武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

スコットランド一人旅(2024.5.26~6.6) 日記

スコットランド一人旅(7)

投稿日:

ゴルスピー(Golspie)からスコットランド鉄道(Scot Rail)のローカル線(北ハイランド線)のディーゼル車に揺られ、昼ごろ最果ての町ウィック(Wick)へやって来ました。

14年前、オークニー諸島へ渡るため北西のサーソー(Thurso)の町へ行きましたが、ここは初め。

まずは今宵、宿泊するゲストハウスに荷物を預かってもらおうと足を向けたら、チェック・インが午後4時からで閉まってました〜!

ありゃ、先日と同じパターンですがな……。

ちょっとだけ、「えらいこっちゃ」~。

近くにパブがあったので、ビールをオーダーし、荷物を預かってもらおうと女性スタッフに事情を伝えると、ゲストハウスのオーナーに電話をかけてくれました。

この建物の1階にパブがありました

彼女は電話を切ると、ぼくに「大丈夫よ」と言って説明してくれたのですが、何せ早口なので、ちんぷんかんぷん。

ゆっくり喋ってもらっても、きつい訛りでよくわからない。

結局は紙に書いてもらいました(笑)

「左側の郵便受けにカギが入っています。それで中に入り、荷物を置いてから、カギを郵便受けに戻してください」

そういうことやったんか。

これで荷物の件は解決。

さて、今日はジョン・オ・グローツ(John O’Groat)へ行くのが目的です。

何かけったいな地名でしょ。

ここに住んでいたオランダ人の名前に由来するとか。

当地はスコットランド、いやイギリス本島の最北端です。

とはいえ、本当の最北端はずっと西方のダネット(Dunnet)岬なんですが、一応、何となくそうなっています〜(笑)

バスの時間が近づいてきたので、橋のたもとのバス停で待つも、なかなか来ない。

通行人に聞くと、「別のバス停ですよ」。

えっ! 観光案内所でバス停の場所を教えてもらったのに、一体どういうことや。

最終のバスに乗り遅れてしもうたやないか、プンプン。

怒り心頭で観光案内所に駆けつけると、先ほど教えてくれた若いスタッフがおらず、年配女性が応対してくれました。

どうやら若い子が勘違いしていたみたい。

そんなん理由になるかい〜!

文句を言おとしたら、笑顔で「すんません」「すんません」を連発する年配女性がぼくの母親にどことなく似ていたので、知らぬ間に怒りが収まってきました。

「タクシーで行くしかないですね。呼びましょうか」

思わず、「イエス」と言ってしまった。

まぁ、この際、高くつくけどしゃあない。

そんなわけで、やっとこさジョン・オ・グローツにたどり着けました。

天気が良くてよかった。

ここに来たのはもちろん、「イェーッ!」をやるためです。

それが旅の3つ目の目的でした。

日本の最北端(北海道・宗谷岬)と本州最北端(青森県・大間崎)では未経験なのに……、やっぱりぼくはけったいですね〜(笑)

日本でも必ずやりますから〜!

あの有名な表示ポールの近くには観光客が大勢いたんですが、気にせずに絶叫しました。

1、2〜の3。

イェーッ〜!!!!!

周りの人、びっくりしてはりました(笑)

でも、めちゃめちゃ気持ちよかった。

あ〜っ、目的を達成でき、大満足。

シャチも初めて至近距離で見ることができたし。

バスの件で気分を害していたことなどもうすっかり忘れていました。

めでたし、めでたし〜

-スコットランド一人旅(2024.5.26~6.6), , 日記

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

お幸せに! 元教え子の結婚式でした~(^_-)-☆

お幸せに! 元教え子の結婚式でした~(^_-)-☆

昨日は、2013年に関西大学を卒業した元教え子、森紗弥さん(JP6期生)のウェディングでした。 旦那さんも学生時代、彼女と同じ演劇部「学窓座」の部員で、さすが声のよく通る好青年です。 ぼくは僭越ながら …

京都の南座で顔見世の歌舞伎を観て想ったこと

京都の南座で顔見世の歌舞伎を観て想ったこと

京の師走の恒例行事、南座の顔見世を観てきました。 市川海老蔵があの事件で出演できなくなり、片岡仁左衛門が代役を努めた『阿国歌舞伎夢華』は、坂東玉三郎とのゴールデンカップルが復活し、誠に艶やかな舞台とな …

ママチャリ琵琶湖1周ツアー(中)

ママチャリ琵琶湖1周ツアー(中)

ママチャリ琵琶湖1周ツアーの2日目(5月19日、日曜日)です。   長浜駅前のビジネスホテルで午前6時半に起床。   カーテンを開けると、うす曇り。   天気予報ではきょ …

あの日から1年が経ちました……

あの日から1年が経ちました……

12月7日ーー。 44年間連れ添ってきたパートナーの嫁さんが、脳出血で黄泉の国へ旅立ってちょうど1年を迎えました。 あっという間でした。 以来、ぼくの人生が一変しました。 独り暮らしを余儀なくされ、掃 …

四国の観音寺に行ってきました

四国の観音寺に行ってきました

ゴールデン・ウィークの2日目。 半ば衝動的に四国は香川・観音寺市へ日帰り旅行をしてきました。 映画化もされた『青春デンデケデケデケ』の舞台をこの目で見たかったからです。 読売新聞で随時、連載している『 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。