴史に関わる話でしたが、この『少年H』は一家族の物語。   そこに戦争の愚かしさが如実 …

フランス革命の裏面史~『マリー・アントワネットに別れをつげて』

フランス革命の裏面史~『マリー・アントワネットに別れをつげて』

こういう歴史もの、大好きです。   200年前の世界をしっかり再現しています。      ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆ © 2012 GMT PR …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。