武部好伸公式Blog/酒と映画と旅の日々

ケルト文化に魅せられ、世界中を旅するエッセイスト・作家、武部好伸。映画と音楽をこよなく愛する“酒好き”男の日記。

映画

戦時中の国策映画『阿片戦争』(1943年)を観て……。

投稿日:

今宵、非常に興味深い映画をDVDで観ました。

なぜDVDかというと、戦時中の1943年(昭和18年)に公開された日本映画だからです。

先日、古い映画マニアのK氏からもらったものです。

題名は『阿片戦争』(東宝、牧野正博監督)。

清朝時代の1840年、英国が中国に密輸していたインド産の阿片を官僚の林則徐が全面禁止したことから紛争(アヘン戦争)が起き、英国が勝利して香港を分捕った史実を描いたスペクタクル大作です。

この映画は当時、香港を占領していた大日本帝国による国策映画として製作されました。

中国人と英国人を日本人俳優が扮し、すべて日本語で喋っています(笑)。

日本人俳優が演じる英国人の外交官と将校

23歳の原節子と19歳の高峰秀子演じる中国人姉妹が翻弄されるところがミソ。

中国人娘に扮する原節子(左)と高峰秀子が初々しい

大英帝国=悪の加害者、清国(中国)=善の被害者。

非常に分かりやすい構図です。

林則徐役の二代目市川猿之助はまばゆいばかりのヒーロー!!

確かにあのころ帝国主義の先兵だった大英帝国は好き放題にやっていましたね。。

英国と戦っていた日本人からすれば、この映画は「英国憎し」の感情を植え付けるには格好の作品だったと思います。

国策映画ってこういうことなんですね。

結局、日本は大英帝国の後を追うような形で他国を土足で踏みにじっていった……。

こういう映画が製作されない時代であってほしいと改めて思いました。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

最恐のエンターテインメント~『来る』(公開中)

最恐のエンターテインメント~『来る』(公開中)

映画ファンのための感動サイト「シネルフレ」で『武部好伸のシネマエッセイ』というコーナーを持たせてもらっています。 12月分は現在、公開中の日本映画『来る』です。 夜半、ウイスキーをちびちびやりながら、 …

高度成長期を駆け抜けた若大将~!!

高度成長期を駆け抜けた若大将~!!

加山雄三……。 74歳にして、現役でバリバリ働いてはりますね。 若い人には想像もできないと思いますが、半世紀前、この人、ほんまにカッコよかったです。 人気もすごかった! それを象徴したのが映画『若大将 …

今年最初の映画紹介~アキ・アウリスマキ監督の新作『希望のかなた』

今年最初の映画紹介~アキ・アウリスマキ監督の新作『希望のかなた』

庶民の哀歓を情感込めて描いてきたアキ・カウリスマキ監督。 このフィンランドの名匠が難民問題で揺れ動く欧州の現状にメスを入れた。 といっても社会派映画ではない。 希望の光を当てる珠玉の人間ドラマだ。 © …

サリンジャーに会いたい! 瑞々しい青春譚~『ライ麦畑で出会ったら』(27日公開)

サリンジャーに会いたい! 瑞々しい青春譚~『ライ麦畑で出会ったら』(27日公開)

20世紀アメリカ文学を代表する青春小説の金字塔『ライ麦畑でつかまえて』(1951年刊行)。 この作品に影響を受けた人は少なくないだろう。 本作で長編デビューを飾ったジェームズ・サドウィズ監督もその1人 …

どこまでもイギリス映画……『ガーンジー島の読書会の秘密』(30日から公開)

どこまでもイギリス映画……『ガーンジー島の読書会の秘密』(30日から公開)

イギリス(連合王国=UK)には王室保護領が2か所、あります。 アイリッシュ海に浮かぶマン島とフランス・ノルマンディーのコタンタン半島沖合に散らばっているチャンネル諸島です。 イギリスの領土なのに、それ …

プロフィール

プロフィール
武部好伸(タケベ・ヨシノブ)
1954年、大阪生まれ。大阪大学文学部美学科卒。元読売新聞大阪本社記者。映画、ケルト文化、洋酒をテーマに執筆活動に励む。日本ペンクラブ会員。関西大学非常勤講師。