武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

大阪

阪神ビリケン! 統合の時代~

投稿日:2009年3月23日 更新日:

阪神ビリケン
「なんや、これは!?」
ビリケンさんと言えば、ご存知、大阪・新世界の通天閣に祀ってあるアメリカ生まれの神サンです。昨今はしかし、通天閣のモノだけではなく、大阪の街中でよくビリケンさんを眼にするようになりました。
とんがり頭につり上がった両眼。そんなユニークな風貌がひと目につきやすいとあって、看板代わりに置いている店も少なくありません。
なのに、阪神タイガースのユニホームを着たビリケンさんを見たときは、さすがに驚いた! 戎橋商店街から少し御堂筋側(西側)に入ったところにドカーンと居坐ってはります。
阪神とビリケン。どちらも大阪の匂いを発散させているところがなんとなく似通っているけれど、モロに合体させるとは恐れ入りました。でも、ユニホーム姿があんまり似合っていなかったな~。ちょっとあざとい気もした。
その阪神グループがまったくキャラの異なる阪急グループと統合したことに象徴されるごとく、想定外の組み合わせが世のなかで進行しています。単独では生き延びるのがしんどい時代になってきたのでしょう。
しかし企業論理だけでなく、モノの考え方や見方もそうなってきているような気がしてなりません。相反するモノ同士、ライバル関係にあるモノ同士の結合が、これからの時代のキーワードになるかもしれませんね。
その意味で、阪神ビリケンはひじょうにわかりやすい統合です。わかりやすさにあやかって、優勝してくれたらええのに~と楽観的に考えてしまいます。
プロ野球が開幕すれば、なんらかの形で阪神ビリケンが甲子園に登場するような予感がしているのですが……。

-大阪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Otomo!の「大阪ストーリー」~『川面にそよぐ渡船巡り~飾り気のない大阪に触れる』

Otomo!の「大阪ストーリー」~『川面にそよぐ渡船巡り~飾り気のない大阪に触れる』

Osaka Metro(旧大阪市営地下鉄)のアプリ「Otomo!」で連載中のエッセー第4弾です。 テーマは「渡船」。 まだ暑かった8月末に書きました。 秋が深まりつつある今と季節感が異なりますが、ご了 …

新年1月にこんな講演会が京都で! 『反論!…日本「映画」事始め~』

新年1月にこんな講演会が京都で! 『反論!…日本「映画」事始め~』

拙著『大阪「映画」事始め』(彩流社)に絡み、さる12月4日、京都のおもちゃ映画ミュージアムで、『映画の渡来、120年目の真相~日本の映画発祥地は京都ではなく、大阪だった~!?』という演題でお話しさせて …

ジェットスタージャパン機内誌に大学の教え子の原稿がドカーンと載っています~(^_-)-☆

ジェットスタージャパン機内誌に大学の教え子の原稿がドカーンと載っています~(^_-)-☆

「ジェットスタージャパン機内誌の6~7月号に、関西大学の教え子たち(JP9期生=4年生)が取材、執筆した「オールスター大阪ウォーク」の熱い原稿が掲載されています~(^_-)-☆ 大阪に来た外国人観光客 …

Osaka Metro アプリ「Otomo!」のエッセイ(大阪ストーリー)~大阪の夏祭り~心弾ける「いくたまさん」

Osaka Metro アプリ「Otomo!」のエッセイ(大阪ストーリー)~大阪の夏祭り~心弾ける「いくたまさん」

7月は夏祭りのシーズンです。ウキウキします。このエッセイがアップされる25日は日本三大祭のひとつ天神祭本宮の日。大阪天満宮(大阪市北区)のお祭りですね。大川に100隻もの船が行き交う船渡御と夜空を華麗 …

銀幕を彩った大阪の女優たち

銀幕を彩った大阪の女優たち

昨日、大御所の山田五十鈴さんが亡くなりはりました。  この人、大阪はミナミの千年町(宗右衛門町のすぐ北側)で生まれた浪花っ子です。   溝口健二監督のトーキー第1作『浪華悲歌(えれじい)』( …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。