武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

大阪 映画

『大阪春秋』の最新号に拙稿が載っています!

投稿日:

季刊郷土誌『大阪春秋』の第180号が届きました!

今号の特集は『メディアと上方の芸能』。

ぼくは『映画と上方の芸能・演芸~切っても切れない間柄』と題し、映画黎明期から今日までの両者の〈密な絆〉について結構、濃厚に書かせてもらいました。

他の著者の原稿も非常に興味深いものばかりです。

ご関心のある方、ぜひお求めください~(^_-)-☆

-大阪, 映画,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『スコットランド「ケルト」紀行~カンブリアを歩く』、やっと脱稿~!!

『スコットランド「ケルト」紀行~カンブリアを歩く』、やっと脱稿~!!

Facebookとほぼ同じ内容ですが……。   やっとでけた~!!    『スコットランド「ケルト」紀行~カレドニアを歩く』の原稿が。   それも2年がかりで~、フーッ~。   分量は350枚、写真が …

新聞記者の意地と底力、『消されたヘッドライン』~

新聞記者の意地と底力、『消されたヘッドライン』~

日本経済新聞(大阪本社)の金曜夕刊「文化欄」に、だいたい2週間に1度のペースで映画の原稿を書いています。「シネマ万華鏡」というコーナーです。一応、映画評になっていますが、ぼく自身としては映画エッセーの …

サンティアゴ巡礼の道を歩く~映画『星の旅人たち』

サンティアゴ巡礼の道を歩く~映画『星の旅人たち』

サンティアゴ巡礼--。 なんとなくロマンをかき立てられますね。 この巡礼の道を舞台にした映画『星の旅人たち』がきょうから公開されています。      ☆    ☆    ☆    ☆    ☆     …

ジャジャジャーン、今年の映画ベストテンの発表です~(^_-)-☆

ジャジャジャーン、今年の映画ベストテンの発表です~(^_-)-☆

2018年 映画ベストテン 【日本映画】 1 『孤狼の血』監督:白石和彌 役所広司、松坂桃李、真木よう子 2 『日日是好日』監督:大森立嗣 樹木希林、黒木華、多部未華子 3 『ごっこ』監督:熊澤尚人  …

使命感と家族愛、その狭間で苦悶する女性報道カメラマン……『おやすみなさいを言いたくて』

使命感と家族愛、その狭間で苦悶する女性報道カメラマン……『おやすみなさいを言いたくて』

この映画を観て、いろいろ考えさせられました。   みなさんも考えてください。   ☆     ☆     ☆     ☆     ☆     ☆                   …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。