武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

シチリア+マルタひとり旅(2023年4月9日~21日)

(6日目)シチリア+マルタひとり旅

投稿日:

早いもので旅は6日目(4月14日)です。

シラクーサからイタリア国鉄のインタシティー(急行)に乗って1時間5分、カターニアへ向かいました。

ローマ行きのインターシティ

車内は快適そのもの。

ヨーロッパの車両はちゃんと自転車対応になっていますね。

エトナ山の裾野に開けたカターニアは周辺地域を含めると、人口約31万人のシチリアで二番目の都市です。

さっそく、3日前にパレルモで予約を入れた駅前のゲストハウスへ向かいました。

先日、宿のハプニング(トラブル!)があったので、昨日、確認の電話を入れたら、「正午にお待ちしています」と男性が英語で丁寧に応対してくれました。

これで安心して泊まれる~と、ゲストハウスが入っている建物へ向かい、正午ジャストに呼び鈴を押したんですが、いっこうに反応なし。

えっ!?

電話をかけても出ない。

ちょっとイヤな予感……。

またもおんなじ状況に遭うんかいな、ウソやろ。

えらいこっちゃ~になるんやろか。

思いきって、ここは諦め、別のホテルを探そうとしたら、年配の男性が来はりました。

どうやら住人らしい。

翻訳アプリを使うゆとりがなく、英語で事情を説明すると、建物内に入れてくれ、たどたどしい英語で、「おかしいね。所有者のスマホに電話してあげるわ」。

お知り合いみたい、ありがたい

すぐにつながり、ぼくと代わってくれはりました。

訊くと、子どもさんが発熱し、病院へ連れて行っていたとのことでした。

「ミスター・タケベに何度も電話をかけたんですが、全く通じず、誰も出えへんかった」

あっ、そうか~

うっかりしていて、自宅の電話番号で予約してましたわ。

アホちゃうか(笑)

その旨を伝えると、ケラケラ笑うてはった。

「とにかく、連絡がついてよかったです。息子は大丈夫。20分ほどでそっちへ向かいます」

実に丁寧な人やな~。

ちょうど20分後、姿を見せたその人はイタリア人ではなく、何とスリランカ人でした~!

10年前に移住したとか。

「2部屋ありますが、キャンセルが出たので、1人で自由に使ってください」

そこは広い3人部屋で、キレイな台所もありました。

夜、ベランダからの光景。ホンマに駅前です

ゲストハウスの受付

3人部屋を独り占め

キレイなキッチン

ゲストハウスというより、民泊ですがな。

泊まり賃は、2泊で100ユーロ(約1万4000円)。

駅前というロケーションとこの設備なら、めちゃめちゃ安い!

沈んでいた気持ちがいっぺんに吹き飛びました。

嫁さんが「あちら」から、ええ塩梅で操ってくれていたような気がしてなりません。

おおきに!!

   ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

このあとカターニアの街を散策。

作曲家ヴィンチェントォ・ベッリーニ(1801~35)はこの街生まれなんですね。

立派な像がありました。

カターニア大学教育学部の本部は、かつてマリア・テレジア、ロシア皇帝、イギリス国王らが宿泊した迎賓館だったとはびっくり。

古代ローマの劇場。この手の古代遺跡、見飽きましたわ(笑)

街中からでも、ちょこっとエトナ山が望めます。

わっ、エトナ山の溶岩が土産物店で売られてますわ!

3~3.5ユーロはちょっと高い!?

大きな書店に入ると、「MANGA」のコーナーに、日本のコミックがわんさと置いてありました。

今や、漫画世界的な文化なんですね。

昼下がり、急に雲が張り出してきて、北西30キロに位置するエトナ山の山上にも雲がかかっていましたが、高台になっているベッリーニ公園から、はっきりその雄姿を拝むことができ、妙に感動してしまった。

その直後、散歩中のチャーミングな女子大生に写真を撮ってもらい、「ツーショット、どないですか」と言うと、やんわり断られました。

何でやろ?(笑)

   ☆     ☆     ☆     ☆     ☆

夕方、カターニアの市立博物館(元々は中世に建てられたウルシーノ城)で珍しいものを見せてもらいました。

博物館として活用されているウルシーノ城

ガラス扉で仕切られた3階の奥の部屋で、白衣姿の集団が台を囲んで何やら作業していたんです。
人体解剖~、まさか!?

白衣姿で何をやっているのか!?

ぼくがあまりに興味深く見ていたので、年配男性が「中に入ってきなはれ」。

つかつかと近寄ると、何と絵画の修復作業でした。

かなり劣化した宗教画。

彼らは、カターニア教育大学の学生さんで、年配男性はプロフェッサーでした。

実習みたい。

修復作業は撮影禁止でしたが、ピンセットや脱脂綿、独特な染料を駆使した驚くほど微細な手仕事で、ホンマにびっくりしました。

「修復が終わるまで、最低5年はかかりますなぁ」

何と気の長い話や。

「フェイスブックにアップしても構いませんか? わざわざ日本から来ましてん」

教授に言うと、「部外者は立ち入り禁止ですが、知らんぷりします」(この部分、翻訳アプリ)。

で、オープンにしました~ (笑)

夕食は軽く済ませ、シチリア風のチキンサンド。

量が多くて、全部食べられなかった!

-シチリア+マルタひとり旅(2023年4月9日~21日)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

(8日目)シチリア+マルタひとり旅

(8日目)シチリア+マルタひとり旅

目覚めると、初めて本格的な雨が降っていました。 旅に来て、初めての雨! しかし、昼前にはカラッと上がりました。 今日の17時にカターニア港から出航するフェリーで、マルタ島(共和国)の首都ヴァレッタへ向 …

(9日目)シチリア+マルタひとり旅

(9日目)シチリア+マルタひとり旅

昨夜(16日)、無事、マルタの首都ヴァレッタに到着し、老舗ホテルチェックインできました。 大きなキー、そのカギをガチャガチャして開ける手動の扉、薄暗い廊下……、どれを取ってみても、ひと昔前のイギリスの …

(12日目=最終日)シチリア+マルタひとり旅

(12日目=最終日)シチリア+マルタひとり旅

旅の最終日(4月20日)の朝を迎えました。 気温が12度、肌寒いです。 午前中、チェックアウトするまでの間、お上りさん気分で定番の観光スポットを気ままに散策しました。 オマケの観光ですね。 フォロロマ …

(4日目)シチリア+マルタひとり旅

(4日目)シチリア+マルタひとり旅

午前8時、パレルモのバスターミナルからシチリア東海岸のシラクーサ行きのプルマン(長距離バス)に乗りました。 昼前、左手に雪をいただいたエトナ山(3.323m)を拝めました。 快晴の下の「シチリア富士」 …

(3日目)シチリア+マルタひとり旅

(3日目)シチリア+マルタひとり旅

昨夜、全く想定外のハプニングでやっとこさ見つけた、パレルモ旧市街のプチホテルで爆睡し、今朝は午前5時すぎに早起きしました。 なぜなら、大好きなイタリア映画『ニューシネマ・パラダイス』の舞台になったパラ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。