武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

大阪 映画

『大阪春秋』の最新号に拙稿が載っています!

投稿日:

季刊郷土誌『大阪春秋』の第180号が届きました!

今号の特集は『メディアと上方の芸能』。

ぼくは『映画と上方の芸能・演芸~切っても切れない間柄』と題し、映画黎明期から今日までの両者の〈密な絆〉について結構、濃厚に書かせてもらいました。

他の著者の原稿も非常に興味深いものばかりです。

ご関心のある方、ぜひお求めください~(^_-)-☆

-大阪, 映画,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仲代逹矢と向き合った映画~『海辺のリア』(3日から公開)

仲代逹矢と向き合った映画~『海辺のリア』(3日から公開)

仲代達矢、84歳。 日本を代表する名優をそのまま描いた映画。 題名のごとく、シェークスピアの悲劇『リア王』をモチーフに渾身の演技が披露される。 超高齢化社会の一断面を切り取った家族ドラマでもある。 ( …

大阪ヨーロッパ映画祭が始まります~!!

大阪ヨーロッパ映画祭が始まります~!!

大阪の秋の風物詩~♪ すっかり定着した大阪ヨーロッパ映画祭も今年で18回目を迎えます。 メーン企画の『最新映画初上映/特別上映』が18日~23日、大阪市北区堂島のエルセラーンホールで開かれます。 オー …

講演『織田作の映画』~30日(火)のオダサク倶楽部6月例会で

講演『織田作の映画』~30日(火)のオダサク倶楽部6月例会で

オダサクさん(織田作之助)は小説だけでなく、映画にもえらい執心してはりました。   その一端を、30日(火)のオダサク倶楽部6月例会でお話ししようと思うています。 演題は『織田作の映画』です …

4月18日、隆祥館書店で文化イベント~!!

4月18日、隆祥館書店で文化イベント~!!

世の中がだんだんややこしくなってきましたが……、だからこそ、こんなイベントが意味を持つのではないでしょうか。 『文化のインフラとしての本屋のあり方』 4月18日(土)15時~17時、大阪・谷町六丁目に …

言葉が躍ってる~!! 疋田龍之介の処女詩集『歯車VS丙午』

言葉が躍ってる~!! 疋田龍之介の処女詩集『歯車VS丙午』

音楽の詩は別として、普段、あんまり詩というものと接点がありません。   まぁ、その機会が少ないとでも言いましょうか。   そんなぼくが、ホーッとうなった詩集があります。   『歯車VS丙午』(思潮社、 …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。