武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

オスカーを受賞したイラン映画~『別離』

投稿日:2012年4月14日 更新日:

きょうから、見ごたえのある映画が公開されます。
『別離』というイラン映画。
グイグイ引き込まれていきますよ。
     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆
別離(1)
     ©2009 Asghar Farhadi
いきなりイングリッド・バーグマンにそっくりな女性の顔の大写し。
意表をつく出だしから、予測できない濃厚な人間ドラマを生み出した。
本年度アカデミー外国語映画賞を受賞したイラン映画。
冒頭の女性シミンとその夫ナデルは裕福な中産階級。
1人娘テルメーの教育のために妻は国外移住を望むが、認知症の父を抱える夫はそれに反対し、今まさに離婚の危機にある。
2人は西洋的な価値観を持つインテリだ。
特に進歩的な女性の象徴ともいえるシミンの生き方を見て、イラン人に対するイメージが大きく覆された。
別離(3)
      ©2009 Asghar Farhadi
彼らと対照的なのが、ヘルパーとしてナデルに雇われた女性ラジエーと夫ホッジャト。
別離(2)
       ©2009 Asghar Farhadi
貧しさにあえぎ、イスラムの教えに忠実に生きようとしている。
2組の夫婦から、女性差別、貧富の差、信仰、教育、介護など現代イランの社会問題が次々にあぶり出される。
どれも新鮮に映った。
これだけでも十分、興味深い内容なのに、そこに ナデルとラジエーの間で起きた〈事件〉を絡ませ、人間の本質的なテーマに迫る。
そのもめ事が裁判沙汰となり、両夫婦の対立を際立たせる。
わが身と家族のことを思って、各人が秘密を持ち、嘘をつく。
だからなかなか真相に辿り着けない。
それがどんどん自分を苦しめる。
描かれる対象は狭いが、描く世界は驚くほど広くて深い。
人間の心模様を容赦なくえぐり出すアスガー・ファルハディ監督の執拗な演出。
音楽が一切ないのに、最後まで力強く引っ張る。
謎解きのような展開になるが、決して答えを明かさない。
観る側に全てを委ねる。
そこが本作の要だ。
動揺する大人たちの中にあって、冷静に事態を見据えるテルメーの姿が痛々しい。
ラストでは一転、清々しい表情を見せる。
グサッときて、救われた。
2時間3分
★★★★
●公開日程
4月14日(土)から大阪・梅田ガーデンシネマ、
4月28日(土)から京都・京都シネマ
5月5日(土)から兵庫・元町映画館 にて公開
(日本経済新聞2012年4月13日夕刊『シネマ万華鏡』。ブログへの掲載を許諾済み。無断転載禁止)

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『キャピタリズム マネーは踊る』~マイケル・ムーアの怒り

『キャピタリズム マネーは踊る』~マイケル・ムーアの怒り

アメリカは、言わずと知れた資本主義国家です。その根幹を見据えるドキュメンタリー映画『キャピタリズム マネーは踊る』がいま公開されています。 いろんな意味でかなり面白いです。以下、ぼくの映画エッセーを載 …

懐徳堂秋季講座~『大阪映画事始め』11月24日~26日

懐徳堂秋季講座~『大阪映画事始め』11月24日~26日

江戸時代、大坂の庶民の学問所だった懐徳堂は、ぼくの母校、大阪大学文学部のルーツといわれています。 その懐徳堂記念会が春と秋に特別講座を開いています。 今秋のテーマは『大阪の映画、映画のなかの映画』。 …

記者魂をあぶり出した『スポットライト 世紀のスクープ』(15日公開)

記者魂をあぶり出した『スポットライト 世紀のスクープ』(15日公開)

今年のアカデミー賞で作品賞と脚本賞に輝いたアメリカ映画『スポットライト 世紀のスクープ』。   本当に見ごたえのある映画でした。   ぼくの記者体験をまじえ、この作品についてあれこ …

明日、ABC朝日放送のラジオ番組に出ます~♪

明日、ABC朝日放送のラジオ番組に出ます~♪

明日、ABC朝日放送のラジオ番組『おはようパーソナリティ道上洋三です』にゲスト出演します。   映画談議です。   前回、ABCの『茂山童司のおとぎの暇』 で、茂山さんがあきれ返る …

愛の賛歌~♪♪ 『アンコール!!』

愛の賛歌~♪♪ 『アンコール!!』

感動的な音楽映画が公開されています。   『アンコール!!』   もう一度、観たいです。        ☆     ☆     ☆     ☆     ☆ 著名なミュージ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。